東京モーターショー 2019 | 気付きのお部屋

気付きのお部屋

日々の気付いたことを書き留めていきます

明日から11月4日までの日程で2019年の東京モーターショーが開催されます。

世界的に見て最近の日本マーケットは魅力がないらしく海外のメーカーの出展が少なくなってるそうです。

今の主戦場は中国と言うことでしょうか?

ただ日本のメーカーが世界の自動車市場を引っ張ってるところもあるのでもしかしたら今回の東京モーターショーは面白いんじゃないかって思ってます。

ディーゼル問題から欧州の自動車メーカーはエンジンからモーターへいわゆるオール電動化へと舵を着る宣言をしました。

その宣言に追随して中国ではハイブリットはエコカーとして認めず電動車両のみエコと認定するという動きを当初は見せましたが結局現実的ではないことが判りハイブリッドもエコカーとして認めることになったようです。

欧州メーカーも未だに電動車両を量産して世界に販売できていません。

それに比べて日本のメーカーはエンジンの進化をさせていて車を運転することを考えるとワクワクする車作りは日本車の方が進んでますね。

自動車の世界も自動運転や単なる移動の手段になる方向へなぜか進んでいます。

でもそんな世の中になると一番困るのは自動車メーカーじゃないんでしょうかね?

自動車やバイクが好きな私としてはそんな社会はあまり好きではないですね。

あくまで運転をサポートする技術をもっと磨いて欲しいです。

ということで今回のモータショーは期待してますね。