現代の生活では特に、

寝不足が続いたり、寝ていてもあまり深く眠れていない、など

睡眠にトラブルを抱える方が多いのではないでしょうか。

 

睡眠の質が下がると

ホルモン分泌が低下し、肌荒れや顔色が悪くなる、

集中力低下やイライラ、疲れなど

非常に様々な心身への悪影響がみられます。

 

 

◇水素は睡眠の質を上げる

 

水素には

「睡眠の質を上げる」という研究結果(※1)

大阪市立大学大学院医学研究科及び

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター等の共同研究によって出ています。

 

この研究で

・ピッツバーグ睡眠質問票に夜睡眠の質が、高濃度水素水摂取後に優位に改善

・心電図と脈波の同時計測装置(疲労度計)を用いて自律神経機能を評価し、

 交感神経活動の指標値(LF)が高濃度水素水摂取群においてのみ摂取前後で有意に低下した

という結果が出ています。

 

 

 

◇水素は副交感神経を優位に働かせる

 ~脳神経保護物質グレリンの分泌促進

 

また、

2013年の九州大学と千葉大学の共同研究(※2)では

水素を摂取する事で胃から「グレリン」というホルモンの分泌が

促されるようになることが分かっています。

 

この「グレリン」は交感神経を抑制し、

副交感神経を優位に働かせてくれるホルモン。

 

つまり、ゆったりと

リラックスした状態に導いてくれますので、

眠りにつきやすく、良い眠りに導かれやすくなると言えます。

 

「グレリン」はリラックス効果だけでなく

脳神経を保護してくれる働きもあります。

 

これまで、

水素がパーキンソン病や認知症などの症状を改善したり

神経細胞の保護作用があることが分かっていましたが、

 

その効果の大きさが

水素の抗酸化効果だけでは説明しきれない面があったところ、

 

2013年に九州大学と千葉大学の共同研究で

水素によって

脳神経保護作用がある「グレリン」が分泌されることが発見され、

 

抗酸化作用のみならず

「グレリン」による脳神経保護によっても

水素は脳を護るということがわかりました。

 

 

 

◇グレリンはアンチエイジングの主役

 

また、グレリンは

成長ホルモン分泌促進作用も持っていて

代謝や細胞・組織成長に重要なホルモンであるため

「アンチエイジングの主役」としても

美容・医療業界から注目されています。

 

 

◇水素の更なる可能性

 

ご存知のとおり

「ホルモン」は身体の色々なところで合成、分泌されて

非常に微量でも効果を発揮する物質ですが、

水素が一つのホルモン(グレリン)分泌を促進する事で

更に多様な働きを促すことが分かってきました。

 

更なる水素の可能性が楽しみです。

 

 

・・・

 

※1大阪市立大学「“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証」

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05

 

 

※2 九州大学大学院薬学研究院 大学院薬学府 薬学部「水素水は胃のベータ1受容体活性化を介してグレリン産生を促進しパーキンソン病モデルマウスのドパミン神経の脱落を軽減することを発見」

http://www.phar.kyushu-u.ac.jp/bbs/view2.php?S_Publ_Year=2013&word=&page=1&B_Code=184

 

<参考文献>

・ここまでわかった 水素水最新Q&A ~続・水素水とサビない身体 小学館2017年/太田成男

 

・「Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson’s disease in rats」(水素水の飲用と断続した水素ガスの吸入はラットのパーキンソン病を抑制するが、lactuloseや継続した水素ガスの吸入では効果がない)

https://medicalgasresearch.biomedcentral.com/articles/10.1186/2045-9912-2-15

 

・辻クリニック「経口水素水の新しい作用機序」

https://tsuji-c.jp/%E7%B5%8C%E5%8F%A3%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E4%BD%9C%E7%94%A8%E6%A9%9F%E5%BA%8F.html

 

・「水素医学の創始,展開,今後の可能性:広範な疾患に対する分子状水素の予防ならびに治療の臨床応用へ向かって」2015年日本医科大学大学院医学研究科細胞生物学分野 太田成男

https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870082/data/index.html

 

・太田成男のちょっとひとこと

「腸内細菌が発生する水素よりも水素水を飲む方が効果的」

http://shigeo-ohta.com/topics120/