「疲労」は、とても身近にある言葉で、
だれしもが経験したことがあるのではないでしょうか。

その一方で、
「疲労とは何か」「どうして疲れるのか」などについては
はっきりとわかっていない点が多く
まだまだ研究が必要とされています。

しかし、その中でも
水素の抗疲労効果に大きな期待が集まっています。


■疲労の原因
 

以前は、「疲労」は「乳酸」が原因と言われてきましたが
現在はそうではないという説が主流になっています。

現在は、
疲労を起こすのは
活性酸素による酸化ストレスで
細胞が破壊されるから
と考えられています。

大阪市立大学大学院 医療研究科 疲労医学講座のHPには

下記のように掲載されています。

===
(前略)


通常、活性酸素は生体が本来持っている
活性酸素消去システムによって速やかに処理されるが、
オーバーワーク状態などで
活性酸素が大量に発生する状況下では、
十分に処理しきれないことがある。

こうした過剰な活性酸素によって、
細胞機能低下や組織損傷が生じる結果、
疲労感や身体的パフォーマンス低下などの
疲労の症状が発生すると考えられている。


===
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」 から引用
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/




■疲労の影響

疲労によって、

日常生活や心身の機能には

具体的にどんな影響が出るでしょうか。

身体がだるい、眠い、頭が重い
などの辛い感覚はもちろんのこと
非常に様々な影響が考えられます。

<疲労による影響(例)>

・集中力 ・認知力 ・記憶力
・判断力 ・感情、気力の安定
・自立神経機能

・反射  ・視野  ・聴力
・皮膚感覚  ・平衡感覚
・運動機能

これらさまざまな機能が
疲労によって低下しうるといえます。

機能が低下しても回復する範囲であれば

「疲労」で終わりますが、

 

元に戻れないような状態になってくると

「老化」や「病気」に繋がっていきます。

その観点から、

疲労は老化・病気の入り口ともいえ

早い段階から十分にケアすることが大切です。


■疲労をケアする「抗疲労物質」

前述の大阪市立大学のHPでは
抗疲労物質の候補として
「抗酸化物質」が注目されているとあります。

===

疲労の発生に活性酸素が関わっていることが明らかにされるなか、
抗疲労物質の候補として注目されているのが抗酸化物質である。

抗酸化物質は、
自身の持つ強い還元力により、活性酸素を消去する。

したがって、生体内の抗酸化物質の濃度を高く維持し、
過剰に発生する活性酸素を消去すれば、
疲労の発生を抑制できると考えられる。

===

大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」より引用
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/



ご存じのとおり、水素は
理想的な抗酸化物質ですので
「抗疲労効果」も大いに期待できる
と考えられます。


■水素の抗疲労効果

2015年には
大阪市立大学大学院医学研究科らの研究で
水素が抗疲労効果を有することが立証されています。

『“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証』
(大阪市立大学と健康科学イノベーションセンターらの共同研究)
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05

file:///C:/Users/utf/Downloads/press_150522.pdf


水素を取ると

睡眠の質が改善し、
交感神経の活動が有意に低下し、
疲労による意欲低下が防がれたという発表です。

疲労回復のためには
良質な睡眠が重要(※)であることも
分かって来ていますので

非常に様々な側面から
水素の活躍が期待できそうですね。


S.Asahina(水素セラピーマイトリー)



※)参考情報:
疲労回復には良質な睡眠が重要 ~疲労因子FFと疲労回復因子FR

発生した活性酸素による酸化ストレスで
破壊した細胞から出る「老廃物」をサインにして
疲労因子FF(ファティーグ・ファクター)
というものが発生することが分かっています。

この疲労因子FFが発生すると
身体の中では、同時に
疲労回復因子FR(ファティーグ・リカバー・ファクター)
というものも発生します。

「疲労回復因子」は
疲労因子の働きを抑えるとともに
活性酸素に参加された細胞を修復する作用持っています。

そのため、疲労因子が過剰にならなけれぼ
人は自力で疲労をしっかりと回復させることができます。

疲労回復因子は
心身がリラックスしている時、
特に良質の睡眠時に多く分泌されます。

つまり、疲労の回復のためには
良質の睡眠が非常に大切です。

しかし、脳が疲労して
自律神経に負担がかかっていたりすると
良い睡眠がとれず
疲労回復因子の分泌が少なくなり、
疲労の回復が追い付かず、
疲労がたまるという悪循環がおこりやすくなります。

疲労回復因子は
加齢によっても分泌が少なくなりますので
年をとればとるほど、
より一層、良質な睡眠が大切と言えます。



<参考>
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/

「疲れの原因は脳の疲労 ミトコンドリアが「さびる」(日経ヘルス)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO13516680R00C17A3000000?channel=DF140920160919

『“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証』
(大阪市立大学と健康科学イノベーションセンターらの共同研究)
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05
file:///C:/Users/utf/Downloads/press_150522.pdf

「ヘルシスト(平成27年9月10日発行)掲載
解明されてきた 現代における「疲れ」の原因
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授 東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身

https://www.yakult.co.jp/healthist/233/img/pdf/p02_07.pdf#search='%E7%96%B2%E5%8A%B4+%E6%B4%BB%E6%80%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0+%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%AB%8B'

東京慈恵会医科大学 ウイルス学講座
マンガで分かる「最新!疲労・ストレス講座」
http://jikeivirus.jp/hiroukouza/