■体の「こげ」・糖化

 

「糖化」という言葉をご存知でしょうか。

 

若々しく健康に生きるためのカギとなるのが

活性酸素を抑える抗酸化力ですが

最近、酸化の他に、

老化の新たな仕組みが分かってきました。

 

それが「糖化」です。

 

「酸化」が「身体のサビ」と呼ばれるのに対し

「糖化」は「身体のこげ」と呼ばれます。

 

糖化とはたんぱく質と糖質が結びつき

たんぱく質が劣化する反応のことです。

 

 

■老化の元凶「AGE(終末糖化産物)」

 

この糖化されたタンパク質からは

悪玉物質が大量につくられます。

 

それが、「AGE(終末糖化産物)」という物質で、

最近のアンチエイジング業界でもちきりの物質

活性酸素をはるかにしのぐ老化の元凶です。

 

「ごみタンパク」とも呼ばれ

体のあちこちに蓄積して老化を引き起こし、

「身体のミイラ化」がすすんでいきます。

 

例えば、コラーゲンにAGEが蓄積すると

肌のたるみや黄くすみが進行し、骨粗しょう症などの原因になります。

美容どころか、認知症や糖尿病にもつながる悪玉物質です。

 

 

■水素は「糖化」にも有効

 

この「AGE」ですが

水素医学を研究している「分子状水素医学シンポジウム」において

水素水にAGEの生産を抑制する効果があることが報告されました。

 

メタボリックシンドロームモデルラットに水素水を投与すると

病態の進行に伴う腎機能の低下が抑制されることが分かりました。

 

水素は「酸化(身体のサビ)」だけでなく、

「糖化(身体のこげ)」にも有効であることが実験の結果として出てきたという事です。
 

水素の頼もしい発見はこれからも続くことでしょう。

 

S.Asahina(水素セラピーマイトリー

 

※参考:

・若返りの科学 医学が実証した本当のアンチエイジング (藤田紘一郎)

・日本分子状水素医学生物学会 http://www.medi-h2.com/index.html

・第2回分子状水素医学シンポジウム抄録(平成24年2月11日開催)

 

 

 

 

 

===超高濃度水素吸入セラピーが受けられる===

JR新大阪駅 徒歩3分

水素セラピー マイトリ―(MAITRII)

大阪市淀川区西中島5-6-16 新大阪大日ビル4F

06-6886-1184 / info@maitrii-h2.com

https://osaka-h2.jp

AM10:00~PM10:00