現代の生活では特に、

寝不足が続いたり、寝ていてもあまり深く眠れていない、など

睡眠にトラブルを抱える方が多いのではないでしょうか。

 

睡眠の質が下がると

ホルモン分泌が低下し、肌荒れや顔色が悪くなる、

集中力低下やイライラ、疲れなど

非常に様々な心身への悪影響がみられます。

 

 

◇水素は睡眠の質を上げる

 

水素には

「睡眠の質を上げる」という研究結果(※1)

大阪市立大学大学院医学研究科及び

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター等の共同研究によって出ています。

 

この研究で

・ピッツバーグ睡眠質問票に夜睡眠の質が、高濃度水素水摂取後に優位に改善

・心電図と脈波の同時計測装置(疲労度計)を用いて自律神経機能を評価し、

 交感神経活動の指標値(LF)が高濃度水素水摂取群においてのみ摂取前後で有意に低下した

という結果が出ています。

 

 

 

◇水素は副交感神経を優位に働かせる

 ~脳神経保護物質グレリンの分泌促進

 

また、

2013年の九州大学と千葉大学の共同研究(※2)では

水素を摂取する事で胃から「グレリン」というホルモンの分泌が

促されるようになることが分かっています。

 

この「グレリン」は交感神経を抑制し、

副交感神経を優位に働かせてくれるホルモン。

 

つまり、ゆったりと

リラックスした状態に導いてくれますので、

眠りにつきやすく、良い眠りに導かれやすくなると言えます。

 

「グレリン」はリラックス効果だけでなく

脳神経を保護してくれる働きもあります。

 

これまで、

水素がパーキンソン病や認知症などの症状を改善したり

神経細胞の保護作用があることが分かっていましたが、

 

その効果の大きさが

水素の抗酸化効果だけでは説明しきれない面があったところ、

 

2013年に九州大学と千葉大学の共同研究で

水素によって

脳神経保護作用がある「グレリン」が分泌されることが発見され、

 

抗酸化作用のみならず

「グレリン」による脳神経保護によっても

水素は脳を護るということがわかりました。

 

 

 

◇グレリンはアンチエイジングの主役

 

また、グレリンは

成長ホルモン分泌促進作用も持っていて

代謝や細胞・組織成長に重要なホルモンであるため

「アンチエイジングの主役」としても

美容・医療業界から注目されています。

 

 

◇水素の更なる可能性

 

ご存知のとおり

「ホルモン」は身体の色々なところで合成、分泌されて

非常に微量でも効果を発揮する物質ですが、

水素が一つのホルモン(グレリン)分泌を促進する事で

更に多様な働きを促すことが分かってきました。

 

更なる水素の可能性が楽しみです。

 

 

・・・

 

※1大阪市立大学「“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証」

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05

 

 

※2 九州大学大学院薬学研究院 大学院薬学府 薬学部「水素水は胃のベータ1受容体活性化を介してグレリン産生を促進しパーキンソン病モデルマウスのドパミン神経の脱落を軽減することを発見」

http://www.phar.kyushu-u.ac.jp/bbs/view2.php?S_Publ_Year=2013&word=&page=1&B_Code=184

 

<参考文献>

・ここまでわかった 水素水最新Q&A ~続・水素水とサビない身体 小学館2017年/太田成男

 

・「Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson’s disease in rats」(水素水の飲用と断続した水素ガスの吸入はラットのパーキンソン病を抑制するが、lactuloseや継続した水素ガスの吸入では効果がない)

https://medicalgasresearch.biomedcentral.com/articles/10.1186/2045-9912-2-15

 

・辻クリニック「経口水素水の新しい作用機序」

https://tsuji-c.jp/%E7%B5%8C%E5%8F%A3%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E4%BD%9C%E7%94%A8%E6%A9%9F%E5%BA%8F.html

 

・「水素医学の創始,展開,今後の可能性:広範な疾患に対する分子状水素の予防ならびに治療の臨床応用へ向かって」2015年日本医科大学大学院医学研究科細胞生物学分野 太田成男

https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870082/data/index.html

 

・太田成男のちょっとひとこと

「腸内細菌が発生する水素よりも水素水を飲む方が効果的」

http://shigeo-ohta.com/topics120/

 

「疲労」は、とても身近にある言葉で、
だれしもが経験したことがあるのではないでしょうか。

その一方で、
「疲労とは何か」「どうして疲れるのか」などについては
はっきりとわかっていない点が多く
まだまだ研究が必要とされています。

しかし、その中でも
水素の抗疲労効果に大きな期待が集まっています。


■疲労の原因
 

以前は、「疲労」は「乳酸」が原因と言われてきましたが
現在はそうではないという説が主流になっています。

現在は、
疲労を起こすのは
活性酸素による酸化ストレスで
細胞が破壊されるから
と考えられています。

大阪市立大学大学院 医療研究科 疲労医学講座のHPには

下記のように掲載されています。

===
(前略)


通常、活性酸素は生体が本来持っている
活性酸素消去システムによって速やかに処理されるが、
オーバーワーク状態などで
活性酸素が大量に発生する状況下では、
十分に処理しきれないことがある。

こうした過剰な活性酸素によって、
細胞機能低下や組織損傷が生じる結果、
疲労感や身体的パフォーマンス低下などの
疲労の症状が発生すると考えられている。


===
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」 から引用
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/




■疲労の影響

疲労によって、

日常生活や心身の機能には

具体的にどんな影響が出るでしょうか。

身体がだるい、眠い、頭が重い
などの辛い感覚はもちろんのこと
非常に様々な影響が考えられます。

<疲労による影響(例)>

・集中力 ・認知力 ・記憶力
・判断力 ・感情、気力の安定
・自立神経機能

・反射  ・視野  ・聴力
・皮膚感覚  ・平衡感覚
・運動機能

これらさまざまな機能が
疲労によって低下しうるといえます。

機能が低下しても回復する範囲であれば

「疲労」で終わりますが、

 

元に戻れないような状態になってくると

「老化」や「病気」に繋がっていきます。

その観点から、

疲労は老化・病気の入り口ともいえ

早い段階から十分にケアすることが大切です。


■疲労をケアする「抗疲労物質」

前述の大阪市立大学のHPでは
抗疲労物質の候補として
「抗酸化物質」が注目されているとあります。

===

疲労の発生に活性酸素が関わっていることが明らかにされるなか、
抗疲労物質の候補として注目されているのが抗酸化物質である。

抗酸化物質は、
自身の持つ強い還元力により、活性酸素を消去する。

したがって、生体内の抗酸化物質の濃度を高く維持し、
過剰に発生する活性酸素を消去すれば、
疲労の発生を抑制できると考えられる。

===

大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」より引用
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/



ご存じのとおり、水素は
理想的な抗酸化物質ですので
「抗疲労効果」も大いに期待できる
と考えられます。


■水素の抗疲労効果

2015年には
大阪市立大学大学院医学研究科らの研究で
水素が抗疲労効果を有することが立証されています。

『“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証』
(大阪市立大学と健康科学イノベーションセンターらの共同研究)
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05

file:///C:/Users/utf/Downloads/press_150522.pdf


水素を取ると

睡眠の質が改善し、
交感神経の活動が有意に低下し、
疲労による意欲低下が防がれたという発表です。

疲労回復のためには
良質な睡眠が重要(※)であることも
分かって来ていますので

非常に様々な側面から
水素の活躍が期待できそうですね。


S.Asahina(水素セラピーマイトリー)



※)参考情報:
疲労回復には良質な睡眠が重要 ~疲労因子FFと疲労回復因子FR

発生した活性酸素による酸化ストレスで
破壊した細胞から出る「老廃物」をサインにして
疲労因子FF(ファティーグ・ファクター)
というものが発生することが分かっています。

この疲労因子FFが発生すると
身体の中では、同時に
疲労回復因子FR(ファティーグ・リカバー・ファクター)
というものも発生します。

「疲労回復因子」は
疲労因子の働きを抑えるとともに
活性酸素に参加された細胞を修復する作用持っています。

そのため、疲労因子が過剰にならなけれぼ
人は自力で疲労をしっかりと回復させることができます。

疲労回復因子は
心身がリラックスしている時、
特に良質の睡眠時に多く分泌されます。

つまり、疲労の回復のためには
良質の睡眠が非常に大切です。

しかし、脳が疲労して
自律神経に負担がかかっていたりすると
良い睡眠がとれず
疲労回復因子の分泌が少なくなり、
疲労の回復が追い付かず、
疲労がたまるという悪循環がおこりやすくなります。

疲労回復因子は
加齢によっても分泌が少なくなりますので
年をとればとるほど、
より一層、良質な睡眠が大切と言えます。



<参考>
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座 最新トピックス
「疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった」
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/

「疲れの原因は脳の疲労 ミトコンドリアが「さびる」(日経ヘルス)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO13516680R00C17A3000000?channel=DF140920160919

『“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証』
(大阪市立大学と健康科学イノベーションセンターらの共同研究)
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05
file:///C:/Users/utf/Downloads/press_150522.pdf

「ヘルシスト(平成27年9月10日発行)掲載
解明されてきた 現代における「疲れ」の原因
大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授 東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身

https://www.yakult.co.jp/healthist/233/img/pdf/p02_07.pdf#search='%E7%96%B2%E5%8A%B4+%E6%B4%BB%E6%80%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0+%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%AB%8B'

東京慈恵会医科大学 ウイルス学講座
マンガで分かる「最新!疲労・ストレス講座」
http://jikeivirus.jp/hiroukouza/


 

今年も花粉症の季節が近づいてきました。
日本人の約4人に1人が花粉症だといわれています。

今回は、

そんな花粉症のケアとして期待されている
水素の側面についての大辞典です。

 


ご存じの方も多いかと存じますが、
花粉症は「アレルギー」の一種です。

では、
「アレルギー」とはなんでしょうか。


■アレルギーとは

私たちの身体には
細菌やウイルスなどの病原体が入ってきたときに
それらを除去して身体を護る「免疫」という機能があります。

細菌やウイルスなどに感染すると
「自然免疫システム」が活性化し
それらを体内から迅速に排除しようとするのが

「免疫」機能です。

この免疫機能が過剰に反応してしまうことを
「アレルギー反応」と呼んでいます。


■免疫とは

細菌やウイルスに感染した時、体内で
「炎症性サイトカイン」が産生されます。

「サイトカイン」とは
細胞同士が連絡を取り合う信号のことです。

炎症を「体の中の火事」と考えると
火の手を強めるものが「炎症性サイトカイン」。

感染が起こっている場所に
細菌を殺すためのたんぱく質を動員し
炎症を強めることで病原体を排除します。

その結果、
鼻や目の粘膜の細胞の炎症、つまり
くしゃみや鼻水、鼻炎、目のかゆみなどといった
症状が引き起こされます。

風邪をひいたりすると、治癒の過程で
鼻水やくしゃみが発生するのが一例です。

アレルギー反応の場合は

この免疫機能が過剰に働き、
本来は異物ではない食べ物や花粉などを
「異物」と認識して排除しようとします。


その結果、
鼻炎や目のかゆみなどの炎症反応が出ます。

アレルギーでお困りの方にとって

これらアレルギー反応、炎症のケアは
日常生活を大きく左右する重大な問題でいらっしゃる事でしょう。

 

■アレルギーと水素

実は、花粉症などの
アレルギーをケアできる可能性があるものとしても
水素が注目を浴びています。

なぜ、水素が花粉症をはじめとする
アレルギーに効果があると期待されているのでしょうか。

全体のメカニズムはまだ解明されていない点も多く
医学的な研究も

今後の成果が大いに期待されるところですが

現在、判明している水素の作用から見ると、以下のように、
いくつかの要因が重なり合っているのではないかと考えています。
 


1)抗酸化作用(活性酸素を除去する作用)

従来より注目されていたことではありますが、
2005年に活性酸素が炎症やアレルギーを悪化させることが
研究発表によって明らかになりました。(※1)

アレルギー反応によって炎症がおこった箇所には
悪玉活性酸素が大量に発生し、より症状が悪化するという
ネガティブスパイラルが起こります。
 

水素はこの悪玉活性酸素を除去することができるので

(水素大辞典「水素の抗酸化作用」参照)、
悪化のネガティブスパイラルを断ち切り
副作用なく炎症を抑えることが期待できます。


2)抗炎症作用

水素は以下の「抗炎症作用」があります。
 

 ・炎症を悪化させる悪玉活性酸素を除去する作用
 ・炎症を拡大する「炎症性サイトカイン」の生成を抑える作用
  (水素大辞典「水素の抗炎症作用について」参照)

花粉症による鼻炎や結膜炎、咽頭炎などの

アレルギー性炎症にも
この抗炎症作用が作用すると期待されます。


3)抗アレルギー作用

2014年には、日本医科大学大学院太田成男教授らによって、
水素には抗酸化作用以外にも

抗アレルギー作用があることが報告されました。
 

(この発表では、抗アレルギー作用の他、
 抗炎症作用、抗アポトーシス作用、、脂質代謝改善作用、神経保護作用、血管拡張作用、シグナル伝達の調節作用などの
 新しい作用を示すことが報告されています。)
 
また、2009年に発表された研究(※2)で、マウス実験において
「水素が急性アレルギー反応を抑制する」という結果も発表されています。

・・・

以前は、
「酸化」「炎症」「アレルギー」は別々のものと捉えられていましたが
現在、これらは負のスパイラルで密接に関わっているらしいことが分かってきました。

どういう順番や、どういう関係でつながっているかなど
詳しいメカニズムはまだ研究段階ですが
この負のスパイラルをどこかで断ち切れば
健康状態がとてもよくなるといえます。

この負のスパイラルの根本原因も活性酸素ですので
水素はこれら負のスパイラルを断ち切ることができる物質として
大きな期待を浴びています。

S.Asahina(水素セラピーマイトリー


・・・


※1
一條秀憲(東京大学大学院薬学系研究科 教授)、および松沢厚(同 助手)らの研究によって
「活性酸素が病原体感染によって起こる
 炎症やアレルギー反応を促進する作用を持つこと」、及びその新たな仕組みが発見されています。

それまで、水素が活性酸素除去作用を介してアレルギーに作用することは知られていましたが、
この研究では、水素が情報伝達系に作用するという
新たな作用メカニズムを有する情報伝達分子であることが明らかにされました。
 

この結果は2005年5月1日付の米国科学雑誌「Nature Immunology」オンライン速報版で公開されました。

(参照)
科学技術振興機構報172号「活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する新たな仕組みの発見」
https://www.jst.go.jp/pr/info/info172/index.html

※2
2009年 岐阜国際バイオテク研究所、名古屋大学医学部他による研究(2009.09.047 Biochem.Biophys.Res.Commに発表)
「Molecular hydrogen suppresses FcepsilonRI-mediated signal transduction and prevents degranulation of mast cells.」
(分子状水素は免疫系のFcε-RIを介する情報伝達系を抑制して肥満細胞の脱顆粒を阻害する)

分子水素を含む水素水摂取によってマウスの急性アレルギー反応を抑制する事を明らかにした。
今回分子水素が一酸化窒素(NO)と同じようにガス状情報伝達系に作用するという
新たな作用メカニズムを有する情報伝達分子である事が明らかになった。

論文全体:
US National Library of Medicine National Institutes of Health
「Molecular hydrogen suppresses FcepsilonRI-mediated signal transduction and prevents degranulation of mast cells.」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19766097

 
<参考文献>
・ウォルター先生水素のはなし
  (株)産学社/著者:おおたふみあき/監修と解説 太田成男(日本医科大学教授)
・アレルギーポータル/一般社団法人日本アレルギー学会 https://allergyportal.jp/
・公益社団法人日本生化学会 生化学 Vol.87 No.1
 「水素医学の創始,展開,今後の可能性:広範な疾患に対する分子状水素の予防ならびに治療の臨床応用へ向かって」
 https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870082/data/index.html

 

 

 

 

===超高濃度水素吸入セラピーが受けられる===

JR新大阪駅 徒歩3分

水素セラピー マイトリ―(MAITRII)

大阪市淀川区西中島5-6-16 新大阪大日ビル4F

06-6886-1184 / info@maitrii-h2.com

https://osaka-h2.jp

AM10:00~PM10:00

 

先日お伝えしたように

水素は次世代エネルギーとしても
注目されています。

こんな興味深い科学技術省のポスターがありました。


「一家に1枚 水素」
・日本語
http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/hydrogen/hydrogen.pdf

・英語
http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/hydrogen/hydrogen_english.pdf

「一家に1枚」シリーズとは

科学技術省が作っている
科学系インフォグラフィックス。
http://stw.mext.go.jp/series.html

その中の
「水素」のポスターから一部引用すると・・

・・・

原子番号1番。

最もシンプルな構造を持つ元素
「水素」は宇宙で最初に生まれた元素でもあります。

・・・

宇宙誕生直後の約3分間、
超高温の宇宙は急激に膨張しながら冷え
陽子や中性子が誕生した。

陽子、つまり水素原子核の誕生である。

そして宇宙誕生から30万~40万年後、
陽子が電子を捉え、水素原子が誕生した。

こうしてできた水素は
現在、宇宙構成元素の約90%(原子数比)を占めている

・・・


その他にも、
水素の成り立ちや
水素と遺伝子との関係、水素結合について
水素エネルギーについてなど

宇宙・生命・物質・エネルギーの分野にわたり
様々な水素情報が書かれています。

なかなか面白く、
水素の可能性を感じられる
楽しいポスターです。

是非見てみてください。


更に詳しい
水素ぺディア
(高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所)
も興味深いです。

 


S.Asahina(水素セラピーマイトリー
 

 

 

===超高濃度水素吸入セラピーが受けられる===

JR新大阪駅 徒歩3分

水素セラピー マイトリ―(MAITRII)

大阪市淀川区西中島5-6-16 新大阪大日ビル4F

06-6886-1184 / info@maitrii-h2.com

https://osaka-h2.jp

AM10:00~PM10:00

LINEで予約:https://osaka-h2.jp/reservation-line

 

 

 

水素大辞典でもお伝えしてきた通り
水素は医療分野で大きく注目され、
研究が猛スピードで進められています。

一方で、水素は
次世代エネルギー、クリーンエネルギーとしても
大きな注目をあびています。

今日は少し視点を変えて
クリーンエネルギーとしての「水素」について
お伝えいたします。


■水素社会とは

「水素社会」という言葉を聞いたことがありますか?

水素を主要なエネルギー源として
日常生活や産業活動に利用・活用する社会の事を指します。

「水素」は数年前、燃料電池自動車の商用化とともに、
次世代エネルギーのひとつとして大きな話題になって以来、
現在も各分野で研究が着実に進められています。

2017年12月26日には、
府省庁横断の国家戦略として
カーボンフリーな水素社会の構築を目指す
「水素基本戦略」が打ち出されています。


■究極のエネルギー源「水素」

水素は様々な資源から作ることができ、
また、エネルギーとして利用しても
CO2を出さないことなどから
石油に代わる究極のエネルギー源として注目されています。

水素発電システムや燃料電池、
燃料電池車(FCV)の開発、水素ステーションの整備など、
水素社会の実現に向けた研究開発や実証事業が
日本を含む世界各国で行われています。


■水素エネルギーはどこで使われているの?

*燃料電池車(FCV)

身近なところでは
2014年にトヨタ自動車が世界に先駆けて
燃料電池車(FCV)の量産車であるMIRAIを販売。

燃料である水素を充填する
「水素ステーション」がまだまだ少なく、
ガソリンスタンドはもちろん、
電気自動車充電設備にも遠く及ばない設置数のため、
水素ステーションの増設が急がれています。
(それでも、日本は世界で最も
 水素ステーションの導入が進んでいる国。
 その数は世界の過半を占めます。)

また、商用車以外で
決まった場所に水素ステーションがあれば良いような
路線の決まったバスやトラックにおいては
更に導入が進んでいます。


*家庭用燃料電池(エネファーム)

自動車以外では
家庭用燃料電池(エネファーム)も身近な存在。

「エネファーム」とは
家庭に供給されるガスから水素を取り出し
その水素で燃料電池が発電を行い、
同時に排熱を利用して給湯も行う仕組みで
省エネ・電気代削減が可能で、普及が進んでいます。


*ロケット

興味深いところでは
人工衛星などの打ち上げに利用されている「H-ⅡAロケット」が
液体水素(H2)を燃料に、液体酸素と混合、燃焼させて推進力を得ています。

打ち上げ時に出る大量の白い煙は、
この燃焼により生じた水滴(H2O)だそうです。


■ここでも日本は水素先進国!

水素医療においても、日本は先進国と言えますが
水素エネルギーに関連する技術も
非常に高い技術をもっています。

例えば「燃料電池」分野における特許出願件数は
日本が世界一だそうです。


■世界初「水素閣僚会議」@東京

この2018年10月23日には、経済産業省及び
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によって
「水素閣僚会議(Hydrogen Energy Ministerial Meeting、HEM)」が
東京で開催されました。

これは、各国の閣僚レベルが「水素社会の実現」を
メインテーマとして議論を交わす、世界で初めての会議です。

「世界初!水素社会の実現に向けて閣僚レベルで議論する「水素閣僚会議」
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suisokakuryokaigi.html

温暖化対策に向けた大きなエネルギー転換の中で
クリーンエネルギーの一つとしても
大きな期待を浴びる「水素」。

近い将来には
「身体も車も家電も¨水素チャージ¨」が
当たり前の時代が来るかもしれませんね!

S.Asahina(水素セラピーマイトリー


参考:
経済産業省 ニュースリリース 「水素閣僚会議」を開催しました
http://www.meti.go.jp/press/2018/10/20181023011/20181023011.html

経済産業省資源エネルギー庁
・「世界初!水素社会の実現に向けて閣僚レベルで議論する「水素閣僚会議」
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suisokakuryokaigi.html

・「水素エネルギー」はなにがどのようにすごいのか
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suiso.html

水素ぺディア(高エネルギー加速器研究機構KEK)
https://www2.kek.jp/imss/education/hydrogen/h-pedia/index.html#molecular

科学技術省 水素のキホン
http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/hydrogen/hydrogen.pdf

tokyoexpress.info
http://tokyoexpress.info/2018/05/21/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E3%81%A8%E6%9C%AA%E6%9D%A5/

 

 

 

 

 

===超高濃度水素吸入セラピーが受けられる===

JR新大阪駅 徒歩3分

水素セラピー マイトリ―(MAITRII)

大阪市淀川区西中島5-6-16 新大阪大日ビル4F

06-6886-1184 / info@maitrii-h2.com

https://osaka-h2.jp

AM10:00~PM10:00

LINEで予約:https://osaka-h2.jp/reservation-line