前回に続きまして、

腸活・菌活の話題です。

 

セラピストは身体と心が資本!

ですので、

朝比奈も心身を整えるケアを日々実践しています。

 

中心となるのは

もちろん超高濃度水素吸入セラピー

トリートメントなのですが、

 

もうひとつのケアとして

「腸内を整える事」、

いわゆる「腸活」「菌活」があげられます。

 

 

納豆も菌活の代表選手♪ですが、

今回のブログは納豆ではなく、

プレバイオティクス」について。

 

その代表選手は「オリゴ糖」です♪

 

今回もネクストクリニックさんから許可を得て

「オリゴ糖」についての

説明を転載させていただきます。

 

 

===

オリゴ糖って何がいいの?

===

 

■オリゴ糖って砂糖とは違うの?

 

「オリゴ糖」と聞くと「糖」の響きから、

「砂糖」を連想する方も多いかもしれません。

 

砂糖もオリゴ糖も同じ糖類ですが

オリゴ糖は人間の体内には消化する酵素がない為、

消化されずに腸に届き

そのまま腸内の善玉菌のエサになるのが特徴。

 

消化されないので、低カロリーで、

血糖値や血中インスリン値をあまり上昇させません。

 

腸内の善玉菌は、人と栄養を奪い合いするのではなく

オリゴ糖などの人が消化できない食物繊維をエサにしています。

そのため、食物繊維を多くとるほど、善玉菌の量が多くなりやすいともいえます。

 

 

■オリゴ糖とは?

 

糖には、単糖類、オリゴ糖類、多糖類などの種類があり、

オリゴ糖は単糖が概ね2個から10個程度結びついたものを指します。

(一般的にはこのようになっておりますが、

 現在のところ、明確な定義はなされていません。)

 

オリゴ糖の基本的な働き、特徴は下記のとおりです。

 

  ・整腸作用(腸内細菌の増加)

  ・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄など)の吸収促進

  ・低う蝕性(虫歯の予防)

  ・低消化性(低エネルギー)

  (基本の性質以外にも、オリゴ糖の種類によって、

   さまざまな働きがあります。詳細は後述いたします。)

 

オリゴ糖は、自然界でもいろいろな植物や食品に含まれていますが、

それぞれに含まれる量はごくわずかです。

 

 

■オリゴ糖の種類

 

「オリゴ糖」といっても1種類ではなく、沢山の種類があることをご存知でしょうか。

 

自然界に存在するオリゴ糖は、

確認されているものだけでも1000種類以上に上り、

各社で製造されているオリゴ糖だけでも約30種類あります。

 

様々な種類のオリゴ糖は大きく分けて、

小腸などで吸収されてしまう「消化性オリゴ糖」と

消化されずに大腸まで届く「難消化性オリゴ糖」に分類されます。

 

「消化性オリゴ糖」は小腸で吸収されてしまうため、

大腸には届かず、善玉菌のエサにはなりません。

 

「難消化性オリゴ糖」は体内に適した消化酵素がない為、

小腸で吸収されず、大腸まで届き

これが善玉菌のエサになります。

 

そのため、腸内フローラを整える

プレバイオティクスとして摂取する場合は

難消化性オリゴ糖」をとることが大切です。

 

オリゴ糖NEXTのオリゴ糖は全て「難消化性」です。

 

 

■オリゴ糖摂取のポイント

 

前述のように、腸内には膨大な種類の腸内細菌が生息しており、

それぞれの菌によって好む環境や、餌が異なります。

 

そのため、オリゴ糖や食物繊維を摂取する際も、1種類ではなく、

複数の種類のオリゴ糖や食物繊維を

バランスよく摂ることが効果的だと考えられています。

 

また、前述した「基本的なオリゴ糖の働き」については、

どのオリゴ糖も大なり小なり持ちますが、

基本の働き以外にも、種類によって様々に異なる特徴をもつ働きがあります。

 

オリゴ糖NEXTには

特徴が際立つ7種類ものオリゴ糖と

1種類の水溶性食物繊維を高密度でブレンドしています。

 

これら8種類のプレバイオティクスの中でも

特に特徴が際立つものをご紹介いたしましょう♪

 

 

Contents

1)高価で市場に出にくいが、非常に魅力的な特徴を持つアガロオリゴ糖

2)今の在庫が終われば、市場にも出なくなる、幻のセロオリゴ糖

3)オーガニック原料、働き者の有機アガベイヌリン

4)希少!国産じゃがいも原料のセロオリゴ糖

 

 

 

【アガロオリゴ糖】

 

<オリゴ糖NEXTのこだわりポイント>

非常に稀な特徴を持つアガロオリゴ糖は、実は価格も非常に高価。

(一般的なオリゴ糖の約100倍ほど!)

そのためもあって、

一般的なオリゴ糖商品ではアガロオリゴ糖を含むものはほぼ見かけません。

 

オリゴ糖NEXTでは、

「関節炎への効果」や「肥満菌を減らし、ヤセ菌を増やす」効果でエビデンスが出ている

「1日200mg」を摂取できるよう配合しています。

※オリゴ糖NEXTの1日の摂取目安5gで、

アガロオリゴ糖「200mg」を摂取できる配分でブレンドしています。

 

<どんなオリゴ糖?>

寒天からできる希少なオリゴ糖で、とてもユニークな機能性を持ち

研究結果も多数出ています。

 

*アガロオリゴ糖の主な機能

 

1抗炎症作用

2抗関節炎作用・薬剤の副作用抑制作用

3アトピー性皮膚炎抑制作用

4解毒作用

5発がん予防作用

6美肌作用

7腸管保護作用

8網膜(眼)保護作法

 

詳しくは、

アガロオリゴ糖のメーカーサイトからご紹介いたしましょう。

 

・他のオリゴ糖と最も違うのは炎症を抑える作用が強いこと

 

アガロオリゴ糖は、関節炎に対して

「痛みを抑える」「炎症を抑える」「軟骨破壊を抑える(軟骨破壊成分の産生を強く抑制する)」

という、3つの働きで関節炎を抑制することが研究で分かっています。

また、関節炎の「予防効果」も確認されています。

 

参考:

2015年12月 第20回日本食物繊維学会学術集会 シンポジウム:海藻由来多糖類の機能性研究の現状

「寒天由来のオリゴ糖(アガロオリゴ糖)の抗炎症作用について」

2010年日本農芸化学会 2010年度大会
寒天由来アガロオリゴ糖はヒト膝関節軟骨細胞においてIL-1β刺激時のMMP産生を抑制する

2009年第9回日本抗加齢医学学会総会
寒天由来アガロオリゴ糖の摂取による膝関節痛改善効果」 他

 

 

・アトピー性皮膚炎抑制作用

参考:2008年第58回日本体質医学会総会
寒天由来アガロオリゴ糖の皮膚炎抑制作用」 他 論文多数

 

・解毒作用

参考:2007年第61回日本栄養・食糧学会大会「寒天由来アガロオリゴ糖の解毒作用

 

・発がん予防作用

1999年第58回日本癌学会学術総会
アガロオリゴ糖類縁体の癌細胞増殖抑制活性およびNO産生抑制活性

第58回日本癌学会学術総会
TPA誘発炎症モデルにおける寒天由来アガロオリゴ糖のin vivo抗炎症作用

 

・美肌作用

皮膚炎の抑制作用や

しわ改善作用(しわ体積の減少)のエビデンスがでています。

 

また、男女13人にアガロオリゴ糖200mgを毎日1か月摂取してもらい、

腸内細菌を解析した実験で、

腸内細菌内の「肥満菌」を減らして「ヤセ菌」を増やした研究結果もあります。

 

・腸管保護作用

腸管における炎症性サイトカインのTNF-αの産生を抑制する研究結果が出ています。

 

参考:

2014年12月 第12回日本機能性食品医用学会総会
アガロオリゴ糖は腸管バリア機能の調整を介して腸管炎症を抑制する

2012年第17回日本フードファクター学会学術集会
寒天由来アガロオリゴ糖は非ステロイド性抗炎症薬により惹起される小腸潰瘍を予防する
第65回日本酸化ストレス学会学術集会
アガロオリゴ糖はヘムオキシゲナーゼ-1の発現誘導を介して腸管炎症を抑制する

 

 

・網膜保護作用

酸化ストレスによる網膜細胞の障害を抑える働きがあるエビデンスがでています。

 

===

 

 

 

【セロオリゴ糖】

 

<オリゴ糖NEXTのこだわりポイント>

 

実は、本製品の製造メーカーが本業の製紙業に専念する方針となったため、

本オリゴ糖は既に終売しています。市場にも一切出ていません。

 

今回、ご縁あって、非常に特別に

オリゴ糖NEXT製作にあたって貴重な在庫を分けていただけました。

 

複数回ロット分の原料はいただいたものの

オリゴ糖NEXTでも、今ある原料がなくなれば使用できなくなる

まさに幻のオリゴ糖です。

 

<どんなオリゴ糖?>

日本の製紙メーカーが開発した木材パルプを原料にした国産のオリゴ糖。

 

セロビオース(二糖)を高純度に含みます。

セロビオースは

天然でははちみつ、松葉、トウモロコシの茎、ワインなどに

わずかに存在するオリゴ糖です。

 

 

*セロオリゴ糖の主な機能

 

1脂質代謝効果

2イソフラボン変換促進(エクオール変換を優位に進行)

3乳酸菌との高いシンバイオティクス効果

 

・脂質代謝効果

 

動物、ヒト共に、複数の

脂質代謝改善効果、内臓脂肪低下のエビデンスがあります。

 

また、潰瘍性大腸炎の軽減、及び

(腸管状態の改善傾向、炎症性サイトカインの発現抑制)

 

抗アレルギー作用(接触性皮膚炎抑制)も確認されています。

 

 

・イソフラボン変換促進

 

イソフラボンのエクオール変換を優位に進行させます。

エクオールとは「スーパーイソフラボン」と呼ばれ体内で女性ホルモンのように働く物質。

 

セロオリゴ糖は、他のオリゴ糖と比較しても、

このエクオール変換をより優位に進行させることが分かっています。

 

更年期症状の改善や、骨密度アップ、

骨粗しょう症予防、コレステロールの改善など

様々な研究結果が報告されている物質です。

 

エストロゲンが減少すると

肌はハリを失いやすく、肌老化が加速してしまいます。

 

 

・乳酸菌との高いシンバイオティクス効果

 

セロオリゴ糖は単独でも脂質代謝の効果がありますが、

乳酸菌との併用で更に脂質代謝の効果が高まります。

 

悪玉菌を抑制し、乳酸菌のバクテリオシン産生を促す可能性があるとされ、

乳酸菌生存率の向上なども期待されます。

 

※参考資料:

http://www.jcam-net.jp/data/pdf/16015.pdf#search='%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E7%B3%96'

 

 

 

【有機アガベ イヌリン】

 

<オリゴ糖NEXTのこだわりポイント>

さとうきびやイモなどが原料であることが多いイヌリンですが

「有機」ブルーアガベが原料のイヌリンは非常に希少!

 

<どんな食物繊維?>

オリゴ糖ではなく、水溶性食物繊維の「イヌリン」・

このイヌリンも難消化性オリゴ糖と同様に、小腸で吸収されずに大腸に届きます。

 

イヌリンは体内で

食物繊維として機能しつつフラクトオリゴ糖まで分解され、

その後、更にフラクトオリゴ糖としても働きます。

 

他の7つのオリゴ糖と時間差で働きますので、全体として非常に効率よく

大腸の奥の方までオリゴ糖が行き渡ると考えられます。

 

アガベイヌリンの効果は、下記の原料メーカーサイトでご確認いただけます。

http://tervis.co.jp/products/item_08.html

 

 

 

 

【環状オリゴ糖】

 

<オリゴ糖NEXTのこだわりポイント>

 

一般的な環状オリゴ糖は、一海外のトウモロコシが原料になっているものなどが多く見られます。

場合によっては、遺伝子組み換えのトウモロコシの可能性もあるかもしれません。

 

オリゴ糖NEXTの「環状オリゴ糖」は

国産(北海道産)のじゃがいもを原料としている希少な原料です。

もちろん、非 遺伝子組み換えです。

 

 

<どんなオリゴ糖?>

 

オリゴ糖として、また、食物繊維として2つの顔を持つ環状オリゴ糖。

 

バケツのような構造をしていて、

糖類や油脂系のものを抱え込んで、そのまま外に出してくれます。

 

環状オリゴ糖の内側は油となじみの良い「親油性」、外側は水となじみの良い「親水性」。

内側に油を取り込み、外側はとてもスムーズに水になじむ構造で、結果として

『余分な油分を抱えて、スムーズに外に出す』事ができます。

また、コエンザイムQ10の吸収性を高める働きもあります。

 

コエンザイムQ10は、代表的な抗酸化物質。

 

活性酸素の除去はもちろん

肌の弾力性や水分を向上させる作用や

コラーゲンの分解を抑制する作用を持ち、

シワやタルミ、シミなどの予防・改善にすぐれた効果を示します。

 

 

===

参考文献

 

株式会社テルヴィス 有機アガベイヌリン

http://tervis.co.jp/products/item_08.html

 

シオノギヘルスケア アガロオリゴ糖 研究論文・学会発表

http://www.shionogi-hc.co.jp/wellness/healthy-food/paper/agaroorigo.html

 

日本製紙 「サンセロビオーK(セロオリゴ糖)」について

「セロオリゴ糖の機能性と今後の可能性について」日本製紙株式会社 ケミカル事業本部

http://www.jcam-net.jp/data/pdf/16015.pdf#search='%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E7%B3%96'

 

+++転載ここまで+++

 

 

なお、市販のオリゴ糖は

オリゴ糖といいつつ、実はショ糖の方が割合が多いものもあります。

特に安価なシロップタイプは要注意。

必ず原材料を見てくださいねニコニコ

 

 

朝比奈はオリゴ糖も

1種類のみのオリゴ糖から

何種類か含まれるものまで

かなりの数の物を試してみましたが

 

7種類ものオリゴ糖が含まれて

更にイヌリンが含まれ8種類もの製品は

他にはありませんでした。

 

そして、

この中身のラインナップを見たら・・

なんとすごい!とヒトメボレでした。

 

更によかったのは美味しさと使い勝手の良さ。

 

オリゴ糖は基本的に吸湿性が高い物質なので

すぐにべたべたになりやすいのです。

 

なので、べたべたして扱いづらいものや

味と臭いがかなり苦手だな・・と思うものも

中にはありました。

 

このオリゴ糖NEXT、私的にはとても好みの味。

 

美味しくてそのままスプーンで

ポイポイ食べてしまいます。

甘いので満足感もあります。

 

なんだか口寂しい、甘いものがほしい、

そんな時は迷わずオリゴ糖NEXTです(^^♪

 

朝比奈がオリゴ糖を食べてるのは

普通に好物なだけでは?といううわさもチラホラキョロキョロ

 

美味しくて体にも良いなんて

理想の食べ物ですね~~~ニコニコニコニコニコニコ

 

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜

 

水素セラピー マイトリ―(MAITRII)

大阪市淀川区西中島5-6-16 新大阪大日ビル4F

06-6886-1184 / info@maitrii-h2.com

https://osaka-h2.jp

AM10:00~PM10:00

 

☆彡水素の情報はこちら:

 「水素大辞典」 ☆彡


 >>LINEでご予約承ります♪

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜