ナポレオン3世時代のアンティーク・ジュエリーボックス | メゾン・ヴィヴィエンヌ  | フランスアンティーク&ブロカント雑貨のお店

メゾン・ヴィヴィエンヌ  | フランスアンティーク&ブロカント雑貨のお店

19~20世紀半ばのエレガントで上質なフランスアンティーク&シャビーで味わい深いブロカント雑貨のお店「メゾン・ヴィヴィエンヌ」店主によるフランスアンティークやフランスについてのつれづれ語りです。


テーマ:




おはようございます!


フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 店主びびあんです。



今日から一般のお客様向けの骨董ジャンボリーが始まります!


当店は出店しておりませんが、全国から素敵なお店がたくさん出店されています♪


是非おでかけください。入場割引券はこちらです →



さて。

本日、ナポレオン3世時代のジュエリー・ボックスが入荷し、現在5点揃っています。





ナポレオン3世時代のアンティーク・クリスタル・ジュエリーボックスB




ナポレオン3世時代のアンティーク・クリスタル・ジュエリーボックスD





ナポレオン3世時代のアンティーク・クリスタル・ジュエリーボックスE



あと2点、手のひらサイズの小さなもの  と、フランスの形(6角形)をした珍しいもの 

宝石箱ではなく、懐中時計ケース  があります。

写真ではわかりづらいのですが、アルファベットが進むにつれてサイズが大きくなります。

E はクリスタル宝石白が分厚くてずっしりと重く、緋色のクッションも相まってとても存在感がございます指輪



ナポレオン3世といえば、第二帝政の皇帝。在位は1852年~1870年です。

オスマン知事に命じてパリを大改造をさせたことにより、現在のパリはこの時代に作られたと言っても過言ではないほどの目覚ましい発展を遂げました。

近年ナポレオン3世はこの点で再評価されているのだとか。

その頃に流行したきらびやかなアンピール様式の家具に合う、とてもゴージャスなジュエリーボックス。

面取りした分厚いクリスタルを真鍮の爪で丁寧に嵌め込んであります。

一体どれだけ美しいご婦人がどのような宝石を入れて使っていたのでしょうね。


中のシルクのクッションは緋色、絹色、草色、ロイヤルブルーなどを見かけます。中でも緋色、絹色が多い印象があります。


なにしろ150年近くの年月を経ているものですから(私の年齢の4倍近く生きてきているお品・・・)、シルクは退色していたりボロボロだったり、外れてしまっていることもままあるのですが、幸いにして状態のいいものだけを5つ見つけてくることができました。

すべて同じコレクターのお婆様から買い付けたのですが、もっともっと連れて帰って来たかったです・・・でもお値段がけっこう張りますし壊れ物なので、あまり冒険しませんでした。


是非、エンゲージメントリングやご夫婦のマリッジリング、大切な方にプレゼントされたリングなどを入れてお使いください。


クリスタル製ですので、中のジュエリーが更に美しく見えます。これほどジュエリーが美しく見えるケースはなかなかないのではないでしょうか。


本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございました。


良い週末をお過ごしくださいませ。


ごきげんよう♪




フランスアンティーク&ブロカント雑貨メゾン・ヴィヴィエンヌ 

  びびあん  でした。

 


日本ブログ村アンティーク
日本ブログ村アンティーク
アンティークサーチ


facebookボタン

ピンタレスト画像



 

  




メゾンヴィヴィエンヌ|フランスアンティークとブロカントのお店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス