私は、過去によく奈良へ遊びに行きました。
お付き合いしていた相手さんもいたりで、
よくいきました。
最近は、遠出ができませんが、
まほろばの町にいきたいですね!


サイクリングもかなり楽しめますが、
最近バスターミナルも整備され、
大阪から奈良経由で名古屋など、
奈良に行く外国人観光客も増えているようで、
すごくいいと思います。

駅を降りると、
奈良公園の自然があり、
歩いてるだけで楽しいですし、
なんせごちゃごちゃしている京都よりは
静かな街ですからね。
元気なときは、よく近鉄でいってました。
大阪から奈良のアクセスが、
JRおおさか東線や、地下鉄中央線でも、
生駒まで行けたり、大和路線など、
いろんなパターンで奈良に行けるように
なりましたからね。
吉野など、高野山方面は南海電車が
ありますしね。
これからは、大阪ー奈良のコラボが、
観光客にはいいと思います。
世知辛い世の中を忘れ、
奈良の自然の中をゆっくり観光!
ぜひこのゴールデンウィークは、

そうだ、奈良へ行こう!

をお勧めします!

どうも、舞芝こと、『まいさん』です。

 

 

最近、『内部障害者の生きる権利(人権)を守る会』を、

急に立ち上げて、こちらでの活動がメインになってますが、

もともとは、こちらのページで運用しています。

(*舞芝堂のホームページが、別ページで開きます)

 

ご賛同、リンク許可、お待ちしております♪

 

さて、警察や弁護士を含めて、もちろん親身になって、

対応をしてくださった方も、たくさんおられますが、

やはり、世間一般=多数派となるようでして、

 

私たち障碍者、皆ひとりひとりが、啓発できる・・・とまでは、

なかなか難しい問題です。というのも、

 

自分のことだけでも大変なのが現状ですから。

 

でもですよ。例えばですが、

 

『警察に行っても障碍者だからと相手にしてもらえなかった。』

 

『勤務先で、障碍者だからと無茶なことをされた。いじめにあった。』

 

これだけでも立派な、障碍者差別解消法の、合理的配慮が欠けている。

というわけです。

 

小さなことかと思うかもしれませんし、あきらめている方も多いと思います。

 

そうじゃないんです!!

 

『小さなことかもしれない』ことは、

立派な一つの問題なのです!
 

はい。

 

だから、なんでも小さなことでもあれば、どんどんメモって、

相談することは、とても大事なことです。

 

障碍者当事者が、勇気を出して言うことが、

一番の大切なことです!

 

もし相談する人とか、いないのであれば、私でよければ、お話は聞きます。

どこまで力になれるかわかりませんが、今まで、そして今もお世話になって、

支えてくださってる方に、『感謝としての何か』をしたい気持ちがあります。

そのためにも、お役に立てれたらいいなと思います。

 

何かありましたら、Skype・メールにてお話しくださいね!!

ただ、お返事がすぐにできかねる時もありますが、

その時はご容赦くださいませ。私自身、通所・通院していますので。

 

詳しくはホームページからお願いします。

 

【対応分野】:性別違和(LGBT)関連・精神障害関連・発達障碍関連。

その他の対応できるかどうかについては、お気軽に聞いて下さいまし。

 

『内部障碍』というと、かなり範囲が広いわけで、

一般的には、『身体内部の臓器に障害があることを指す。』

というものもあれば、

『内部障碍とは、体の内部に障碍があることをいいます。

外見からは分からないものです。』

というものもあれば、

『身体障害者福祉法第4節に定める、

肢体不自由以外の体の内部の障碍である。』

というものまでパターンが様々あり、ある意味、

まとまってないというか、表現バラバラバラエティー!

 

そこで、舞芝堂では、外見からわからない、

『身体内部の障碍のひとつ(特長)』として、

発達障碍と精神障碍を『内部障碍』として

表現しております。

 

さて。

私はいろんなところで闘ってまいりました。

(っていうか現在も進行中?(休戦なのかな?))

 

しかしながら、ラジオやテレビのメディアもそう、

警察内部もそうですし、法律系もそうですが、

『障碍者としての人権(生きる権利)が侵害されているのは、

じわじわ感じてきております。

 

私も、実際に人権侵害を目の当たりにして傷つきました。

 

とあるところへ「相談」をしに行っているのに、(つまり『相談者』)

ある意味、容疑者かのように詰問され、号泣する羽名になったり、

とある場所では、「どうしようもない」という見解で、相談を打ち切られるなど、

『泣き寝入りとはまさにこのことか!』ということを実感しました。

 

滋賀県某市で起こっている事件訴訟問題についても、

弁護側が精神障碍があるといっても、裁判所が

『完全責任能力を認定』した。(K新聞・2019/3/27の記事より)

などと、精神障碍ということに対しての問題やら、

いろんな問題が山積しているかと思います。

 

私も理解できない範囲をかなり超えていることが多いので、

大変なのですが、ただ一つ言えることは、

 

『障碍(者)であることに対し、虚偽ないし、

本質のものどうかを見究め、確認する』ことを

なぜしない!(メディアもなんでもそうだけど)

 

ここにあると思います。

私自身は、検査をいろいろしてまいりました。

 

臨床心理士の先生の心理テスト検査、

発達障碍専門クリニックにてWAIS-Ⅲを含めた検査、

てんかん専門クリニックにてのてんかん発作検査。

いろいろやってきました。つい最近です。(2017-18年にかけて)

 

MRIはかなり前(10年前)に受けていますが、

データーは残っています。

 

診断「結果」を踏まえたうえでいうなら、それはそれでいいと思います。

しかしながら、その結果に納得していない患者さんというか、

当事者や治験者は、たくさんいると思います。

 

または、その可能性があるのに、自分は違うといって逆に検査をしない人。

これが一番たちがよくはないかな・・・?と私は思っています。

 

要は、障碍なら障碍で、あくまで『ひとりひとりの個性多様化』であり、

悪いものであるとは一つも思ってないです。

 

だって、その個性をどうして活かしていくかという目的が明確化するからです。

 

私自身も、内部障碍当事者として、そして、森田療法を4年間教わり、

実践する治験者として、人権(生きていく権利)を守る活動にたどり着き、

残りの人生を使っていこうと考え、立ち上げました。

 

4月からさらに本腰を入れていくために、自分の残り人生の内部を

リフォームし、『できる範囲+アルファー』で日進牛歩で進めていこう

思っております。

 

私自身、まめにスランプに陥っておりますが、

ここ2~3年が特にそうだったのではないでしょうか。

 

てんかんの疑いがあり検査。

発達障碍の疑いがあり検査。

ギャンブル依存の疑いがあり、面談。

血液検査は3か月に一度のペース。

こんだけやってますねん。

それでもいまだにMRIだけは苦手でございます。

CTもそうだけど、勝手に動くのがなんかね。。。。

 

さて、そんな中、主治医をはじめ、

相談計画支援、訪問看護、薬局薬剤師、発達障碍支援、

保健センター、福祉支援、警備会社を含め、

いろんな方のお力を借りて、

ここまでサポートしてもらっているわけですから、

 

イチローさんが引退してからしばらくして、

アメリカの自宅でのNHKの密着取材で言っておられたのを

抜粋していますが、

 

(プロのイチローとして)笑って死ぬことは夢であり、

そうでありたかったが、それができなかった。

 

でも、仲間(練習に付き合ってくれた&応援してくれた)を含め、

恩を返す方法として難しいけれど、

 

日々懸命に生きていく『何か』を積み重ねていくために

次の一歩を小さくても踏み出すために・・・

 

そのためにいろんな方がお手伝いしてくださってる。

 

みるもの(対象物)を間違って違う関係ないものをみないように

気を付けないと、本当に事故ってしまいますからね。

 

私も今お手伝いしてくださってる方々のお力をお借りして、

いつか私なりの形で、他の当事者、支援者に恩をお返しできるよう、

作っていただいた私の分析結果の活用&啓発も忘れず、

イチローさんなど、『目標となる方』の言葉を、刻みながら、

時には思い返してゆっくり進んでいきます。

 

障碍者ひとりひとり、『一個人・個性』である。

素晴らしき、あっぱれな私たちであり、

『誇り』に思うことで生きていく。

 

それを『自身の自信』につなげていきたいと思っています。

 

あと、今後の呼び方は、『まいさん』でよろしくお願いします。

 

いやいや、早かったですね。『当選確実』の速報。

まだ、役職をつけていいのかわかりませんが、

まずは、ほっ。としました。

 

私も速報が出た瞬間、歓声&拍手をしたくらいです。

ほんとうに良かったです!!

 

さすが、大阪!やっぱまずは大阪からやで!

みんなこれを機に、大阪に引っ越したりして(笑)

 

京都から高槻に移住するだけでも、大阪府民!

TAKATSUKING!(村上くんいいよね!!)

 

都構想も、『天王山を超えていこうぜ!!』ですよ。

 

京都維新の会(または、大阪維新の会の京都支部)を

京都党が引き継ぐのか、新たに作るのかが、『キーポイント!』

 

これからも、どんどん『維新旋風』を吹かせていってほしいです!

 

まずは、お祝いの記事を投稿させていただきました!!

(発達障碍啓発期間に決まってさらにうれしいです!)

 

吉村大阪府知事、松井大阪市長となって、

私もすごくうれしいです。

 

府議会。市議会の席の最後1席がなかなか

決まらなかったわけで、私もついに寝てしまいました。

 

大阪維新の会の議席について結果は、以下の通りですね。

 

・大阪府議会88席に対し、「維新」51席(前年度+10席57.95%

・大阪市議会83席に対し、「維新」40席(前年度+11席48.19%

 

はい、というわけで、各メディアは、この数値からして、

「大阪維新の会の市議会席数が過半数をこえなかったこと」

ばかり言ってますが、

 

目の付け所、ちゃいまんねん!

あのね、よく見てください。

議席、両議会とも10席も増やしてるの。

 

すごい快挙だと私は思います。

私は、ますます応援したくなりました。

 

『公約』は、選挙のためだけにいうものではない。

当選した暁には実際に『公約の結果』を残す!

 

『大阪維新の会』にはこれがある。

 

これからも、大阪維新の会を応援したいですし、

『都構想』を夢ではなく現実に変えてほしいですね!

 

そして、京都も大阪を見習って、二重行政をやめて、

京都都構想もぜひ進めていってほしいと思います。

 

実は、京都もこっそり、

大阪維新の会の当選が増えてきているんですよ!

 

うれしいことですね!!前を向いていくしかないです!

 

大阪から変えていきまっ・・・しょいっ!

 

舞芝堂工房の舞芝です。

『京都観光公害』についてまとめました。

あとね、京都市内全域で、『観光公害』に悩まされています。

 

さぁ、二条城などのライトアップも始まり、

さらに観光公害というよりも、交通渋滞が半端ない。

通院でバスを使うのですが、スムーズに行ける交通手段を考える。

それだけでも大変!!

 

京都よりも、奈良と滋賀と神戸に行くのがいいよ。

姫路とか尼崎もいいかもですね。尼崎城もできたことですし!

 

京都市民は怒っています。

もう我慢も限界超えました!ですよね!

 

新たに、うまくまとめてくださっている記事を見つけました。

<こちらをクリック>※Yahoo!ニュースへ飛びます。

 

京都駅周辺はまだましかな?と思いきや、

祇園・花見小路・八坂神社・清水寺周辺、

嵐山周辺、蹴上(けあげ)周辺、伏見稲荷大社周辺

主に書かれていますが、他にもあります。

木屋町周辺、二条城近辺、北野天満宮周辺、

西陣地区周辺など、もっと広範囲で観光公害問題化となっています。

 

民泊問題についても、『民泊110番』がありますが、

実際に調査はしてくれますが、警察ではないので取り締まるのが

かなり難しいのではないかと思われますが、

情報提供「する」と「しない」では大きく変わってきます。

もし、「怪しい」「不特定多数の出入りがある」

「敷地侵入されてる」と思ったら、民泊110番(民泊通報窓口)へ。

(全国に相談窓口が設置されています。)

 

※余程ひどい場合は、管轄の警察への『相談』もおすすめします。

その際、関連資料の持参をまとめて持っていくのも一つです。

(説明をいちいちするのも大変なんです・・・)

 

ただ一つ言えることは、精神的にも肉体的にもかなり削られます。

私も『死ぬ気でする』ということを思い知らされた経験があります。

無理しない程度で。本当に。命落としかねないですからね。

 

障碍者としてだけじゃないですが、

夜~早朝にかけて眠れない方も多いのではないでしょうか?

 

そりゃ不安になりますよ。

外国人さんは深夜でも大きい声で話してますし、(普通なんでしょうが)

例えば、京都は、もともと『静かなまち』だったはずですよね?

静かな場所でお茶をたしなむ等、『静寂』を求めてきているはずなのに、

だんだんおかしい方向に進んでいます。

これは、京都市長が問題を適当にするからです。

 

市民が自費で負担をしてまで、ゴミ箱、ごみ処理負担など、

いろいろ設置や対策をせざるを得なくなってきたりしています。

 

市長の仕事じゃないのかと。

観光を促進しているのは、『どなたさま』でしょうか?

 

皆さん忘れておられないでしょうか?

四条通の4車線から2車線に『実質減車線化』に引き続き、

『東大路通祇園周辺一車線化事業』も予定しているわけですから、

 

あとは、皆さんの感じ方・とらえ方にお任せします。

 

みなさん、『平成最後の静寂な京都の啓発』

しっかりやっていきましょう!!

 

まさか『住みにくい街(観光公害)第1位』をねらっているのでしょうか?

 

そんなんで一位はいらんわ。

それなら『障碍者福祉政策実施都市・第1位』になってほしいですね。

 

というわけで、京都府下もそうですが、関西にはもっと魅力的な場所も、

沢山あるわけですから。

 

観光の地方分散化の徹底を関西全域でお願いしたいですね。


いのししさんも、おさるさんも、きつねさんも、こまいぬさんも、

みんな怒ってますよ!