昨日は


父の命日




34年が経ちました。




今年の誕生日で

とうとう私も

父が亡くなった歳になります。



宝塚へ入り
妻となり
母親となり

随分と
年月は経ったけれど

心の中の衝撃は
あの時のままです。




先日の

「シンソウ坂上」でも
母が話していましたが


事故の前夜


父が私を抱きしめて
しばらく目を閉じていたと


抱きしめてくれることは
日常でしょっちゅうありましたので


もちろん
その晩が最後だと思ってもいなく


最後だとわかっていたら

その温もりを

しっかりと覚えていようとしていたでしょう。


残念なことに

温もりは

全く覚えていません。




だからこそ


生かされている今を


瞬間瞬間を


大切に

丁寧に


過ごしていきたいと
改めて思います✨