シーズン3 登場人物

● 主人公 紀子(ノリコ)さん

…40歳のワーママで一人息子は高校生。美容オタクでスタイルの良い美人。料理はプロ級。ある日夫と親友の秘密を知る。

●紀子の夫 マサル

…紀子さんの大学時代の先輩。都内で祖父の代から引き継いだ不動産会社を経営している。スマートで男女問わずモテる。

●紀子の親友 真子

…紀子とは高校時代からの親友。紀子たちの結婚式で健二に一目惚れされて結婚。娘が二人いる。

●真子の夫 健二さん

…マサルと大学時代のサークル仲間。普段はマサルとよくサーフィンに行っている。明るく子煩悩。

●メグちゃん、メグちゃんママ・パパ

……あるきっかけで、真子との関係性がわかる。

●田中君

…マサルの後輩で、マサルの会社の部下でもある。今回は紀子さんに頼まれて、尾行・追跡を行ってくれた。

 

※このブログは様々な女性の人生の一部を、私が本人に変わって書いています。

シーズン1 ミキの芝生 『不穏な着信』

シーズン2 武田さんの芝生 

『隣の芝生②-1未婚の母を選択する女性。』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「それで、本題ですが…」
 
 
 
田中君のことで
少しほっこりはしたが
聞きたかったのは
 
紀子さんの決断。
 
 
 
紀子さん
「はい。マサルの言葉を聞いて
 
 
 決めました。
 
 
 
 私やっぱり
 
 
 
 
 
 もう一度家族で
 
  やり直します。
 
 
 
   なんて。
 
 大それたことではないんです。
 
 マサルにとって今はまだ
 首の皮一枚繋がった状態なだけで
 
 私もこの選択肢が100%
 未来の約束とはいきません。」
 
 
 
「そうですよね。
 
 100%信じるなんて
 難しいですもんね。」
 
 
 
紀子さん
「はい・・そうなんです。
 
 
 マサルがしたことは今も
 許せなくて悲しくて
 
 なんかふとした時に思い出すと
 
 
 あぁっ!
 
 
 って声を出したくなるくらい
 もうなんか
 しんどいんですけど・・
 
 それでも今のマサルは
 
 過去の過ちから何かを学んで
 変わろうとしているように
 見えるんです・・
 
 
 パンダさん、
 
 どう思いますか。
 
 
 私の選択、
 これで、良いですよね?」
 
 
 
 
「それは勿論です。
 
 だってそれは
 
 
 紀子さんが出した答えだからですよ。」
 
 
 
紀子さん
「ありがとうございます。
 
 本当に、なんて言ったらいいか・・」
 
 
 
「なんか、
 私もすっごく嬉しいですよ。
 
 
 それで、・・マサルさんは?」
 
 
 
 
紀子さん
「はい、号泣でした。
 
 
 マサルの話をひとしきり聞いた後
 
 
 (マサルの気持ちはわかった。
 
  全てを信じ切れたわけじゃないけど
  あなたの未来を
 
  これまでと変わらず
  家族として、妻として
  しばらく側で見てる。)
 
 
 そう言いました。
 
 
 何度もありがとうって言って
 泣き崩れました。
 
 
 マサルは多分この数ヶ月で
 彼なりにいろんなことを
 考えたんだと思います。
 
 
 いろんな夫婦があって
 不倫がバレて、
 開き直ったり悪態をつく人もいますが
 少なくともマサルは
 一旦逃げ腰になったり
 誤魔化したりはしたものの
 
 その後はなんとか
 私や息子の信頼を取り戻そうと
 必死な姿が見えるんです。
 
 
 だから彼を、
 信じてみます。
 
 信じてみたいって
 そう思っています。」
 
 
 
 
「そうですか・・
 
 
 あぁ、良かったです。
 本当に。
 
 
 
 あ、それで、息子さんは?」
 
 
 
 
紀子さん
「恥ずかしいんですが
 
 その後息子を2人で呼んで
 
 おいでって言って
 私とマサルで抱きしめたら
 
 息子がわんわん泣くので
 
 みんなで泣きました。
 
 
 何も説明もしませんでしたが
 すぐに息子はわかったようで
 
 マサルに何度も
 良かったねって、言ってました。
 
 
 私に言ってよって思いましたけど(笑)
 
 やっぱり息子は
 マサルがずっと心配だったんだなって
 そう思いました。」
 
 
 
 
 
 
そこまでの文章を読んで
 
私はなんだか
 
とっても長い小説を読んでいて
その最後の章をやっと
読み終わったような
 
そんな気持ちになった。
 
 
 
 
だけど現実は小説みたいに
最後のページはなくて
 
 
これから先も、続いてゆくのだ。
 
 
 
 
 
夫婦には、
 
いろんな形がある。
 
 
紀子さんたちは、
再構築を選んだ。
 
 
 
 
ただこれが5年後10年後
同じ形であり続けるのか
それは本人たちにだってわからない。
 
 
 
 
それが夫婦で
 
 
 
それが人生で。
 
 
 
 
 
だけど確かなことは
 
 
 
 
 
紀子さんは今、
家族の側で笑っている。
 
 
 
 
 
それが、真実。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シーズン3  完
 
 
 
※明日、スピンオフあります。
 
ーーーーーーーーーーーーーー