□ スプリットリングとlhk | タティングレースのことばかりになりました。

タティングレースのことばかりになりました。

葉っぱがだいすき^ ^
葉っぱのことばかり書こうと思ったら、タティングレースにハマってしまいました。
そして、たまに「先生」が出てくるけど、私の夫のことです♡
常日頃から「センセ」って呼んでます。
「ダーリン」よりは普通でしょう?(笑)


テーマ:



スプリットリングの右側のことを「ラークスヘッドノット」って言います。


(本書くまで知らなかったけどw)


Lark's Head Knot (ラークスヘッドノット)
以降「 lhk 」で。





実は、私のブレスレット。
クロッシェボールの次がスプリットリングなので、出来ないと始まらない。。。
そして、lhk が重要なブレスレットもあります。
けど、あれ?っていうほど解説があっさりしています(^^;;
何しろ、写真も小さいので「ちっさ!」って言う準備をしてから本を開いてくださいw





❀追記的にスプリットリングについて❀ 

以降SRで。

左側は普通にDSなので、芯糸はAの「メインシャトルの糸」で「横」に張るですよね。
「前の半目、後の半目」の順番で目を作る。
フツーに8目作りました。
{74437EA2-FD98-402B-AD8A-625E6DBAFCF3}




そして、lhkは全てDSとは「逆」で覚えればいいと思ってまして。。。




芯糸は「中指の糸」で「縦」に張る。
「後の半目、前の半目」の順番で動作する。
どっちも逆。
そんなに簡単なコトじゃないのでしょうか?




ちなみに、私はDSをつくったら、手から輪を外して完全に糸を掛け替えます。
持ち替えない人もいるみたい?
{1E6041E8-043C-47E1-9260-41D97BB3140B}

こんな感じ。
分かりやすくシャトルの糸は短くまいてます。
で、ココからはBのシャトルで lhk です。
{0E3E351F-8C45-4E5A-9FE5-A5C2E2494384}


芯糸は「縦」で、何があっても「緩めずに張ったまま」です。
{4A86F081-D110-4FE7-B4C7-2FE0C039FA7E}



で、「後の半目、前の半目」の順番で動作する。。。
片手だと動作の写真取れないのでイメージでw
Bのシャトルで「後の半目の動作」をしたところです。
縦の芯糸はピンピンに張ったまま。
{4E9BB035-E49F-4E9B-A5C1-40AF86C7FC4E}




縦の芯糸に抵抗せずに、自然にシャトルの糸を引き下ろす。。。
後の半目の動作だけど、前の半目ができました。
{18613C49-D85D-487A-AFA9-2E499B456164}


次は「前の半目の動作」をして。。。
もちろん縦の芯糸はピンピン。
{65E4F664-CFC9-4B14-8154-551A54760E62}



自然に引き下ろすと、後の半目ができました。
{98D258CD-6B32-40B0-B68B-BD4A49FACECB}



「縦の芯糸」に、Bのシャトルの糸で作る目を積み上げていく感じ。
{621E0AB9-21DC-4B13-A1D0-D21C9FA33884}





中指の糸をピンピンに張っておけば、難しいことないんじゃないかと思ってるんですが。。。




引き締める時は手から輪を外して「Aのシャトル」を引きます。
その前に、「lhk で作った目」と「DSで作った目」の差があるかチェック。
緩かったりキツかったりするので、DSを基準にして自分の癖を直していけるポイントです。
{6D9171EE-BEA3-452C-BF5D-B1104CDF1952}



準備として、輪の糸を矢印方向に持ち上げておきます。
ついでに、lhk の目が緩かったりしたら、最後の目を押さえてちょっぴり目を寄せるなどして左右を整えます。
「30目のリングのコツ」で書いた、始めの方のDSをちょっと寄せるのと同じです。
{D8065690-23A3-4A13-920E-02A491A19CDA}



次は持ち上げた輪の糸に、シャトルの糸を被せるように持ってきます。
そのまま作った目を押さえて、輪になる方向にシャトルの糸を引きます。
{BAA033EC-3710-4D91-8E80-ED8A47B4B47F}


普通のリングと同じように、途中で手を止めます。
{C9C7C37F-B4D6-4F4F-BD6F-C6ED6BC2AC58}


始めと最後の目を噛ませて、もう一度目を押さえて、輪になる方向を守って糸を引きます。
{1B784D2F-421A-4DF4-887F-D47693CB683D}

最後はBのシャトルで作った最後の目が緩くないかチェックして、リングのキワを摘まんで糸を引くなどして形を整えます。

最後の写真撮り忘れたー(꒪⌓︎꒪)



そこじゃないから!というツッコミがあるかも?
苦手な人がどういう風に出来ないのか、さっぱり分からないのは致命的ですよね(・・;)


Instagram → TATTING_MAIMAI

海東 麻井さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス