□ クロッシェボール問題(さらに!追記あり) | タティングレースのことばかりになりました。

タティングレースのことばかりになりました。

葉っぱがだいすき^ ^
葉っぱのことばかり書こうと思ったら、タティングレースにハマってしまいました。
そして、たまに「先生」が出てくるけど、私の夫のことです♡
常日頃から「センセ」って呼んでます。
「ダーリン」よりは普通でしょう?(笑)


テーマ:

一般的にクロッシェボールは、最後は針を使って閉じるのですよね???
ですが、私のブレスレットは糸を切らないで作っていくので、縫い閉じてません。



それでもイイのか?(担当さんには聞きましたがw)
最後の段は、レース針を細いものに変えてキツく編んで、始めの目に引き抜き編み(かな?)して、引き出した糸輪(というの?)に糸玉を通したら、絞って終わりです。
その辺は本の通りです。

(※始めは8号で編んで、最後は10号です)

編み図の記号は、「コマ編み2目一度」という記号になっていますが、ホントは1目飛ばしで編んでます。
一般的には「2目一度」にしないといけないみたいなので図を直されましたが、目を拾わなくても問題ないです。
その方が綺麗なんじゃないかと思うし、目が小さく締まるので、最後の穴も小さくなるのでは?



それと、大きさの都合上、一般的なボールの編み図よりも増減なしの段が一段多くなっています。
(ネットに出てる標準的な編み図参照)
なので、丸くなるように中身はたくさん詰めています。
直径は1センチくらいです。



(中身は、同色系の「あまり糸」です。綿だとモケモケして入れづらいでしょう?
しかも、ピンセットを使ってグイグイ入れてます。)



横に張るように、意外とたくさんです。
増減なしの段を一段減らしてみるとすんなり丸くなります。
好みで小さくしても大きくしても楽しいのではないでしょうか。



(追記 →)ボールと止め輪を作らないで、パーツで代用するとサイズ調節問題も解決します。
コレ、書いたんですが載ってないですよね?


問題の30目のリングは、別に、40目にしてもイイと思います。
そこは、人それぞれ力加減が違うので、試し結いしてみてくださいね。




「タッターさんは、クロッシェボールを作れない人が多いけど、イイのでしょうか?」


気になって、まず始める前に担当さんに聞きました。
完全な既読スルーでしたがw



私はタティング歴2年。
手芸歴も2年と言えるほどアッサリとした経歴です。
それまで、クロッシェという言葉も知らなかったし、それがかぎ針編みのコトだとも知りませんでした。



器用であるために、それなりに何かしらは作りますが、全て短期間の熱病で「なんとなく出来た」で終わっています。
こんなカンジ。
申年の時に慌てて作ったサル。
テキトーに作ったので、2度と同じものは作れないです。

{5D7AD29F-13CD-4A45-BDD5-6A754FFDD8F9}

だから、こんなに1つのこと(タティングレース)にのめり込むのは生まれて初めてです。
つまり、クロッシェのことはよく分かっていません。



が、なんとなく編み玉は作れました。
タティングにハマる前は、クロッシェって可愛いな〜と思っていて、丸いものが好きなので、試しに作ったことがあったのです。
探し出したモノ。大きいけど。

{1F15FAE9-0E30-41FE-8541-ADC6E466562C}

だから、始めはフワフワの太い毛糸で手順を覚えるのがイイかと思います。
毛糸編みやすいですよ!


Instagram → TATTING_MAIMAI


海東 麻井さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス