□ 30目のリングのコツ(訂正あり) | タティングレースのことばかりになりました。

タティングレースのことばかりになりました。

葉っぱがだいすき^ ^
葉っぱのことばかり書こうと思ったら、タティングレースにハマってしまいました。
そして、たまに「先生」が出てくるけど、私の夫のことです♡
常日頃から「センセ」って呼んでます。
「ダーリン」よりは普通でしょう?(笑)


テーマ:

多分、締めすぎちゃうヒトが多いと思います。
30目のリング。
普段から、一気にリングを締めすぎない癖をつけとくのが1番だと思うんですが。。。



リングを締める時、「最後の目」を押さえて糸を引いてしまうと、どうしても目が寄ってしまいます。
小さなリングのときはいいのでしょうが、大きめなリングだと、いくらでも糸が引けてしまうからです。
リングとして作ったDSでも、チェインと同じDSなので、リングを締めすぎるとチェインよりも目が寄ったDSになってしまいます。



なので、例えば12目のリングを絞るときは、「12目全部」を抑えてから糸を引いて、そのときは「芯糸だけ」を動かして、目を動かさないようにします。


(訂正→)順番として、まずリングの口を閉じてしまうのです。
大きなリングを小さくすることは出来るけれども、小さく締めてしまったリングは大きくできません。
なので、口を閉じた後に、大きさを整えるように締めれば、手前で作ったリングを見ながら調整出来るからです。



チェインをしっかり寄せて結う方ならリングの目を寄せて絞ってもいいし、リングだけで構成されたアクセサリーなどの場合はキツく締めなければ口が開いてしまうので、全てがそうするべきだという意味ではありません。
30目のリングを踏まえて考えた場合、ということです。



で、絞り切る前に手を止めて、「リングの始まりと終わりをしっかり咬ませて、もう一度全体を抑えてから」糸を引く。です。
ココは下の写真で説明します。
その後に、大きさを整える(目を寄せる作業をする)ようにします。






それを30目のリングで解説。

数目結ったらシャトルから糸を繰り出します。
{4572E74B-E426-44BA-BBC0-FBABF56F8CEF}


そのときは最後の目が締まっちゃわないようにしっかり押さえておかないと、DSの頭が小さくなります。
{A53CC546-D660-477E-B20B-D14A5DE18C49}


20〜30センチくらい出しておきます。
最後の目は押さえたまんまです。
{F797FD24-378F-41EA-816A-A49EE0E26F3D}


何故なら、途中で引き出すと、DSが寄っちゃうし、大変だからです。
もちろん、引き出すときは「結った目全部」を押さえて行います。
{1D272401-EFD1-4CCB-9719-75D50E95A166}


先にたくさん引き出しておいて、小指に巻いておきます。5〜6回かな。
ずーっと最後の目は押さえたまま。
{A9F3AB09-331D-41B4-9ED0-CF8C11C4A3C0}


で、30目結ったらチェック。
私の手の癖かもしれないけど、大抵リングの始まりは本体と繋がっているので、引っ張られて少し目の間隔が伸びているかもしれません。
丸のところ。
{E1401474-799B-4E0D-83A8-2F764F427484}



そんなときは、始まりの目を押さえて輪の糸を矢印方向に引きます。芯糸を逆に引いて目を寄せるってことです。
(矢印方向に引いてないけど、カメラ持ってるせいですw)
ちょっとだけですよ?始まりの目と数目がちょっと寄る程度で。
伸びてなかったらやる必要ありません。
丸のところはいじらず、勝手に伸びたり最後の目が締まったりしないように注意。
重みで引っ張られないように、シャトルはテーブルに置いて作業します。
{DA0E0F63-8C94-43AF-8154-0EAFA93E1677}




そして、リングを絞る前に、リングっぽい形にしてDSを押さえます。小さなリングの時と同じように。
でも、大きすぎて全体を抑えられないので、主に印の位置をしっかり抑えます。
何故なら、最後の目のあたりは、リングを締めた後に、さらに糸を引いて目を寄せることができるからです。
{C83168E4-5CC5-465D-A139-A5FFC32495C1}



印のところはしっかり押さえています。
(コレは追記→)ぎゅっと押さえるってことじゃないですよ?
ちょっと引いてみると、矢印の輪の糸がぐねぐねってなるかもしれません。
捻れたりすると糸が弾けなくなるので、指に挟んでしまいます。
{8BF155EA-51C9-4180-89B4-7FCDF82207E2}



こんなかんじです。
くるくるしないように伸ばして、挟んだまま引きます。
やりずらかったら挟む必要はありません。
押さえる位置は急カーブのところを重点的にです。
{F2E8EF0D-520F-46F3-B42B-EA18F5E89601}



全部引き締める前に手を止めます。
コレも小さなリングの時と同じ。
リングの急カーブのところが寄っちゃう可能性が高いのでは?
目が寄ってしまっていたらココで伸ばします。
写真は大丈夫みたいです。
慣れない人は、もう少し手前で手を止めて、チェックしながらじわじわ縮めます。
あくまで動いているのは「芯糸だけ」で、しゆーって、一気に締めないようにします。
{8CCAC5ED-4515-4481-AF00-F306B7246038}


リングの始まりの目と最後の目をくっつけます。
余った輪の糸とシャトルの糸がバッテンになるように咬ませる。。、咬ませるって、通じますか?
ピンクが輪の糸、青い矢印がシャトルの糸で、引く方向です。
{368B21EB-E127-4368-BB7A-F10C6BEF6308}



咬ませたら、もう一度「印の位置」を重点的に(小さなリングのときは全体を)押さえて、リングが締まる方向を守って糸を引きます。
余ってた輪の糸がなくなっていきますー。
ココで素直に引けない人は目がキツイのかも?

(追記)あと、親指でぎゅーと押さえ過ぎて芯糸が動かせないせい。
次の記事で書きましたが、DSは芯糸が通るトンネルだから潰しちゃうと芯糸が引っかかります。

{A4591361-2E28-48DC-9775-573CD49E6A09}


無くなったところ。
コレでリングの口がとじました。
大きさのバランスを整えたかったら、この後に最後の目の辺りを押さえてさらに糸を引きます。
小さなリングの時と同じです。
{5F0A71BF-35C3-4740-B03D-BEA68FFD8C4B}


私は、リングの最後の目を潰すのが好きじゃないので、あんまり締めません。
それは、最後の目の1つ手前に小さなピコを作って、隣のリングとピコ繋ぎすることが多いからです。
あんまり締めるとピコがいなくなっちゃうし、リングが丸っこくなっちゃうから。
{FE3F795C-B97C-4E7C-BFE4-1D655C537B2F}

好みの問題ですが、私はリングを綺麗なしずく型に作りたいタイプです。
あと、ドイリーばかりだからぎゅうぎゅう締めない方がカワイイので。
だから、小花を作ると中心の穴がキチンと四角になります。
穴を小さくしたい人はぎゅーとした方が縮まります。


ではでは。


Instagram → TATTING_MAIMAI


海東 麻井さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス