こんばんは、MAIRAです♪




ご訪問ありがとうございます❤︎
連日たくさんの方が
私のブログを見てくださって
いいねやコメントも
いつもたくさん頂いて本当に嬉しいです(*≧∀≦)

ありがとうございますm(_ _)m




少しでも娘ちゃんや私のアレンジ、
ヘアスタイルが
誰かの参考になれば
なお、嬉しいですヾ(●´∇`●)ノ





昨日、福島からの帰り
新幹線から普通の電車に乗り換えたんですけど
まー、時間も遅かったので
満員電車だったんですね、、、




で、私が乗ったのは
最後だったので
ドアの上の所に手をかけて
乗ったんですけど
ドアが閉まった瞬間
思いっきりひじを挟まれました(笑)‎( ꒪⌓꒪)





しかも、かなりの勢いで閉まったので
めちゃくちゃ痛くて
悶えそうになりましたが
人も沢山いたので我慢しましたよね( ̄▽ ̄;)





今日朝起きたら
アザが出来てましたよ、、、‎( ꒪⌓꒪)





満員電車には気をつけよう。。。






さて、今回のアレンジは
大好きな3pull through braidを使ったアレンジで
これからの季節
浴衣などにも使えるアレンジです(´▽`*)



時期が時期なので
浴衣に合うアレンジや
七夕で使えるアレンジのリクエストを
沢山頂きます(*ˊ˘ˋ*)♪

今回のアレンジ、
ぜひお試しくだされ(*≧∀≦)





『プルスルーブレイドを使ったまとめ髪♡』
仕上がりは
{319FFF44-083C-442A-9592-C8C166D43C5F}

こんな感じ♡

横から見ると
{7470288F-61C2-45E4-93AA-462648D3B22A}

ですっ♪





では、作り方☆
まず、トップ(前から耳くらいの幅)を
編み込みにします。
{C69E26F9-66B8-4495-AD33-363A817AF5DC}




これ、逆側から編んでるんですが
編む時にしっかり
編む方向へ髪の毛を持ってくると
やりやすくなりますよ。
{6C76BA89-3949-4B87-9270-1FE1FDAE0566}







はい、では
編み込みが終わった所を縛って
そこから3プルスルーブレイドを
下に作っていきます。

3プルスルーブレイドの詳しい作り方は
にも載せてます(*ˊ˘ˋ*)♪


編み込みを縛った所の横の毛を取って
下の方に縛ります
{6A2C3CEF-FD14-45CD-8CF8-25BAFD793E2F}






そしたら、編み込みを縛った毛束を
3つにわけて真ん中の毛束以外は
どこかにダッカールなどでとめておいてください。

次にとなりの毛束を2つにわけて
残しておいた真ん中の毛束を挟みます。
{5BABAB0C-FC74-49AA-9772-C1F5FE93D9C0}


こんな感じで
詳しい作り方は先ほどの
↑の記事を参照してください(笑)

縛ってく位置は
下の方です♪




縛る毛がなくなって
1個か2個くらい
プルスルーブレイドを作ったら
ボリュームを出して、
そこから三つ編みにします
{57FD9363-2BF1-4805-8CB1-DAB1DF175CCE}






毛先まで三つ編みにして結んだら
これを最初に編んだ編み込みの所に
持っていき、ピンで固定します。
{F15693E0-37E4-43E4-9199-6C023419F9B5}






これで完成~ヾ(●´∇`●)ノ
{5466B68F-0388-4C71-A9D8-87F321031457}

とっても可愛い❤︎
編み始めの
細い編み込みも
三つ編みで隠れるので
横からの見た目も
{D91C9279-3C10-4A99-B99A-3B14D4F80124}

このように綺麗になります(*≧∀≦)




逆側~
{6FE1186F-60FB-4620-8C5E-9F099CEA502E}




では、今までの
プルスルーブレイドを使ったアレンジも
置いておきます(笑)




縛るだけのアレンジは
とても簡単ですが
私としてはやっぱり
3プルスルーブレイドの方が
立体感もあって、かなり好きです❤︎




ぜひ、お試しください(^-^)/




☆今後の予告です(新しい試み(笑))☆

もうすぐ七夕なので七夕ヘア♡
もう、考えてあるので
やるのが楽しみ(*≧∀≦)

これからの時期に使える
浴衣にも合うアレンジ(アップスタイルなど)も
もっとやっていきます♡

娘ちゃんが3歳の時にやった
七五三ヘアの再現(笑)
当時の写真とともに載せますね♪


これらのアレンジは
学校向けじゃないものが多いので
お休みの日にやろうと思います(*≧∀≦)





では、また次回お会いしましょう♪



キッズヘアスタイル・アレンジランキングへ