未来の自分が今を経験させる

テーマ:





とある記事を読んで、納得したことがあった




その記事の最後の方に


経験が未来をつくってるんじゃなくて、


未来が今の経験させてるってこと。



っていうフレーズ




その記事はこちら



あとこの記事も納得!



よく小学生のころ、サイン帳がブームだったころ、好きなことを書く欄が必ずあったけど


私は


絵を書くこと!

本を読むこと!

一輪車に乗ること!


って書いてた



一輪車は今でも乗れるだろうし、乗りたいなー!




絵を書くことが好きだけど、上手に書けなくて、悔しかったけど、





上手なお友達に、リクエストして書いてもらって、




それをひたすらマネしてうまくなりたい!って思って書いてた







確か、小学生や中学生のとき、文集の表紙のデザインなどを私が提案し、




いくつか採用されたこともあった。




版画で賞とったり、美術の写生の時間(風景画)のときは、


草むらに座って、個々に風景画を描くのが最高に幸せで、




この授業はずっと続いたらいいのに♡


とまで思ってた






高校のクラスTシャツとかもそうだった



胸元に


ってデザインを提案して、採用された。



なんでもその分野を極めようぜっ!って意味で、きわみTって呼んでた



クラスのみんながそのTシャツを着てて、嬉しかったんだ♡








そうやって、絵を描いたり、何かをデザインしたりするのが好きだったんだ♡







そんなこんなで、大人なっていくにつれ、絵を描くことはなくなっていった。






そして、先日の出来事。





最近出会った、とある女性社長さんに(今は言えないけどすごい会社の社長)





ヘッドドレスのアイディアがどのくらいあるのか見たいわ



デッサンして見せてね♡






なんて素敵なことを言っていただき、デッサンする機会がいきなりやってきた





これが、昔苦手なことだったり、嫌いなことだったら…






がーん😱 やりたくない…



って思ったはずだけど、





小さい頃の感覚を思いだそう


という気持ちになった



きっと未来の私がわかっていて、そのころから絵を描く準備をしていたのかもと、




府に落ちた。





いいことも、悪いことも、未来の自分が今の自分にさせてる経験だとしたら…





嫌なことがあっても、苦しい気持ちが減るかも




小さいころ、何が好きで、何がやりたかったかな?





何も躊躇せず

女優になりたかったら、女優ごっこして女優になりきってたし、



お店開きたかったら、お店やさんごっこで、お店の店長して、販売のまねしたりしてたのを思い出し、






未来の自分からのギフトを受け取ろう♡