子供の世界でも、大人と同様に人間関係のトラブルは尽きないようですね。

知人の娘さんの話ですが、最近、友達のA子ちゃんの事で泣きながら学校から帰ってくることが何度もあったのだとか。

聞けばA子ちゃんは娘さんと一緒に遊びたがるらしいのですが、自分がしたい遊びは必ず娘さんも一緒にしなければならないのだそうです。

例えばA子ちゃんが鬼ごっこをしたいとき、娘さんがしたくないと断わっても、「どうして?一緒にやろうよ。」と何度も誘ってきてやると言うまで諦めてくれないのだとか。

A子ちゃんとは違う他の友達と娘さんが遊ぼうとすることを嫌がり、束縛してきたり、思い通りにならないと「娘ちゃんより〇〇ちゃんの方が可愛いわ」などと怒って言ってきたりするのだとか。

楽しく遊んでいる時もあるらしいんですが、度が過ぎたワガママや束縛にはまいっている様子。

知人が「今は疲れてるからやりたくないとか、他の友達とも仲良く遊びたいとか自分の意思をちゃんと相手に伝えなさい」と言えば

「言ってるよ!でも、“どうして?”とか“そんなこと言わずに一緒に遊ぼうよ”って、一緒に遊ぶまでずっと言われ続けるんだもん!」と根負けしてしまう娘さん。

挙げ句の果てに「どうしてそんな事言うの?他人の気持ちを考えたら?」とA子ちゃんが娘さんに言ってくるのだとか。

吉本新喜劇だったら、全員ズッコケて「お前が言うんかいっ!」と突っ込むところです(笑)

その言葉はA子ちゃん自身が自分に当てはめられるようにならないと、なんですが。

といってもまだ幼く、自分の欲求を抑えられないというのもわからなくないし、そんな友達に対して娘さんが上手く対応できないという事もよくわかります。

こういった友達とのトラブルや喧嘩といった経験を経て、人の痛みを知り関わり方を覚え、成長していくものだと自分の子どもを見ていても思います。

この件について、学校生活の中でのこともあるし、うまく解決できないものかと担任の先生に相談してみたのだそうです。

すると、他の友達とも色々とあったようで、家庭訪問で先生からA子ちゃんとお母さんに友人付き合いについて話をしてくれたのだそうです。

その結果「A子ちゃんは、私は娘さんと遊びたいだけだと言いはって、A子ちゃんのお母さんからは、A子には悪気はないから何をどう言っても通じないと言われました」と撃沈した先生。

悪気はないからって友達を困らせたり傷つけたりしていい訳はなく、それをわかるように子どもに諭していくのが親の役目だと思うんですけどね。

先生の方は、学校生活で様子を見て積極的に関わってくれるとの返答だったそうですが、なんだかモヤモヤするお話でした。

悪気のない言動には、大人になっても悩まされる事は多々あります。

悪気がないからこそかえって厄介なものもありますし、何か事が起こった時に悪気はなかったでは済まされないことだってあります。

「私に悪気はありませんでした」で反省もせずでは、私は悪くないと言っているようなものです。

相手がどうかより自分がどう思ってるかの方を優先するのではなく、本当に自分の行為がそれで良かったのかを振り返ることが大事です。

「相手の気持ちを考える」とはよく使われる言葉ですが、普通は自分がされたらどうかを考えるということになります。

そして自分がされて嫌なことは人にしない、これを守るだけでも人間関係のトラブルはある程度防げるはずです。

でも、本当に相手の気持ちを理解するのは「考える」では到底足りないという事をRAUSの講座の感情の体感で学びました。

自分だったらこうだろう、という考えは相手に当てはまらない事もあります。

自分にとっては嬉しいことでも相手にとってはそうじゃない場合、〇〇してあげて、きっと喜んでるだろうという考えは単なる自己満足としか言えません。

エゴの世界に浸らないためにも、相手はどんな感情なのかを体感し、会話確認していくことが必要です。

感情の体感を重ねていくと、目に見えるものと実際の体感とは違う場合が多々あります。

例えば、充実した毎日を送っているように見える人でも感情を体感すると満たされない虚しさを抱えていたり、余裕しゃくしゃくに見える人が感情の体感では追い詰められていたりするもので、そうやって体感で感じたものを会話確認でより確実なものにしていくのです。

体感は知れば知るほど奥が深く、なるほど!そういうことか!と目から鱗が落ちるような経験があります。

RAUSに興味をお持ちの方は、はやさかみよこ先生のホームページからお問い合わせください↓


自身の波動を整えたい、負のアクセスをシャットアウトしたいなど癒しと浄化のアイテムのお求めはこちらから↓


ご訪問ありがとうございます

クリックでランキングにご協力ください