GOOD VIBRATION Mr.Kohsetsu in 武道館/南こうせつ♪ | ♪心の中の風景♪

♪心の中の風景♪

-音楽野郎の勝手気ままなつぶやきです-

 

【収録曲】

 

<DISC 1>

 

01.朝が来るまで

02.昨日にさようなら

03.来年も来るよ

04.九州へ帰る友へ

05.たぬき囃子

06.さよならの街

07.妹

08.ひとりきり

09.思い出にしてしまえるさ

10.私の詩

 

<DISC 2>

 

01.ヘイ・ジプシー誘っとくれ

02.何処にも行かない

03.ねがい

04.今日は雨

05.うちのお父さん (夏の思い出)

06.いつもふたり

07.朝が来るまで

08.幼い日に

09.グッド・ナイト・マイ・ベイビー

 

試聴ページ

 

 

昨夜は最近出来たばかりの店舗に行って来ました。

まだオープンセールというものをやっていて、

安く買えるものもあったんですけどね。

クスリのアオキっていうチェーン店だったりするんですが、

今までこの辺にはなかったものでした。

出来立てのホヤホヤって感じで、

店内はすごくきれいなところでしたねぇ。

何でも新しい時はいいもんですよね。(笑)

 

そんなわけで今日は親父の誕生日なんです。

79歳になったんですが、

最近は認知症というのかたまにボケる時があって、

親父に「もう79歳なんやで?」と言うと、

「えーーっ!」とマジでびっくりするんですよね。(笑)

自分の年齢もわからなくなっているんですね。

でも生年月日だけはちゃんと言えるのです。(*≧m≦*)プププw

 

このアルバムは1976年7月10日に発売されたライヴ盤です。
初めてのソロ・ライヴ盤ってことで、
意外と知られてないかもしれないところで日本人アーティストとして、
初めて武道館でコンサートを開いた時のものだったりするんですよねぇ。
今でこそ、武道館でコンサートをやるっていうのは、
ちょっと売れたアーティストなら誰でもやってるって感じもあるんですが、
当時やその頃の時代というのは、
武道館でコンサートが出来るっていうのは
夢のまた夢だったりしたんですよねぇ。
そんな快挙的なことは南こうせつさんという人は
やり遂げたスゴイ人物だったのです。(笑)
ボク自身、南こうせつさんのソロ活動を知って、
ファースト・アルバムやセカンド・アルバムよりも先に、
このライヴ盤を聴いたわけなんですよねぇ。
ホントにスゴイというのか、
当時の印象としてはとてもインパクトのある名盤になっていました。

 

とくに印象に残っている曲が「何処にも行かない」というものなんですが、
これはボクがまだ中学生の頃に高校生のおにいちゃんたちが演奏していたのを観て、
一体誰の曲なんだろうかとずっと疑問に思っていた曲だったりします。
のちのちに大好きな南こうせつさんの曲だったことを知って、
すぐさまこのアルバムを聴き入った記憶があります。
誰かに借りたのかどうだったかは忘れましたが、
とにかく「何処にも行かない」に酔いしれた頃がありましたねぇ。
青春という時代でした。(笑)
そしてアルバム全体的にも、
ものすごく盛り上がっていたコンサートだったことを知り、
益々南こうせつさんの偉大さと凄さを知ったという感じだったでしょうか。

 

この頃にもよく言われていた伝説が、
「神田川」を封印していたことでした。
かぐや姫のヒット曲でもあった「神田川」という曲が、
こうせつさん自身にとてつもないプレッシャーを与えていて、
もう歌わないと誓っていた頃だったんですねぇ~。
それから時が経ち、
今はそんな風に思わなくなったことから
「神田川」も堂々と歌っているんですが、
若かりし頃はものすごく大きな重圧ってものがあったんでしょうね♪