円終焉 (後編) | 迷子のresistance

迷子のresistance

やれそな事からやってみましょ


テーマ:

 

EU離脱を受けて、イギリス及びポンドの信頼を、

世界的に失墜させていこうとする思惑が働く中、

 

彼らが次の標的にしたのは、もちろん

 

「円」である。

 

 

************************

 

三菱東京UFJ銀行は外国人に乗っ取られている?

日本の通貨が危ない?Dr苫米地英人が裏側を解説!

 

 

 

 

(一部抜粋)

 

 

 

前回、三菱東京UFJ銀行は国債入札資格を返上し、財務省にNOを突きつけた。

これは前代未聞の出来事であるのだが、

 

さらに今回は、日本政府の通貨発行権を犯すという

歴史上初めての出来事であり、世界的なビッグニュースである。

 

 

「仮想通貨」と言うが、これは紛れもない「通貨」である。

 

ということは、「円」以外の通貨の発行が、初めて日本で認められるという事。

 

 

 

 

 

来年の秋以降は、三菱東京UFJ銀行などの

”外資系”メガバンクが、日本の中央銀行になる。

 

というのは、三菱東京UFJ銀行の株主の25%は

ロックフェラー系のファンドで占められているからである。

 

 

日本の銀行は既に、20%~25%が外国株主である。

 

 

つまり、日本のメガバンク、「三井住友」、「みずほ」も外資企業であり、

来秋以降、それぞれが仮想通貨を発行する。

 

 

つまり、日本では4つの通貨が乱立することとなる。

 

①日本銀行 「円」

②三菱通貨 「MUFGコイン」

③三井住友通貨  「?」

④みずほ通貨  「?」

 

 

そして、日本は「円」以外の仮想通貨圏に移行していく。

(実態は、JPモルガン通貨・ロックフェラー通貨である)

 

 

これが、来年の秋から始まる。

 

日本で初めて「円」以外の通貨を流通させるにも関わらず、

現在、政府は何も文句を言っていない。

 

 

 

 

実は、中国とロシアは、仮想通貨に関しては国がホストすることにしている。

で、アメリカはJPモルガンがホストしている。

 

ただ、アメリカに関してはJPモルガンが国のようなものである。

FRBの株主であったりするので、

 

 

そして日本政府はというと、

 

「政府はこの件には手を出さない」と決めたようで、

彼ら、外資系がやることになったという事である。

 

 

(抜粋終了)

 

 

 

 

******************

 

関連動画 ①

 

苫米地英人博士がノーベル賞級の経済政策を発表!すごすぎる!  

 

 

 

---------

 

関連動画 ②

 

【苫米地英人】銀行は発行済み国債を日銀に売買して

毎月6兆円儲けている?マイナス金利は存在しない?

 

 

 

 

**************

 

 

みなさん、どう思いますか?

 

日本という「国」と

「円」という通貨の信頼が失墜しかねない問題だと思います。

 

今後、日本は、世界はどう動いて行くのでしょうか?

 

 

さっぱり分かりません。

 

 

 

では、またいつか!

週末革命家 daydreamerさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス