激動の時代の幕開け! なの、、、か!? | 迷子のresistance

迷子のresistance

やれそな事からやってみましょ


テーマ:
どうも、こんばんは。

2016年になり、早くも10日が過ぎましたが、
激動の1年を想定させる、波乱の幕開けとなりました。


・サウジアラビアとイランの国交断絶
・北朝鮮による水爆実験の成功報道

・人民元の止まらない下落
・上海株の急落

・制御不能の原油安

そして、再び訪れた世界同時株安への様相。


年明け後の下落率

日経平均 6.7%
ダウ平均 5.23%

上海総合 11.7%

英ロンドンFT100種 4.62%
独フランクフルトDAX指数 7.10%


-------------

こういった事が重なると、
「世界の動向は「世界会議」によって決められている」


と、勘ぐってしまいますね。


陰謀論で言うと「ビルダーバーグ会議」
ワンピースで言うと「レヴェリー」

そして、エヴァで言うところの「ゼーレ」






さて、今日は2つの記事を紹介します。

まずはコレ、

追い込まれるプーチン、習近平 
今年の世界情勢、鍵は米金利と石油


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160110-00000520-san-bus_all


非常に説得力があります。



(転載開始)



2016年、世界の政治経済情勢を左右する鍵は、
米金利と石油価格だとみる。


米FRBによる市場の利上げ期待は
原油価格をさらに押し下げ、
エネルギー収入が政府予算の5割近くを占めるロシアを苦しめる。

中国の対外膨張を担う国有企業は
人民元安で債務負担増と株暴落の泥沼に沈む。





グラフはFRBのドル資金発行残高
原油相場と中国最大の国有石油資本
「ペトロチャイナ」の株価の変動を重ね合わせている。

FRBは08年9月のリーマンショックのあと
3度にわたって資金を大量増発する量的緩和(QE)を実施し、
14年10月に打ち切った。

QEと原油相場は見事に連動している。

QEの終了観測が出始めた14年半ばから
余剰ドルは市場から引き揚げ、原油価格は下落し始めた。

利上げの動きの表面化とともに下落傾向は加速している。 


--------------

ロシア経済は旧ソ連時代の
エネルギー依存体質を受け継いだ。


1980年代、当時の米レーガン政権は
高金利によって石油相場を押し下げた。

資金難のモスクワは
ワシントンが仕掛ける軍拡に対抗できなくなった。

結末が91年のソ連崩壊である。


 ロシア帝国復興をもくろむプーチン政権に対し、
ワシントンはレーガン時代の戦略を参考にしているかのようだ。

FRB首脳陣は、2015年12月中旬に
景気への衝撃を憂慮する内外の根強い慎重論を押し切って
利上げに踏み切ったが、今年も段階的に追加利上げする姿勢だ。

利上げの数日後には米議会が
米国産石油輸出解禁に踏み切り、
石油市場急落に弾みをつけた。



-------------

ワシントンに振り回されるプーチン政権としては、
エネルギー市場の支配権を確保したい。


14年3月のクリミア編入、
15年9月のシリアへの軍事介入には
石油や天然ガスのパイプライン戦略がからんでいる。


ロシア産天然ガスの大半は
親米のウクライナを経由して欧州に供給されている。

パイプライン・ルートのクリミア半島は
ロシアにとって地政学的要衝である。


 シリアはイラクやイランなど
中東の欧州向け石油パイプライン計画の中心である。

シリア政権が親米欧派に代わって
パイプライン計画を実現すれば、
欧州はロシアへのエネルギー依存度を大きく下げられる。

ロシアが反米のアサド政権を見放すはずがない。


------------

ペトロチャイナは国有エネルギー企業の中核として、

石油相場が上昇を続けているとき、イランなど中近東、
ベネズエラなど中南米、スーダン、ナイジェリアなど
アフリカの産油国への進出を担ってきた。

FRBのQEが終了とともに、原油相場が落ち込むと、
海外プロジェクトの多くは巨大損失しか生まなくなり、
相次いで撤収に追い込まれている。


ワシントンはFRBの政策転換によって、
反米産油国に浸透する北京の戦略を頓挫させつつある。


---------------

ロシアと中国は今後、結束を強めるだろうか。

1月中旬に初の総会が開かれる
アジアインフラ投資銀行(AIIB)は
中露間の石油・ガスのパイプライン建設資金提供の母体となるが、
ドルが立ちはだかる。

AIIBには世界最大の資金の出し手である日本と
ドル金融の本家米国が加盟していない。


このため、AIIBが外貨調達のために発行する債券は
米格付け機関から格付けを得られていない。

得られたとしても、信用度は低く、金利が高くなる。
米利上げも足かせになる。


---------------

AIIBは人民元建ての資金を活用するしかない。

元は16年10月から国際通貨基金(IMF)・
特別引き出し権(SDR)構成通貨入りする予定だが、
元や株式の相場は暴落不安がつきまとうし、金融市場は閉鎖的だ。

貴重なエネルギー資源の代金を
使い勝手が悪い通貨で受け取るのはばかげている。


プーチン大統領としても元建ての取引には慎重になるだろう。


ワシントンの金融政策によって追い込まれるプーチン政権は
ウクライナ、中東でこれまで以上に武力にものを言わせようとするのか。

習政権は米利上げというデフレ圧力によって
膨れ上がる巨大企業債務の重圧の中で、
破れかぶれのダンピング輸出攻勢をかけるのか。

あるいは、対米協調に転じて
ワシントンの警戒を解こうとするのだろうか。

(産経新聞 編集委員・田村秀男)



(転載終了)



では、コメントをピックアップ

・米金利アップもシェールガスも政治的なものなのね

・戦争好きな米国にとって
 今年、開戦しそうな感じですね!

・持久戦でロシア中国が潰れるか、
 ぶちきれて宣戦布告するかの二択か。

 日本が昔やられたやつね



*******************

次の記事はコチラ

空対地ミサイル、キューバに
=過去最悪の機密技術流出か―米紙


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000054-jij-n_ame


(転載開始)


【ニューヨーク時事】

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは7日、
消息筋の話として、2014年に米国から
訓練用として欧州に送られた空対地ミサイル「ヘルファイア」が、
何らかの原因でキューバに到着していたと報じた。
 
 爆薬は装填(そうてん)されていなかったが、
米当局者は、キューバがセンサーや標的技術を
中国や北朝鮮、ロシアに流出させた可能性を懸念。


軍事機密技術の流出としては、
過去最悪のケースの一つに位置付けられるという。

 ヘルファイアはヘリコプターから発射されることが多いが、
近年は無人機に搭載し、対テロ戦で多用されている。 



(転載終了)



コメントをピックアップ

・誰かが、意図的に誤送している。

・欧州行きのはずがキューバに着いちゃうなんて事が起こる!?
 どーしたらそんな誤配起こるの…

・わざとでしょう?
 米国は自作自演が上手いものね。

・キューバ危機2016



***************

(おまけ1)

【予言】サラザール牧師

「来月、中国が日本へ攻撃をする。5月には小惑星が衝突し、
 イエローストーンを含む世界中の火山が大噴火する。
 世界大戦も始まり、激動の時代を迎える。」

http://jishin-yogen.com/blog-entry-7909.html


(一部抜粋)



■サラザール牧師による預言とは?

●2015年末もしくは2016年前半、ヨーロッパは
 押し寄せる難民に対して国境を封鎖する。
 
●2016年2月、中國が日本を攻撃する。

●ロシアが小惑星の存在を発表する前に、
 すでに空では小惑星が毎夜大きさを増し、
 目に見えるまでになるだろう。

●2016年5月15日から17日のいずれかの、
 現地時間午前2時20分、プエルトリコ沖合に
 約9キロメートルの大きさの小惑星が衝突する。  

 これにより世界中に地震と津波が起こり、
 まず初めに12億人が死亡する。

●小惑星衝突のすぐ後に、米国の
 イエローストーンを含む世界中の火山が爆発。
 
 その灰は太陽を遮り、その後1年間氷河期が訪れ、
 カリフォルニアではかなり広い地域が消え去る。


●2016年6月16日、第三次世界大戦が勃発する。
 中国とロシアが、弱体化した米国を攻撃する。

●2016年10月25日、ロシアと中国が
 第三次世界大戦で勝利を収める。


●2017年3月、中国人民元が新しく国際的な基軸通貨となる。

●2018年末もしくは2019年初頭、ロシアがイスラエルを攻撃。

●2020年、キリスト教の敵が地球に降り立ち我々を支配する。
●2023年、キリストの再臨により救済がなされる。


(抜粋終了)



ここまでの出来事が起こるわけがありませんが、
今年は何だか きな臭い感じがしますね。


しかし、激動の時代が訪れようとも、
一つだけの不変のことがあります。


それは・・

今から150年後の地球には、
私もあなたもいないってこと(笑)。

みんな死んでいます。


私たちみんなが忘れていることは、

毎日毎日、一秒一秒、
死が近づいているということ。

何も持たずに生まれ、何かを残して逝く。


最後のその瞬間、
笑顔で感謝に包まれながら、逝く。


その為には、そうだな・・

例えば、明日、
お昼ゴハンを食べようとした瞬間に
徐々に心臓が止まるとします。


その時に、きっと私たちは

「アレ やっとけば良かった!!」とか、
「やっぱり、カレーにしとけば良かった」とか、

思うはずです。きっとね。


だから、生きてる今のうちに、
アレ やっとけば良かった!!リストを作って、

休日に一つずつチャレンジしていく。


リストをある程度 消化してたなら、
地球最後のその瞬間も、
悔いなく笑って 逝けるのではないでしょうか?


明日生きてる保証は、誰にもありません。

今、生きる私たちに保証されてるのは、
やがて訪れる「確実なる死」だけ。


本当にやりたい事だけをやって、
本当に好きな人とだけ、一緒の時間を過ごし、

本当に大切な何かを残して、逝く。



あなたが、本当にやりたいことは何ですか??

私が本当にやりたいこと・・

それは・・キラキラ!?



それでは、今日はこの辺で!!






**************



(おまけ2)

理論的におっ◯いを触る方法







週末革命家 daydreamerさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス