迷子のresistance

やれそな事からやってみましょ


テーマ:
『私が残念なのは一般市民には
銀行がお金を創ることができるのを
知らされていないことである。

そして国家のクレジットを管理する彼らが
政府の政策を指揮し
人々の運命を奴隷のように握っていることを』


-レジナルド・マッケンナ
元英国ミッドランド銀行会長-

****************************


前回までのおさらい


2011年には、
ロスチャイルド支配の中央銀行が存在しない国は、
キューバ、北朝鮮、イランだけ・・・



現在の「金融奴隷制度」から私たちを解放してくれると
期待を寄せていたBRICSもロスチャイルドの支配下、

そして、ロスチャイルドによる世界支配、
NWO完遂3秒前・・

そんな絶望的な状況の中、
世界には通貨発行権を取り戻した国がありました

ハンガリーとアイスランドです


********************************


別の可能性 ハンガリー、アイスランドに続け

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1261.html




主流メディアは報道しないが、
既に、アイスランドで無血革命が進行している!


アイスランドが2008年にデフォルトし、
その際、借金を踏み倒したこと、
そしてその後、わずか4年で
国債の格付けを投資適格まで引き上げに成功

― 内閣総辞職
― 中央銀行国有化
― 経済に関する決定を、国民投票で
― 責任者たちを投獄
― 国民による憲法改正


何故、(奴らに支配された)
主流メディアが報道しないかというと

もちろん、今、危ないギリシャや
アイルランド、ポルトガル、スペインに、
真似されると困るからですよね。


でも、、、、、真似すると思いますよ。笑) 

元々、国際金融ギャング団が、
違法に、国家を罠にはめて、
国の資産を乗っ取るために背負わせた借金なのですから。


アイスランドの無血革命、
時系列で要約すると、以下の如くなるようです。


--------------------------

2008年
中央銀行を国有化。

貨幣クローナが無価値になり、株式市場は停止。国家は破産した。





2009年
国会前で、国民が抗議行動。

内閣総辞職で、総選挙。ひどい経済状況。

この時、提案されていたのは、国家の負債として、
35億ユーロをイギリスとオランダに、
月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことであった。


---------------

2010年
国民が抗議デモで、国民投票を要求。

2010年1月、大統領は、提案を拒否し、国民集会を宣言した。

3月、国民投票により、支払い拒否が93%で可決。

この間、政府は、
この危機を招いた責任者たちに対する捜査を行い、
多くの企業役員や銀行家が逮捕された。

インターポールが、
犯罪に関与したグループに、国外退去を命じた。

この危機を通じて、
憲法改正を行うための国民議会が選出された。

522人の立候補者から、
無所属の25人の市民が選ばれた。

候補者の資格は、成人で、30人のサポートを得ていること。





25人の市民は、新憲法の草稿を、国会に提出した。

この普通の住民からなる25人は、
オンラインで、何百人もの他の住民の助けを借りて、その書類をまとめた。

2011年
2月から、憲法集会がスタートした。

全国の多様な集会が推薦するマグナカルタを提示。

これは、現在の国会と
次の正式選挙を通じて承認されなければならない。


-------------------------

2012年
6月30日に提案されていた国民投票は、
国会により延期され、次の日程はまだ決まっていない。


さらに、驚きのニュースです。
アイスランドは、国民に対して、住宅ローンを免除したそうです!


*****************************


普通の国民が立ち上がり、国を動かし、
ロスチャイルドの金融支配から脱却


さて、そもそも
現在の金融制度の何が問題なのでしょうか?

それは12歳の少女が教えてくれます


*****************************

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演




カナダがどうして、
借金まみれになっているのか
不思議に思ったことはありますか?

政府がカナダ人に多くの税金
払わせることに不思議に思ったことはありますか?

最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、
残りの私達がそうではないことを
不思議に思ったことはありますか?

国全体の借金が8000億ドル(80兆円)以上も
あることに不思議に思ったことはありますか?

あるいは、なぜ、私達は一日当たり
1.6億ドルの利息(160億円)
を国の借金の金利として支払うのでしょう?

これは年間600億ドル(6兆円)です!
誰がこの600億ドルを受け取るのだろうと、
不思議に思ったことはありますか?


私が見つけたことは、銀行と政府が共謀して、
財政的にカナダの人々を奴隷にしているということです。

私がとりあげる三つの重要な点は
皆さんの関心を十分に集めて、

皆さんがご自身で調査を進めて、
政府がカナダの人々に対して行う
犯罪行為を止めることにたずさわって下さると希望します。


-------------------------

まず最初にカナダ銀行について簡単に検証します。

二つ目に今日の銀行が
どのように機能しているかを見てみます。

最後に政府に実行を請願することができる
実行可能な解決策を提供します。


--------------------------

①カナダ銀行 (中央銀行)

カナダの歴史において、ほとんど知られていない
Gerald Grattan McGeerという人物がいます。

彼は法律家で、国会議員、バンクーバー市長を務めました。
 
彼のカナダに対する貢献は
私達の歴史にとってもっとも偉大な一つです。

彼はカナダのお金の創造と管理を
唯一行うカナダ銀行の設立を擁護しました。

1934年7月3日の設立され、
すべてのカナダ人によって所有されていました。


カナダ銀行のおかげで、1970年代まで、
政府が現在私達が持っている
銀行制度を導入することを決定するまで、
カナダの借金は常に管理可能なレベルに抑えられていました。

現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。

ではどのように略奪をしているのでしょうか?


--------------------


②今日の銀行制度はどうなっているか?


今日、民間銀行と政府が
どのように機能しているかを説明させてください。

まず最初に、
カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。

民間銀行は借金として
複利の利子付きでカナダに貸すのです。

それから政府は驚異的に増大する
財政赤字への利息の支払いのために、
カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。

その結果はインフレーションで、
カナダ人にとって私達の経済へ費やす本当のお金が減少し、
本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。


--------------------------

同様に政府は、貸付金の形で
存在していないお金を貸し出す能力を銀行に与えました。


銀行があなたに住宅ローンを提供するとき、
文字通り「死の誓約」、貸付という意味で、
銀行はあなたにお金を渡すわけではないのです。

彼らはコンピューターのキーをクリックして、
空気から、偽のお金を作り出すのです。

実際には彼らの金庫にはないのです。

現在、銀行は40億ドルの預金しか持っていませんが、
1.5兆ドル貸し付けているのです。
(預金額の375倍
パソ画面の中にしか存在しないお金を貸し付けている)

Graham Towersさんを引用します。
「毎回必ず、銀行が貸付を行うたびに、
新しく預金されたお金として新しい信用が作り出される。

大まかに言えば、
銀行からのすべての新しいお金は貸付という形態である。

貸付とは借金のことだから、
現在の制度では、すべてのお金は借金である。」

(MONEY as debt)


-----------------------

私は興味を持ったことに、
マタイの福音書21章があります。

キリストですら、寺院から両替商を追い払ったのです。

なぜなら、彼らは通貨を操作していて、
人々からお金を盗んでいたからです。

 
民間銀行はマタイの福音書21章の
両替商のようなものです。

彼らはカナダの人々のお金、
そして自由を横領し、略奪しているのです。


彼らを止める必要があります。


----------------------

③銀行制度はどのように機能するべきか?

悪名高いインタビューで
McGeer氏は Towers氏に尋ねました。

「なぜ、政府はお金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ
政府は自分でお金を創造できるのに
民間から利息付で借金をして、
国を倒産寸前まで追い込んだのですか?」


Towers氏は答えました。
「もし、議会が銀行制度の
運営形態の変更を望むのであれば、
それは明らかに政府の権限内で可能なことです」

言い換えれば、
もしカナダ政府が国家のために、
お金を必要とするのであれば、
彼らは直接カナダ銀行(中央銀行)から
借りることができるのです。

(国家がわざわざ、
民間銀行から利子つきの借金をする必要はない)


それから市民は
公平に税金をカナダ銀行に返金するのです。

この税金のお金は
私達の経済インフラへの投入として戻され、
最終的には借金はなくなります。

経済構造が借金によるお金ではなく、
本物のお金が基本になるので、
カナダ市民は再び繁栄するでしょう。


ロイヤル銀行のような民間銀行によって
所有されている借金についてですが、
私達がカナダ銀行(中央銀行)に
借金分のお金を印刷させて、彼らに渡します。

その後、カナダ銀行の借金を返済するのです。
そうです。私達は法的権利としてそうすることができます。


----------------------

結論として、
私達は銀行制度と共謀した政府によって、
横領され、略奪され続けていることは
12歳カナダ人の私ですら、
痛ましいほど明らかなことです。


この犯罪を止めるには
私達は何をすべきでしょうか?

次の世代が銀行家により奴隷にされる
借金ベースの経済から
自由で開放されるために何をすべきでしょうか?


Margaret Mead氏の引用です。
みなさんにこれを思い出してほしいのです。

「小さなグループの人々が
世界を変えることができるということを
決して疑わないでください。
実際に、いままで常にそうだったのです。」

有難うございました


********************


まとめと加筆

①通貨発行権を国家が保持していた時は、
「借金は常に管理可能なレベルに抑えられていた」

②通貨発行権を民間銀行に奪われてからは、
国家がわざわざ、民間銀行から利子つきの借金をしてきた

③銀行は貸し付ければ、貸し付けただけ儲かるので、
預金額の375倍もの金額を無から創造し、
国に利子つきで貸し付けた

④結果、国は借金の利息として、
年間6兆円を民間銀行に支払ってきた
(国が通貨発行権を持っていれば、不要な支出)

⑤その為、国家の財政赤字は驚異的に増大し、
そのツケは、国民が大増税により支払わされる

⑥国は、通貨発行権を取り戻そうと思えば、
明日にだって可能だがそれは敢えてしない

⑦通貨発行権を国家が取り戻してしまうと、
国は天文学的な額の借金を背負えなくなってしまう

⑧国は莫大な借金を喜んで背負い、
その借金及び、利息を
無知な国民に増税の形で返済させ続けることで、
国際銀行家は安定した膨大な収入を得ている

(ロスチャイルドの所有する中央銀行は
世界165カ国といわれている
カナダが支払っている借金の利息は年間6兆円
単純計算すると、165×6兆円=990兆円の安定収入)

⑨この莫大な金を、通貨発行権を奪い支配下に置いてる各国の
王侯貴族や政治家たちにばら撒くことで、
お互いが「持ちつ持たれつ」のWin-Winの関係を構築

⑩その薄汚い関係が壊れてしまうので、
世界中の国々は、通貨発行権を決して取り戻そうとはしない

⑪国際銀行家や多国籍企業の経営者、
王侯貴族や政治家が共謀して、
国民を奴隷にしている事は、
12歳の少女にさえ明らかな事実

⑫私たちを奴隷制度から
解放することができるのは私達しかいない

その事に気がついたドイツ国民が、ついに立ちあがった


********************

ドイツが本気でアメリカ離脱!

http://ameblo.jp/teajass/entry-11899291888.html



私達は今ドイツのベルリンに居ます。
ココはとっても凄い事になっています!
この活気が伝わるでしょうか!
本当に凄い事になっています!熱い!

ココには約一万人近くの人がいます!
一般大衆からメインメディアまで!すごい人です!

アメリカ中央銀行の不正を暴く!
軍産複合体との連結プレーを止めさせる!
様々な決意を持った人たちが大勢集まっています!

こうした流れは、
ニューヨーク、バンクーバー、そして直ぐにあなたの街にも!




-----------------------

これは意図的な戦争と
マネーシステムの不正を解除させるための抗議活動です。


ドイツの色々な都市から沢山の人が集まっています。

私達には特別なリーダーは居ません
ただここに集ってみんなで意見交換をしているだけです。

愛を分かち合ったり、確認し合ったりしています!
素晴らしい交流です!

解決は机についていても起こりません。
こうして、みんなで集まって話をして
確かめ合って行く上で起こるんです! 


こうして集まることで銀行の不正を止めさせられる

巨大銀行ではなく、
ローカル銀行を使うことで戦争への資金の流れを止められる





----------------------

昔を見れば分かる 

1913年に私たちがFRBを持って、
次の年に何が起こったでしょうか?


1914年に第一次世界大戦です

中央銀行を持って、戦争や軍産複合体の為に、
偽造通貨を印刷する時には、

終わりのない戦争、
大規模な戦争することができます


アイゼンハワー大統領は、
その事を私たちに対して警告しました

ですから、平和運動でFRBを廃止して、
人々に本物のお金を与えれば、
金持ちの人々は資金を融資しないので、戦争にはならない


戦争を起こしたければ課税すれば良いんだ

税収を受け取った人はリッチになり戦争を行える

そして、もっとリッチになれる
お金持ちは、金儲けの為に投資はするけれど、
平和の為には投資はしない





-----------------------

こうしたムーブメントは
人々に自分の頭で考えるように方向づけている
すでにそんな風になっている人は多い

私達はね、アメリカ人は大好きさ❤
でもね、アメリカ政府は嫌いだよ(笑)

スノーデンは、ヒーローだ 
オバマは刑務所に入るべきだね(笑)





---------------------------

もっと大勢の人が
真実に関心を持つべきなんだ、
そして、それを広めるんだ

そうすることで僕たちは今ここにある
腐敗したシステムを変えることができる


大勢の人は、なぜ自分の生活が今まで通りじゃだめなのか?

そうした事を知らなさすぎる

そして、こんなシステムの中では
僕たちはまともに生きていけない

だから、僕たちはこうして外に出て、
生の情報に触れることが大事なんだ

そして、手にしたメッセージを、
また次の人に伝えるんだ

こうして情報を広めていくことで
腐敗したシステムを変えて行くんだ!





------------------------

政府とメディアが組織化して、
ついている嘘から抜け出すには、
こうして直接情報に触れる事でしょ?


ココにいる大勢の人は自分の生き方に責任を持っている

自分の心に正直になって行動をとっている
ありのままに生きようって言う事は簡単よね

でも、こうして行動に移して初めて
「ありのままに生きている」って言えるわ

もしも、本当にありのままに生きたいなら 
今すぐ行動に移すべきだわ

小さなことからで良いんだもの、
そして、それは可能で世界を変える力になる

いろんな情報に触れて自分なりの答えを見つけ出すことね





--------------------------
アメリカ人よ、これを見なさい。
触発されなさい。心に留めなさい。勇気を得なさい。


ベルリンで起こった事を見なさい。

ファシズムはベルリンで死にました。
ヒトラーが死んだときに。

共産主義はベルリンで死にました。
ベルリンの壁の崩壊とともに。

世界もベルリンの後を追ってくれ!
縁故資本主義だって、こうして死にかけている

それが今のベルリンだ!
私たちがベルリンで手にした自由だ!

自由の種子、まさにここから全世界のために

私たちはこの場所を、
奴隷制度から解放する!


今から100年後に、人々はこの時代を見るでしょう

私たちがアメリカの、
1860年代の奴隷時代を見るかのように。





*******************


真実を隠し通すことなど、できなくなった

今、世の中に蔓延っている金融制度が、
実は現代の奴隷制度だという事に、
世界中の人たちが、気付き始めた

この金融奴隷制度の頂点に君臨する国際銀行家たちは、
その莫大な財力で各国の政府及び権力者たちを堕落させ、
慢性的に腐敗させ、そして、弱みを握り、また金を与える

これを繰り返す
時に脅し、時に褒美を与え、何度も何度も脅す
こうすることで、やがて、逆らう事が出来なくなる

忠実なしもべと化した政治家、財界人、
王候貴族を通してその国を完全に掌握する


国際銀行家の犬となった政治家は、
「国民の生活を豊かにする為に働く」ということをやめ、
国際銀行家が所有する
「多国籍企業の利益を最大化にする為」の法整備を行う

それによって、国民の生活は犠牲になり、
奴隷化はさらに進む






----------------------

地球上で一番、金が儲かるイベントは戦争だ


・戦争が始まれば、何億ドルもの兵器、武器、弾薬が売れ、
国際銀行家の所有する軍需産業は儲かる

・麻薬も合法的に蔓延りマーケットは広がる

・負傷者は製薬会社の新規顧客である
そして、戦後、ほとんどの兵士たちは精神を患い、
死ぬまで薬漬けになる。国際銀行家の所有する製薬会社は儲かる

・また、紛争地域が中東であれば、原油価格は跳ね上がり
エネルギー産業を独占する国際銀行家は儲かる

・原油決済に使われるドルの価値も
中東でアラブ人が殺し合えば殺し合うほどに、その輝きは増す

・さらに、破壊し尽くされた国家の復興と称し、
復興バブルで国際銀行家の所有する大手ゼネコンは儲かる


その儲かった金は、国際銀行家へと流れて行き、
その金をまた、自分の忠実な僕たちへ配る

そうやってこの星はまわっている

決して私達、一般国民=奴隷たちには回ってこない


私達奴隷は、戦争で「ひと儲け」する為に
殺し合いをさせる、ただの駒であり、
経済成長が鈍化しきった際に、
街を破壊し、復興バブルを発生させる為の使い捨ての道具である

1%の人たちにとって、
私達奴隷が何人死のうがまったく構わない、
ノープロブレム、アイムふぁいんサンキューである





--------------------------

では、私達はどうすればよいのか?

ハンガリーやアイスランドのように、
通貨発行権を取り戻せば、それで全て解決するのか?




日本という国は、
複雑な支配構造にあり、それだけではダメだ

それを探る為には、明治時代まで話はさかのぼる



つづく・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)

週末革命家 daydreamerさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。