ランドセル 小中学生の持参物の重さ | シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
NHKの番組で小学生、中学生のランドセル・カバンの重さについて放送されていました。3月22日のアサイチという番組で小学生のランドセルの重さについて報道されたのが発端とか・・・・


驚いたのは、小学生で7Kgが平均で10kgの子もいたとか・・・・
これが中学生になると20kgを毎日持参していることもあるとか・・・

毎度楽々の初孫ゆーちゃんもいよいよ来年は、小学生なのでセンドセル購入計画中です。

全国の小学生や中学生や重荷を背負って通学しているなんて、知ってたようで知りませんでした。

経済学には「合成の誤謬」という言葉があります。
簡単に言えば、それぞれ個人の人が最良の行動をしても、結果は最悪なんてことがあります。
例が適切ではないのですが、「あの商品が良いとなって全ての人がそれを選択すると、供給が出来なくなったり、価格が高騰する、さらにライバル企業は倒産してしまうと、市場を独占するものが現れてくる」というようなことでしょう。

文部科学省という役所には、立派な職員が勤めてるはずですが、小学生の通学実態なんてのは、調べてなかったのでしょうかね。教科書・ノート・副読本などの教材の重さなんてのは、興味も関心もなかったのか・・・

もちろん全国の学校での話であり、全ての小中学生が同じ行動をとってるわけではないと思います。
しかし、教科書の分冊とかで荷物を軽くすることは可能でしょう。

こういう教育実態を良く知るのは、先生方ですが、こういう問題提起はなかったのでしょうか?

成長期の小中学生に重荷を背負わせて、成長を阻害してなければ良いのですが・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

毎度楽々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス