北朝鮮問題 これからの展開は? | シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
今年の正月に、突然態度を変えた北朝鮮
平昌オリンピックの参加に始まり、南北会談、米朝会談、中朝会談など次々と平和攻勢をかけてます。

これは、経済制裁が効いているとのことで、北朝鮮が困窮しているのは事実でしょう。

日本では拉致問題解決の機会と捉えているのですが、当然のことです。

北朝鮮問題の本質は、核武装やミサイル技術をいかに解除するかというのが、近隣諸国、米国などが望んでいるところです。核武装を解除するには、「現体制の保証」を求めている北朝鮮ですが、簡単に核兵器を廃棄するとは思えません。核兵器を保有しながら、条件闘争するんでしょうね。経済制裁の解除、そして経済支援を求めていくものと思います。

中国は、北朝鮮が韓国と統合することを望んてはいないでしょう。
中国と国境を接する国が自由主義陣営であるのは、リスクが高いからです。
アメリカの偵察機とか、レーダーによって国防態勢がまる裸になってしまいます。

そして、国境を越えて情報も人も行き来するとなれば、中国の統治体制も揺らいできます。
さらに、北朝鮮の地下資源を手にすることもできません。

中国は、北朝鮮の国内の地下資源を狙っているでしょうね。中国資本による資源開発です。

韓国は、北朝鮮を大きく経済支援をする能力はないでしょう。
貧困に喘ぐ同胞ですが、韓国だけで国家を立て直すだけの体力がないと思います。

これから、考えないといけないのは、
北朝鮮の体制がいずれ瓦解、崩壊した時のことです。

食糧支援も必要でしょうし、どういう体制になるのか・・・
金正恩は、体制が変われば「殺される」ということを知っています。国民の怒りは、天を衝くことになるでしょう。もちろん、金正恩だけでなく、現在の統治者は、裁かれると思います。

アメリカや中国が恐れていることは、北朝鮮が核開発技術、ミサイル開発技術をテロリストや反米、反中の勢力に引き渡したり、漏えいさせることです。今は、北朝鮮が統制していますが、核ミサイルがテロリストの手に渡ることになれば、世界中の国家が恐怖の中に突き落とされ脅されます。

そろそろ北朝鮮のこれから・・・について考えなければいけないでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

毎度楽々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス