交通安全 高齢者に注意!

最近、クルマを運転していて気になることがいくつかあります。

その第一は、高齢者の車道横断です。
横断歩道のある信号機まで歩くのが嫌なのか、強引に車線を横切って横断しています。

年齢的には、楽々のような60代後半から70代なんでしょうね。特に男性が多いです。
ご本人は、走行するクルマのスピードを認識している、自分の歩行速度も解っていて、横断を決意しているのでしょうが・・・危険な横断が多いです。日中が多いのですが、早朝、薄暮の時も多いし、時には夜間というのもあります。

それと高齢者なので、目立つ色のウェアではないので、クルマからの視認が悪いです。
毎度楽々も最近は、視力に少し不安があります。暗くなると急に視力が落ちてくるようです。

なので、高齢者の強引な車道横断には、注意が要ります。

若い時、一姫二虎三ダンプと危険なドライバーを揶揄してました。

女性、酔っ払い運転、ダンプカーなんですが、今はそんなことはないですね。

一老二紅葉三若葉でしょうかね。
歩行者の高齢者、高齢ドライバー、免許取り立ての若者、

事故は、どんなに注意しても発生しますが、事前の心構えとして、高齢運転者と高齢歩行者をマークしておかないと・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村