魔女だったのか小池百合子氏! | シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
昨年10月の衆議院総選挙を前に、
小池百合子氏が「希望の党」なる政党を立ち上げ、小池人気に乗ろうと策した民進党の前原誠司代表が民進党から立候補する人を引き連れての合流を目指しました。


小池氏は、都知事選に勝利し、その勢いで希望の塾などを立ち上げていましたし、都議選でも都民ファーストの会が第一党となったりして、総選挙でも勝てると思ったのでしょうね。メディアの中で多く取り上げられて人気があるという感じでした。


実際は、都政でも築地から豊洲への卸売市場の移転も順調ではありませんでしたし、そもそも希望の党なるものがどんな政策を持っていたかも不明でした。

衆議院選挙が終わると希望の党の代表をサッサと降りてしまいました。
枝野幸男氏などが、希望の党には入らず・・・というよりも小池氏の「全員を受け入れることはサラサラありません」に反発して「立憲民主党」を作ってましたからね。選挙の結果も立憲民主党が衆議院では野党第一党になり、希望の党は惨敗でした。

小池氏は機を見るに敏な人だなぁと思うのですが、政治家としての一貫性とか、責任を取ろうというような態度ではありません。

騒ぎに騒いで、政界を混乱させてしまいました。

来週から始まる通常国会を前に、希望の党、民進党、立憲民主党、などの合流問題がこじれています。そもそもの原因は、小池氏の野望の故なんですが、舞台を降りてしまった小池氏は、知らん顔なんでしょう。彼女の政治姿勢には信頼が置けません。

それにしても、前回の都知事選、都議会議員選と東京都の有権者は、困った選択をしたものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

毎度楽々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス