ウィンナワルツを聞いてきました!

今日は山を下りて下界に行ってウィンナワルツを聞いてきました。聞いただけでなく、4人の男女のバレエもついてましたし、歌手もいたので見るのも聞くのもありましたよ。

ウィンナー・ワルツ・オーケストラの新年公演です。
このオーケストラは2000年から日本公演をしているとのことで今年で19回目です。

今年のコンサートの予定はこちらです

最初の方の画像には、動画がありますので・・・・

今年の公演は、ほとんど終わりですが、サンドロ・クトゥレーロというイタリア人の指揮者でした。副題には、宮殿祝賀コンサートとあるのですが、どいう意味なんでしょうね。

ウィーンの宮殿と言う意味でしょうか?
ならば、シェーンブルン宮殿ならば、由緒正しいということになります。

曲目は、聴き慣れたウインナワルツです。

バレエつきですので、2曲に1曲は視覚でも楽しめました。
毎度楽々は、ダンサーの中で小柄な女性ダンサーに惹かれてしまいましたよ!
可愛いというか、愛嬌があるんですね。良く観察すると、客席へ流し目が上手いんです。

あーぁ、これだなぁ。流し目は男の心を一突きにしますね。

元旦にあったウィーンフィルの演奏とは比較になりませんし、聴衆は、楽々なんかのような庶民ですからね。着飾って行くというよりも普段着・・・さらには、Gパンとかの方もいますしね。地方ではこうなるのは仕方ありません。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村