シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
何とも・・・奇怪な党が出現したものです。

小池百合子の野望の党 → 希望の党と名乗ってますけれど、実態は、小池氏の「女性初の総理」という野望に邁進する政党でしょう。

この党は、綱領はありますが、政策は未決定です。

綱領は
 我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

 1 我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す。

 2 国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。

 3 国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。

 4 平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

 5 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。

 6 国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する。


ワイズ・スペンディングなどという英語を使うと知的とか、国際性があるように感じる人もいるのでしょうが、大衆を煽る言葉です。

寛容な改革保守なんてのは、どういう意味でしょうね。読む人が勝手に想像して都合の良い解釈をしてししまいます。

情報公開を謳ってますが、小池さん自身は、築地市場の豊洲移転についての決定過程を明らかにせず、自分が決めたとだけ言ってます。決定過程はブラックボックスのままです。

その他は、どの党も掲げるものでしょう。

何よりも、綱領あれど政策なし そんな政党があるんでしょうか?

民進党から合流する人たちを「安保法制の支持」「憲法改正の支持」で仕分けするそうです。
民進党にいる人たちは、これが飲めるのでしょうか?

国会で散々反対論を言ってた人たちですが、選挙・当選の為ならば、自説を曲げるのでしょうか?国防とか、憲法という問題をそう簡単に意見を変えることができるのならば、あの国会での騒ぎとか、国会周辺のデモとか集会は何だったのでしょう。

そして原発ゼロなんていうことは「仕分けの条件」でしょうか?

何とも理解できない政党であり、そんな政党と合流するとした前原代表の罪は重いです。

地上波のテレビでは、この辺りの問題は、あまり報道されていませんが、BS・CSの放送では、相当に突っ込んだ議論になってます。

共産党の方がよほど筋が通ってますね。
小池百合子の野望の党の本質を「第二自民党」と言ってるのは当たっていると思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度楽々さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。