シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
北朝鮮が弾道ミサイルを発射したり、水爆の実験をしたりと今月に入ってきな臭くなりました。戦争の臭いがします。

国連での制裁決議や日米、日ロ、日中、日韓の首脳が緊密に電話会談しています。

かってこんな状況はありませんでした。

世界でも最貧国に近い・・・あるいは最貧国かもしれない北朝鮮が、限られた国力の中で、ミサイルや水爆の開発を続けています。国民を飢えさせないとか、経済力を上げるという本来の国家の使命を棄てて、独裁体制を守る為だけのミサイル開発であり、水爆の開発です。

瀬戸際外交とも言われていますが、「脅し」を使うのはそれだけ追い詰められているのでしょう。

何よりもミサイルや水爆の成功を喜ぶ北朝鮮の人たちが気の毒に思いますが、それ以上に「戦争の危険」・・・・まさに「すぐそこにある危機」を感じます。

日米韓側から戦端を開くことはないでしょうが、開戦に向けて秒読みのなのかもしれません。

北朝鮮は、核保有国としてアメリカに認められたい・・・とのことですが、
具体的には、どういうことなんでしょう。

制裁を解除して、どこの国ともビジネスができるということでしょうか?
制裁解除すれば、売るものがない北朝鮮が、ミサイルや核技術をテロ国家やテロリストに売る可能性は高くなるでしょう。

アメリカが恐れているのは、テロ集団などに核技術が移転することです。
イランは、既に核開発をしている可能性もありますが、それ以外の国・・・例えばインドやパキスタンが北朝鮮の核技術とか、ミサイル技術を水面下で手にいれることはあるでしょう。

アジア、アフリカ、中南米の反アメリカ的な政権国家も、北朝鮮と同様に・・・と思っているでしょうね。

アメリカが北朝鮮によって攻撃された場合は、有無を言わずに北朝鮮を懲罰するでしょう。
その時は、韓国、日本に犠牲が出ても覚悟の上で、軍事的侵攻をすると思います。

しかし、数十万の人が犠牲になるでしょうし、その後のことを考えると問題が長期化するし、反米的な雰囲気が充満するでしょう。

毎度楽々は、これからの展開として
中国による北朝鮮武力侵攻があるのではないかと想像しています。

北朝鮮の後ろ盾である中国ですが、現体制を見限ってしまう可能性もあるでしょう。
この場合、アメリカやロシアが中国の軍事進攻を黙認するかどうかでしょうね。

米中共同作戦もあるのでしょうか?
アメリカの空母から発進する航空機やグアムから飛来するB1B戦闘爆撃機で空対地攻撃をして、基地能力、作戦遂行能力を失わせた後に、地上軍として中国が侵攻する・・・

連係が難しいのでそれはないかもしれませんし、北朝鮮が中国に反撃したり、韓国、日本を攻撃する可能性もあります。

北朝鮮の反撃能力はどの程度なんでしょうね。

ソウルに対して、砲撃する体制は出来ているようですが・・・
日本に対しては、ミサイル攻撃でしょうかね。

日本の場合は、通常爆弾であっても原発なんかをやられると酷いことになります。

やはり、軍事的な衝突を望むのではなく、経済制裁でしょうか?
となると、中国の石油禁輸なんでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度楽々さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。