シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
北朝鮮に対する経済制裁について国連も厳しい決議をしました。問題は、中国がどの程度この制裁を本気になって実行するかでしょう。密輸もありますからね。中国の当局が黙認すれば、制裁にはならないでしょう。

アメリカは、北朝鮮に対して軍事制裁・・・つまり軍事力で制裁するという可能性を否定してません。

イラクのクウェート侵攻の時やアフガン、イラクの討伐の時には、時間を掛けて攻撃の為の物資の集積などを行い、一挙に進撃しました。

アメリカの近代的兵器を持ってすれば、北朝鮮を制圧するのは可能です。

しかし、問題は、「制圧後の平定」です。戦争の出口戦略ですね。

日米が戦った第二次大戦でも、日本軍には出口戦略はありませんでした。中国でも太平洋でも・・・
精々、アメリカを何度か打ち負かして「講和」を求めるというものでしたね。相手国の気持ちを「忖度」しての戦いでした。

アメリカもイラクとの戦いでは、フセインを打倒し、本人を拘束して裁判にはかけ死刑としたり、アフガンでも、9.11を首謀したビン・ラディンを追い詰めて最後は、特攻チームによって暗殺しました。

しかし、イラクの占領後は、これという戦略がなく、ISなどが跋扈してしまい、今もその掃討をしています。

どんな戦争も和平が目的であり、その為の戦略がないのならば、戦いは無駄でしょう。

北朝鮮を軍事侵攻して制圧したとして、日本にはどういう出口戦略があるのでしょう。

毎度楽々は、北朝鮮の軍事制圧がアメリカとその同盟国で行うとすれば、確実に「消費税」が上がると思います。直接的な軍事侵攻はできない自衛隊ですから、当然アメリカは、軍隊を出し、兵器を使って戦争したのだから、「日本は、相応の負担をすべき」と言うでしょう。

そして、韓国には、北朝鮮の体制が破壊された後には、日本に対して「無償援助」を言うでしょう。

北朝鮮の体制が破壊される時には、中国が傀儡政権を作ると思いますが、その傀儡政権に対して日本にも支援をするように求めるはずです。

北朝鮮問題は、増税に繋がると意識している国民はどの程度いるのでしょうか?
増税であっても、我が国の安全保障が保たれるならば、それで良いとする国民や世論はあるのかなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度楽々さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。