シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
人間というのは、ワガママで自分勝手な存在です。

これは、自分の知ってる経験とか、情報によって左右されるからでしょう。
同じ日本人であっても、人それぞれの「経験と情報」があります。千差万別なんですね。

この千差万別があるからこそ、人類として生き残ってきたとも言えます。


さて、「譲れない国家の基本」と題してますが・・・・


日本は「天皇制」を国家の基本としています。天皇制によって国家が纏まっているわけです。歴史的にも長いのですが、社会統治の仕組みとして、ほとんどの国民がその存在を認めているし、天皇制ゆえに、私たちは安心して生活できているわけです。

中国の場合は、天皇制ではなく「中国共産党の一党支配の独裁制」です。
複数の政党の存在を認めていませんし、宗教弾圧なんかもあります。

なぜ共産党の一党支配を譲れないのか・・・
それは、複数の政党とか、政権批判につながる宗教団体を認めてないのは、これを認めると国家が瓦解してしまう・・・つまりバラバラになってしまうからです。19世紀から20世紀にかけて植民地支配を受けたことが原因でしょう。

確かに中国がバラバラになってしまうと、少なくとも4つ以上の国家が出来てしまうでしょうね。
それと、中国は、多民族国家で、モンゴル族もいれば、チベット族もいるし、朝鮮族もいます。漢民族だけの国家ではないんです。さらに、昔から「客家=ハッカ」と呼ばれる人たちもいます。

共産党の一党支配でからくも国家体制が整っていると言えます。もしも共産党の一党支配が終われば、ソ連崩壊の時のように、周辺の民族は、独立するでしょうし、東西南北の漢民族も分裂するかもしれません。

中国が台湾の独立を認めないのもそういう理由でしょう。

アメリカは、国家の基本は「大統領制」であり、議会制民主主義でしょう。
自由と公正があめりかの基本ですが、現実の社会で機能しているのは大統領制であり、議会制です。

日本も中国もアメリカも建前は「民主主義」なんですが、全く違う「国家の基本」があります。

日頃伝えられる海外ニュース 日本と同じ仕組みで国が成り立ってないという原理原則を理解してこそ、その意味が解ると思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度楽々さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。