理念経営=社員の切り捨て ??? | 理念経営の追求 ~やりがいを感じる社員を生み出す方法とは〜

理念経営の追求 ~やりがいを感じる社員を生み出す方法とは〜

良い会社を目指して七転八倒する様をご紹介するブログ

*ベンチマークとして業界大手の平均年収740万円を目指し、会社の改造をしていこうと思っています


テーマ:
経営理念を作ると価値観の合わない社員は辞めていく…
そういう事を先輩経営者に言われて、覚悟して突き進み始めた5年前
本当に何人もの人が辞めていき、数々の困難を乗り越えてようやく定着し始めて、意識の高い人達が残り始め入社を希望してくれる人達が増え始めました

理念経営を始めて間もなく辞めた人達は考え方が合わない、次に組織に合わない、という順番に辞めていき、今は成長する努力をしない人が辞めていく…そんな気がしています

想いに共感してもらっていない時はとにかく伝える事に必死で、組織化するにも基本であるホウレンソウを徹底していく事など、どちらかというと経営者側から歩み寄ってお願いをしていく形を取っていましたが、ある程度意識の高い人達が集まってくると自助努力をはじめ、自ら成長をしていく人も増えてきました
そうなると、努力をしない、またはしている様に見えない人が目立ち始めます

特に、愛されそうとしない社員には、社内外から不満も出てくるために態度を改める様に忠告をし始めるのもあり居辛くなってくると思います

私としては態度を改めて馴染む努力をして欲しいと思えば思うほど声をかけて努力を促すわけですが、私も腹の立つ態度を見せられるとついつい…^^;

結果どんどん追い込んでる気がします
評価制度と連動する給与のため、成長を認められない社員は昇給は資格手当以外全くしません

過去の私の様な人(施設出身で働く場所さえ見つからない)の居場所(活躍できる場)を作りたいと思っていたのですが、意識の高い人達ばかりを求めはじめ、意識が低かった過去の自分も入社できないという事になりつつあります

おそらく、私の人徳と説得力が足りないんだと思います
なかなか思い通りにはいきませんが、常に理念に立ち返り行動を改めないといけないと思います

清水 孝弘 (まいど~♪)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス