理念経営の追求 ~やりがいを感じる社員を生み出す方法とは〜

理念経営の追求 ~やりがいを感じる社員を生み出す方法とは〜

良い会社を目指して七転八倒する様をご紹介するブログ

*ベンチマークとして業界大手の平均年収740万円を目指し、会社の改造をしていこうと思っています


テーマ:

最近、むしゃくしゃしてだの、しつけだので殺されている人がいる

どうしてこんな事になるのか・・・。

 

自分勝手な人だから・・・そう決めつけてしまう人が多い

亡くなった方と同じように殺してしまえばよい

生きていく資格が無い

なんて言ってる人もいるようだ

 

でも、自分達も本当に同じようにならないと言い切れるだろうか?

 

人生とは何か良くわからない、周りの環境に依存してしまっている

(プラスに)考える能力が備わっていない

そんな人は周りにいないだろうか?

 

また違う観点から考えて、お金があれば、あの人の様になれば

周りの人たちの家族や環境が羨ましい

羨ましい人たちは苦労を背負えばよい、目の前から消えてほしい・・・

そんな事を考えたり感じたことは無いだろうか

 

私はある

何度も何度も考えてきた

 

 

人間とは、すばらしい可能性がある生き物と思う反面、残酷だと思うことがある

「感じる」「考える」能力が他の動物と違って優れている

羨ましい、苦しい、そんな事を感じなければ

あいつが悪い、自分も幸せな人生を・・と考えなければ殺人なんてしないのでは無いか

 

考える能力をプラスにもっていく事は誰にでも出来る事だけど

とても難しい事だと思う

 

よく「困難こそが幸せ」という人がいる

私もその通りだと思う

 

ただ、今の私はそう思えるが、

過去の私はそんなことまやかしの嘘っぱちの言葉でしかなかった

ある程度の苦労を乗り越えた人だから言える言葉である

 

最低限の環境、最低限の教育、最低限の経験

それが備わっていないと物事をプラスに考えることなど出来ない

 

*******

 

最近、悲しいニュースを見るとよく考えることがある

我々「企業家」として出来ることは何だろうか

 

私自身、親や社会を恨み続けた過去があるが

少々の苦労はありがたいと思っている今がある

それは嫌々でも生きるために仕事に向き合ってきたからだと思う

 

金や飯の為に、人から必要とされる様自分の能力を高める

そして色々な人と継続的に付き合ってきた事が困難の先には理想がある

そう感じることが出来るようになった

 

そんなこともあり「企業家」として我々に出来ること

それは最低限の「環境」「共育」「経験」を社員や地域の人に提供する事ではなかろうか

それは営利を追求する大企業には難しく、「人を生かす経営」に取り組む中小企業家だから

出来る事なのでは無いか

 

そう私の中では結論に至った

 

「困難こそが幸せ」

それを本気で言える人を一人でも多くすることが今の世を少しずつでも変えていくことにつながるのではないか

そんな事を最近感じている

 

乗り越えようや!


テーマ:
6/1(金) 第26期目の経営指針発表会を地元の佐賀町会館で実施しました

例年は来賓にもお越しいただき、自社の今後の方針を発表しているのですが、今年は社員と数名のパートナー企業を交えての討論会という形をとりました

大阪からも全員来て持って、およそ1年ぶりに顔合わせをする、初めて会って話しする社員間交流の場にもなりました

今後の話をする前に原点の立ち返り、将来のビジョンの話をするわけですが、今年は理念やビジョンを素直に話せた気がします
それどころか、結構力一杯訴える事が出来たと思います

以前は夢を語る事の恥ずかしい思いと社員は分かってくれないだろうという諦めの心があったからだと思います
例年との違い本気で語る事ができる、これは何かと考えたわけですが、社員が私の話を聞いてくれるという社員への信頼感と、自分自身の想いが溢れて止められない様になった結果です

夢と真正面から向かい合い、社員と向き合う事がようやく出来るようになりました


新たなるステージに立った気持ちです



テーマ:
先日ある人から「清水さんは自己肯定感が低い」と言われた
物凄くひっかかっている

確かにその通り
人に会うときは、いつも自分よりも凄いと思ってしまうし、尋常じゃないくらい緊張してしまう

最近家の前で工事が始まり、その工事現場の警備員が通る度に挨拶をしてくれる
きっかけは何気なく「おはようございます」と私から声をかけたことから始まった
前を通る度に挨拶をしてくるようになってから、何か気まずく感じてしまい家に帰るとき迂回して裏口から入る事もある

何なんだろうと思う
自然と人を避けてしまう
でも、それが自己肯定感が低いからかどうかは自分では分からない

人が嫌いなわけではない
むしろ人は大好きで人によって集まるところに行きたい気持ちはある

その反面、敵とみなした相手には超攻撃的になってしまう自分もいる
先日、ある施設のの担当者と話している時には相手が泣くくらいまで詰めた事もあった
いや、その人には会う前から気持ちが攻撃的になっていた

そういう自分が大嫌いだ

単純に考えると、利がある相手には媚びへつらい緊張して会うことが怖くなり、利がないと判断した人には攻撃的になり、会う事も話しする事も問題なくできる

これは自己肯定感が低い、「俺ごとき」という感情が働いているという事だと思う

何故、そんな感情になるのか
仕事や仲間づくりには自信はある
それなりに生きてきて恥ずかしく思う事なんてない筈なのに「俺ごとき」の気持ちがなかなか離れてくれない

1つきっかけがあるとすればS-TEKTを自信の持てる会社にして、胸を張って自慢できるようになった時じゃないかと思う

その時には人を避けたくなる気持ちも変わるのだろうか?
自己肯定感は高くなるのだろうか?


悶々とした毎日を送っている




おそらく…つづく

テーマ:

久しぶりの投稿です

 

非難覚悟の投稿ですが

「お前」という言葉はどう思いますか?

 

上から目線、野蛮な言葉などいろいろな意見があると思いますが

私は社員(年下)に「お前」と言います

「お前」という言葉を大切にしています

 

と、言うのもお前という言葉は非常に使いこなすことが難しい

当然です。相手からすると見下された気持ちになりがちだからです

 

でも見下しているつもりは全くありません

「お前なあ~」って言葉を相手をホッとさせる(であろう)時に主に使います

 

例えば、ちょっとしたミスをしたとき、おどけている時、場を和ますとき

相手が笑顔になる、少し安心するようなときに使う事が多いです

逆にしっかりしろよ!というときに使うこともあります

 

これって大阪弁なんですかね?

 

愛情をこめた「お前」という言葉を今後も大切にしていきたいと思います

 


テーマ:
今、香港の空港にいてます

昨年末の12/30から今日1/4まで中国に滞在をしてきました
初の海外年越しです
帰国するための飛行機の搭乗までの待ち時間を持て余しておりまして、仕事をしたり読書をしています

少し小腹がすいてきたなあ…と思ったときに思い出した中国で購入したお菓子
カバンをゴソゴソして取り出しました

{5C0FBBA6-545E-4EA6-ADE7-BBFB930B2BF4}

伊脆薯條…
番茄味…

番茄味というのはトマト味という事らしいですが、伊脆薯條というのはよく分からない
文字を分解して薯條というのはフライドポテトというのは分かりますが伊脆がよく分からない
調べてみても「さわやかなイラク」と出てきます

まあ、とにかく食べてみようと箱を開けようとするのですが、どこから開けるのが正解なのかわからないので…

{2BC16EA1-4DF1-4198-9AF4-74D16141C343}

引きちぎりました…

で、中から袋を取り出し開けてみると

{C643EADA-593B-457E-B555-9EA0816F5A5A}

あまり美味しそうで無いです…
食べてみると、やはり美味しく無い

で…ある程度食べるとそこに何やら物体があったので取り出すと…
{A06B11BA-EC15-441E-98D7-63756BA792F2}

あら可愛い
立体的なシールが入っていたので、大切にしている手帳に貼ってみました

さらに…

{99470C19-A4FA-4842-ABCA-EECAAB52F0FB}

ケチャップが入っていました…
そういえばトマト味って書いてあるけど、トマトっぽい味が無いなあらと思っていたらそういう事だったんだ

で、かけてみました

{07DF6438-5D99-492B-9E13-CF77DF9D07B1}

美味しそうに見えない…

食べてみるとケチャップの味しかしない
しかも、食べづらい
どう食べても手が汚れちゃう


どう開ければ、どう食べれば正解なのか知っている人がいたら教えてください


中国のお菓子のレポートでした🍭

テーマ:
信用調査がありました
商工リサーチの方が事務所に来られて売上や利益、今後の展望など、決算書を見ながら会話させて頂きました

会社のホームページもしっかり見られているみたいで、丸裸にされていくような感じです🤣

来週は帝国データバンク
すごく感じの良い方だったので、来週も良い人だったら良いな



テーマ:
先日知人から聞いた話

児童養護施設関連のボランティアに深く関わっていた人がお亡くなりになってたと聞きました
葬儀は家族葬で少人数で送り出したそうです

主にパソコン教室を開いてくださり、子供達に囲まれているときはニコニコとしていましたが、こと運営会議となると頑固者の気質が迷惑なぐらいに表に出ていました
それだけ思い入れがあったという事だと思います

亡くなった原因はガンという事で私たちと関わっていた時はすでに患っていたそうです

私に新しい活動…清水くんにしか出来ない活動を始めよう…と次の展開を急いでおられたのはそのような事があったからなのかもしれません

私は彼からたくさんの事を教わりましたが、その中でも一番大切な事を教わったのは、私はかわいそうな存在じゃない、希望だ…という事です

それは私が凄いというわけでは勿論ありません

かわいそうと思われている存在でも希望と言えるような存在になり得るという事です

世界が全く違うものに見えるようになりました

苦しいことも乗り越えればその分喜びも大きいように、心のあり方と行動で状況は一変する
そんな大切な事を教わりました

頑固者だから無理なんだろうけど、亡くなる前に連絡欲しかったなあ


古川さん、感謝です

テーマ:
私は5年くらい前迄コミュニケーション能力が低く、人と話をしたり情報のやりとりが、本当に大嫌いでした

先日、職人タイプの当社の幹部と話をしていた時に <アウトプット能力を上げるには> という話になりました

なかなか思いをまとめられない、言葉に出来ない、外部に発信できない幹部の悩みと直面した時、私自身が悩んでいた時期の事を思い出しました

あの時どうしたっけか…

勉強会で積極的に話す努力をした…
マインドマップの活用をした…
Facebookを始めた…
ブログ…

あ、そうや!
ブログ始めたなあ

という事でブログを勧めました
活用するかどうかは彼次第です

*****

経営者は足りない能力が沢山あります
計算、論理的思考、マネージャー能力、プランニング、etc…
それは組織で補えるものが多くありますので任せても良いと思います

ただ、一番大切なのは想いを言葉にして相手に伝える能力だけは人任せには出来ないと思っています
ある一部分を任せることは出来るでしょうが、本当の核の部分は伝える事は出来ません

私自身の哲学、想い、その部分を伝えるにはまだまだだなあと幹部と話していた時にふと思い出しました

今日はそんな話でした

テーマ:

敎育とは教えて育てると書きますが、私はともに育つ、共育が大切だと思います・・・が、実感・体感したのは本当に最近の事です

 

以前から、共育が良いとは同友会(経営者の勉強会)で学んでいますが共育を体感していた気になっていたのは、経営者同士の話だけでした

良い会社にしたいと思っている経営者には気付いてもらえる事でも自社の幹部や社員にはなかなか届きません

(だからコンサルは儲かるんだろうな・・・・。)

 

主体的に学ぶ事を幹部に望む私達経営者

主体的では無い幹部や社員を憂う気持ち、その殆どが伝え方が分からない事からの現実逃避なのかも知れません

伝えるべきこと、理解してもらわないと困ることを整理出来ない自分を棚に上げて、説明できない自分の成長を諦め幹部や社員のせいにしている事を本当に追い込まれた時にようやく理解出来ました

 

組織づくりが中々進まない状況、お客様からの度重なるクレーム
こんな事をしていては、仕事を受けるたびに悪評をばらまくことになる

その危機感から、幹部への関わり方がようやく変わって来ました

 

何故理解してもらえないのか?何故優先順位を間違うのか?

彼らと一緒にルーチンワークを考え、提案して、理解できないところを一つ一つ分解して問題の解決をしていく中で私の伝える能力も少しずつ上がってきている事を体感しています

とも育ちの極意は、相手を通じて自分が学ぶことなんだと今更ながらに学んでいる真っ最中です


テーマ:
10/19,20 広島県福山市で開催された障害者問題全国交流会
障害者の雇用や交流においての問題や体験したことについて話し合う場ですが、今回はパネラーとして呼ばれました

障害者…とありますが、現在においてはダイバーシティの取り組みと捉えられていて、今回は児童養護施設出身者の採用について話をさせて頂きました

人材不足が叫ばれる中、見過ごされている人財達
生活保護受給者が税金を納めて尚且つ日本を背負うことができる人財になりうる、その為には志高い経営者達が必要、経営者が施設に行き、定期的に関わって欲しい(ビフレンド)
そんな事を訴えてきました

少しでも貧困の連鎖、勘違いの優しさを無くし、彼らの居場所が出来、自ら幸せを勝ち取ることができる様な社会に出来れば私が生まれて来た価値があると思います

最後に言った言葉

ご用があればどこでも行きます
交通費は下さい笑

{DD6FDD9D-728F-42DF-B220-E4AD2AC91C53}

{F4DCF56A-0C19-458C-AB76-F8886DC03E9F}

{7D0E190E-2515-49EB-8523-4184F3A78F47}

{E6BE350F-C043-43F7-9CAD-C1696A03E81E}


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス