大府市|ピアノ・フルート・オカリナ・インディアンフルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

オカリナ奏者のMAiCOこと、MAiCO音楽教室代表の西村麻衣子です。名古屋市、大府市、東海市、刈谷市、東浦町周辺で、ピアノ科、フルート科、オカリナ科、インディアンフルート科での個人レッスンと、演奏家として活動しております。


テーマ:
最後のお昼は、牛肉麺~~~
 
と思って、国父記念館で降りたのですが、
ちょっと時間が早かったので、先にデザート、笑
 
 
アイスモンスターは、名古屋にも出来たんだって???
 
とにかく、日本にも出来た名店です。
 
 
夫は小豆と落花生の入ったかき氷。
すっごく美味しいです。
 
{8E4A472D-CBAA-4683-859E-5480C5002CC7}

初日に夜市でマンゴーアイスを食べたので、

私はタピオカミルクティーのかき氷。

 

タピオカがアツアツホッカホカで、かき氷と一緒に食べると美味しい!

{416F7BAA-DA12-4C5E-A38A-02608E311055}

 

 

 

なぜかオカマっぽく写っている夫、笑

 

 

{15C238CF-1E2F-4C27-81BA-869D97B40CBD}

 

 

 

 

この夫のかき氷は、上がホワホワの小豆味の氷、中が透明のシロップ(みぞれ)と黒糖のシロップがかかり、小豆と落花生がかかっていて、

 

いろんな角度から食べると飽きない味。

{48AE5B79-9E29-421A-B9C0-46228B0DCC9B}

 

 

 

さて、その裏の道に入りますと、清真牛肉麺店があります。

 

 

{3C74CD15-CF41-4911-9ED8-76D9F72034C3}

 

 

 

 

もともと牛肉の卸をしていた店が始めた牛肉麺屋なので、

 

間違いなく牛肉がいい!

 

イスラム系のお店なのでお酒がないのが残念です。

 

夫のは、赤いスープで辛いです。

{7DE7D438-BFE9-4EF6-B669-85A0CC5E1F04}

 

手前は牛肉の炒めです。

 

私は澄んだ色のスープ。

ジワジワっと旨みが湧きあがってくる美味しさ。

{0B1AB850-183C-4782-B367-02919212C61C}

 

この、パン生地みたいなものに、牛肉を巻いて食べると美味しい。

 

{65CD2DDF-6350-4B0C-B045-B4298117F1B8}

 

 

このキャベツの漬物も美味しいです。

 

{52C36C15-8831-4FBF-8B9F-EBF67D388151}

 

 

 

 

こうやって、牛肉と葱を巻いて食べます。

 

ほんと美味しい。

{4F6F6F45-EE27-4F04-9F80-62B741228C17}

 

お茶はセルフサービス。

アツアツの麦茶みたいで美味しいです。

{4C87D964-B2E9-4433-A04B-C9304F100366}

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、先ほどのパンみたいなピザみたいなものが焼かれています。

 

 

{02117662-6B2A-47AE-8E9A-B87ABD892146}

 

 

 

 

お店を出ると12時頃で、オフィス街の人たちが一斉に食事をしに外に出てきていました。

 

 

{E02D6780-9463-415E-B4B1-1A11E0DDBB43}

 

 

私たちはタクシーで一旦ホテルに戻り、

ホテルで空港行きのシャトルバスのチケット(124元×2)を買い、

 

道路を渡った反対側で、

20~30分に一本(時刻表なし)のバス、5201番のバスを待ちます。

 

次々といろんな行先のバスが止まりますが、5201のバスが来ません。

 

{D0FCB45A-907C-43A2-9DFF-09291E0AFFDB}

 

やがて、タクシーが止まり、

 

「500元で空港へ乗せていく」と声を掛けられましたので、チケットを見せると苦笑いで消えて行きました。

 

空港までのバスが夫婦で約250元だから、500元(2000円)で空港まで連れて行ってくれるならタクシーのが楽だったね・・・と

行っていると、

またタクシーが止まったので、

チケットを見せると、

 

「チケット2枚と200元で空港まで乗せて行ってあげる」と言います(もちろん身振り手振り)

 

つまり、450元。乗った!

 

本当にこの値段で行ってくれました。ラッキー。

 

ガイドブックで調べると、台北市内~空港は、1200元前後なんだそうです。

 

多分、タクシーの運ちゃん、行きは薄利でも、帰りは空港から正規の値段でお客を乗せて来れるからかな。

 

普通にタクシーに乗ったらこの金額にならないと思います。

空港行きバス停で待っていたからだろうと。

 

 

さて、しかし、空港には早く着きすぎました。

バスが不安で早めの行動をしてしまったので、

ただ今1時半。しかし3時のチェックインまでまだ1時間半。
飛行機は5時、笑

 

ま、でも。

もうやることなかったし。

あ、チェックアウトをもっと遅くすればよかったんですけどね。

ビールを買って飲んで、ベンチで待ちました。

 

 

{DC05FE8C-6D1D-404B-9167-1DBB4E36D265}
台湾はもう私は5回目。ということで、台北はかなり慣れて、行きたいところに行って楽しみました(バスは乗れないけど)
 
台湾ばかり、夫は飽きているみたいだけど、私はまた行きたいです。
 
今度は、屋台で安くて美味しい小龍包屋さんを見つけたいなと思っています。
 
 
おしまい
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、お次は行天宮。
台北市内は、MRTが細かく網羅していて便利です。



行天宮は商売の神様だそう。
{1150F199-7AF3-4054-BAD7-F4B279FD4B15}
 

中に入ると、ガイドさんがお参りの順を教えてくれました。

まず後ろを向いて、天の神様にご挨拶、
それから本殿向かい、真ん中、右、左の神様に参拝します。

そして両サイドにて、ブルーの服を着ている方に、無料でお祓いしてもらえます!

行列に並び、

順番が来たら名前を言うだけで、
丁寧に暖かく、お祓いしてくださいます。
{90F1E3E1-38A5-4D5F-A1F8-79463A265598}

白いのは、暑さをしのぐミストです。

さて、ここから今度は、豪華な夕飯。

欣葉と言うレストランで、コンクール受賞祝いを夫がしてくれました。
{157BAF6A-FF1C-4226-A9D4-1AE634EF6693}


豚の角煮、トロトロ
{B0289CB0-781E-41E6-B2AB-10484899F0BF}


昼間のカキオムレツの豪華版。
{4D059D05-B778-4BAB-82DE-D5C9FC30681F}


エビ、これ超美味しいです。
{F423633C-B058-49F6-B55F-2CFBFDDFC692}


カニおこわも激ウマ。
{11497E2B-1F48-4FB5-A9B5-EAAE2F8C20BE}


フカヒレも入った煮物のようなスープ、旨味が凄い!
{93F5A1FF-7B99-452B-85B4-CAEDEF8CF8A8}


大満足です。

この後、松江南京まで向かい、有名店のパイナップルケーキを買ってホテルに戻りました。

バスタブにお湯を張りゆっくり浸かって足の疲れを取りました。



さて、3日目はゆっくり寝て、軽くホテルの朝食を食べ、
8時半にチェックアウト。

松山慈祐宮に向かいます。

松山駅で地図を見ていたら、駅にいる警備の方が丁寧に案内して下さいました。

{7F0745BD-E2A0-4FE1-A4A5-431B63093231}


出口からすぐでした。
{8F81C583-E9DE-41B0-B07E-823CA177CDB5}


有名な夜市が隣だから、夜にまた来て見たいです。
{2A5D6917-A0E4-4365-9CD8-9921BBE18C55}


100元で金紙と線香を頂き、
{D43D9119-AF13-4D4A-B9FE-CF8408AA29E1}
お参りします。

こちらは金紙を自分で燃やすところがありました。
{AC89EDA1-EB98-47F1-AC2A-0D07344B1D3E}


本殿にお参りし
{5235BE49-2EF0-4E5B-98E4-2DFAA291C696}


右奥の階段からぐるりと回って参拝します。
{A4C6CB2B-7AE1-45DA-980F-83CAA06A4274}


観光はこれで終わり、

あとは牛肉麺とカキ氷のみです(笑)

つづく
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ランタンを上げたころには12時を回っていました。

10時40分過ぎに到着して、その後タクシーで十分瀑布を見に行き、
5分ほど遅れ気味の11時40分の電車がすれっすれで通って行くのを上下線見ることが出来、ランタンを飛ばし終えた時間です。
 
お昼ご飯を食べることにしました。
 
ラーメンみたいな、うどん?みたいな?ものを2種類頼み、
カキのオムレツと、ビール、全部で230元だったかな。
 
カキのオムレツ美味しかったです!!!
 
{49747020-257B-4C7D-93C2-FB13881E0F12}

 

 

老街の右手奥に気になるお店をそのあと発見。

こんな奥にあるのに、満席でした。きっと美味しいに違いない。

今度来た時は入ってみようと思います。

{37DD147B-5598-4BC8-89FF-DD67ED3C022C}

 

13時40分の電車に間に合うようゆっくり散策。

 

{89EA70AA-75B1-4AA7-8F6E-4B14BF4653E0}

 

 

 

十分駅そばの静安吊橋も渡ってみました。

 

{01A93A53-D14F-468E-891B-A4C754CA7278}

 

 

 

沢山の人がいます。

 

{8F9BD70C-0988-46F2-A383-1B129753F2CE}

 

 

 

遠くにらんたんが見えます。

 

{18ED429C-1882-48FE-B388-32E099A54C04}

 

 

 

 

 

さて、12時40分十分発の平渓線に乗り、
みんなは瑞芳で乗り換えるのが普通ですが、

調べると、ちょうどいい台湾電鉄が、1区前の猫村の駅に停車することがわかり、

猫村の駅で乗り換えました(結果的に瑞芳でもそれほど満席にならなかったのでどちらでもよかったのですが、混んでいる時間帯はそうした方がいいと思います。)

{CFDDFA67-85E2-4216-8745-BD973ABAD448}

 

 

 

 

 

さて、台北に戻るとまだ14時。

 

今度はまた、MRT(地下鉄)淡水線に乗って、關渡駅下車。

 

改札をくぐるとタクシーがいますので、タクシーに乗って

金運の神様、  關渡宮へ、レッツラゴー。

 

こんな時に、小銭や100元札が役に立ちます。

 

タクシーで5分ちょっと、70元でした。

 

入り口に物売りの人たちがいますが、気にせず中にはいります。

{BB530F0D-0220-49F6-8164-69FA68646A58}

 

すごく立派なお宮です。

平日と言うこともあって空いています。

{0C90218A-6539-4DF5-8E2D-019740BE4EDD}

 

本堂も立派ですが、

全部の神様をお参りしようとすると、かーなり神様いらっしゃいます。

{412586E2-6ACC-472A-A34A-D6D00C4A4A9A}

 

財神洞なんて、すっごい洞に入りますと・・・

 

キラッキラの神様が、たくさんおられました。

{383135C3-805B-4652-BE00-9814182FB606}

 

写真を撮るのもよくないかなーと遠慮しましたが、左右にキラッキラの神様です。

 

経営者さんも沢山お参りに来るそうです。

{8EF7AE9F-EAD7-4969-A00A-EFCE7946A30C}

 

台湾の寺院はどちらもキラッキラで豪華です。

そしてみんな信仰心が厚い。

{46E25528-E425-4951-A0F7-578B4BF7D7AC}

 

笛を吹いていた神様だけ、写真撮ってみました。

とっちゃだめとは書いてありませんが、遠慮しちゃいますね。

{ADA50CDF-C551-4E70-AF4B-33B1E96CCA1A}

 

 

 

本当に素晴らしい建物ですし、神様100体以上いらっしゃるのかストレス解消が神社と温泉めぐりの私にとっては、

パラダイスです。

{7FD385B0-DBAF-460B-B8AA-7575F5B5B270}
 
本殿裏の霊園を上って行くと、
淡水の美しい景色が広がっていました。
 
 
 
IMG_1986.jpg
 
 
本殿を裏から見た風景
IMG_1987.jpg
 
壁画は寿老人です。オメデタイ。
IMG_1989.jpg
 
さて、気をつけたいのは帰り道。
 
タクシーで来るときに気を付けて、どうやって来たか、だいたい道を覚えておきましょう。
 
お宮の前にタクシーがいないのですが、流しのタクシーが来るので、帰り道すがらタクシーを拾うことになります。
 
私たちは、実は小銭がもうなくなって、1000円札しかなく、なんだかタクシーに乗るにも気後れしてしまい、歩いて駅まで行くことにしましたが、途中で迷ってしまいました。
 
こんな時に、wi-fiもうまく作動せず、調べられない。
 
意を決して、通りすがりの年配の女性に声をかけると無視され、
次に通りすがりの若い女性に声を掛けたら、
なんと日本語が少し話せる方で、
 
「あっち、まっすぐ、ずーっと」と教えてくれました。
 
ありがとう!!!と気づいたら、先ほど無視して通り過ぎた女性が心配になったのか戻って来て、ホッとした笑顔でニコニコされていました。
IMG_1991.jpg
言われるとおり歩いて關渡駅に着きました。
でもタクシーはどんどん走ってきますから、街並みを散策したい人は別として、小銭を確認して拾うのが一番です。
 
 
つづく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。