大府市|ピアノ・フルート・オカリナ・インディアンフルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

オカリナ奏者のMAiCOこと、MAiCO音楽教室代表の西村麻衣子です。名古屋市、大府市、東海市、刈谷市、東浦町周辺で、ピアノ科、フルート科、オカリナ科、インディアンフルート科での個人レッスンと、演奏家として活動しております。


テーマ:

順調に生徒さんが増えている、MAiCO音楽教室ですが、


とは言え、ピアノ科の生徒さんはまだまだ少ないです。


ということで、のんびり楽しくレッスンしています。


今日は年長さんの女の子。


とってもマイペースで発想も面白いお嬢さんで、レッスン中に噴き出してしまうこと、多々あります、笑


お母様はピアノを習った経験がない方で、

お嬢さんのレッスンを、いい距離で見守っていらっしゃいます。(お母様曰く、この子のペースはもう変わらない、とあきらめた、らしいのですが)


「そんなマイペースの娘に付き合ってくれて、伸ばしてくれる先生を探していたので、MAiCO先生にたどりつくまで時間がかかりました」、とお母様がおっしゃっていました。

うれしいことです。


小1君のお母さまも、フルタイム勤務でお忙しく、また、「一番苦手なことにチャレンジしているので」とこちらもまたいい距離感。

お近くに住むおばあちゃまも、わが子の時に口うるさく言いすぎてしまった失敗談から、お孫ちゃんのピアノ練習は、環境を整えるだけで見守っているそうです。


この距離感は本当にいい距離だと思います。


まー、将来ピアニストにとかなんとかで力を入れているおうちはさておき、


「金(レッスン代)捨ててる」ぐらいな、レッスンに行ったときしかピアノをいじらない時期も時にはあったりするんですが、

実はこれ、


音楽を教える先生方とお話をすると、


自分もそうだった~、レッスンの時だけしか弾かないときもあった、とおっしゃる方、とっても多いですのです(笑)


大事なのはゆっくりでいいので確実に、楽譜を読めると楽しい、それを音楽として表現できるって楽しい、っていうことを、体で感じながら育っていくのことだと思うんですね。


のんき過ぎますかね・・・


でも、私の場合、紆余曲折あって、再び音楽の道に戻ってきて、この年にして大きなビジョンを描いているし実際そこに向かってすでに確実に歩んでいるのですが、


それって、やっぱり、

母が、音楽だけは、「金捨ててる」状態でも、何も言わずに見守ってくれた、ということが、根底にあるんです。


母は、とっても才能があって、勉強も、運動も、芸術の才能も兼ね備えていました。


ただ、時代が時代。女がそんなこと出来ても意味がない、男に生まれればね、という時代でしたから、

学年で一番を取ると、先生から「オンナがこんな成績とって」と言われて否定されてきたらしい。


出来るすべて、そして、美男美女の親を持ったのに、アンタは不細工、と容姿まで否定されて育った母が言うには、「なんでも出来るって、逆に言えば、得意なことがないのよ。得意なものがあるっていう実感がまったくなくて、それが不安で不安でたまらなかった」らしいのです。



ですので母はとても勤勉なのに、努力家なのに、必ず最後の最後で、突然投げ出す、ということをよくします。

最後に1単位わざと落として教員免許を落としたり、

第九を歌う会に毎度練習参加して、本番で突然でないとか、

ギリギリまで努力して、最後に突然辞めます。



そういう、自分を認められない母に育てられた私は、

音楽以外を、すべて否定されて育ちました。


勉強は1問間違えて99点取ると、間違えた1問ですっごく叱られました。

100点以外のテストは見せるな、と言われて、小学3年からテストはすべて捨てていました。

通知表も、オール5でないと意味がない、見たくない、ということで、見せたことはありません(さすがにオール5は無理!!中学生になるとどんどん成績が下降していったので、見せなくていいって、気楽ではありましたが)


夏休みの宿題に絵を描けば、こんなヘタな絵、と言われて、母が描き直し、

母の絵を学校に持っていかされました。

工作も、こんな工作!と言われ、母の作品を持たされました。


教室に掲示された絵をクラスメートが見て、「これって絶対親が手伝っているよね」とお友達がひそひそ言っていた光景を今でも覚えています。


この、否定されて育ったために培われてしまった、完璧でないといけない、認められない、自分はダメな人間だ、という考え方は、大人になってから、本当に私自身を苦しめました。


そして、カウンセリングも受けましたし、心理カウンセラーの資格を取るスクールに通い、またいろんな心理学系のお勉強をして、自分自身の潜在意識に植え付けられているものを一つ一つ改善してきました。

時間がかかりましたし、今もまだ改善途中です。


ただ、


唯一、母に否定されなかった、


「音楽」


母は、歌を得意としていたので、私の声は否定していました。だから人前で歌うのはとっても嫌なのですが、

ピアノを習うことが出来なかった母でしたので、

そこだけは、否定できなかったようです。フルートなんて当然母には吹けませんし。


それでも根底にあるもののおかげで紆余曲折があったわけですが、


こうやって音楽を仕事にして、今、楽しい人生を送れているのは、

音楽だけは、否定されていないので、音楽に関することはすべて、「努力すれば出来る」と刷り込まれており、

「出来ない」という感覚が私にはない、からです。



お二人の生徒さんのご家族が、こういった説明をすることなく、いい距離を置いて見守ってくださること、ありがたいと思うし、幼い生徒さんは幸せだな~と思います。


幼いころ、ピアノを何年か習って以来、と、大人になった方たちが、オカリナやフルート、ピアノを習いにいらっしゃいます。

もちろん、幼いころピアノが習えなかったからこそ、習いたいといらっしゃる生徒さんもいます。

どなたも本当に楽しそうです。

好きなこととか習い事ってのは、人生に花を添えてくれますね。



うちの幼い生徒さんたちが、将来、どんな人生を歩むのかわかりませんが、

大人の生徒さんたちが音楽を楽しむ姿を見て、将来の心豊かな人生につながるレッスンをしていきたいとますます強く思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。