兵庫県オカリナ「視察」の旅その2 淡路島「オカリナ島プロジェクト」視察続き | 大府市|オカリナ・ピアノ・フルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

大府市|オカリナ・ピアノ・フルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

オカリナ奏者で、MAiCO音楽教室代表の西村麻衣子です。オカリナ演奏家として活動の他、名古屋市、大府市、東海市、刈谷市、東浦町周辺で、オカリナのレッスン(ピアノ・フルートも)をしております。

淡路島に到着して伊弉諾神社参拝後、吟オカリナの「吟友工房」に顔を出し、
吟友ガールズ4名と友地さんと、車3台連なって、海の近くの「さと味」さんへ。
 
目の前の水路というのか、川の河口というのか、
何やら魚の大群が???
 
と思ってよく見ると、小さなフグの団体さんが川を上っていくところでした。

 

良いもの見れました。

皆でお食事ですが、

申し訳ない。。。私だけビール飲ませてください。。。。

(写真の時以外は距離を保って気を付けてマスク会食しております)
 
お魚がとっても美味しかったのに、写真を撮り忘れました。。。
特に、お刺身の新鮮度が素晴らしい!
日本各地の海の近くで魚は今までにも食べて来たけど、こんなにお刺身って美味しいっけ、ぐらい特別に美味しかったです。
 
宝楽焼きもすごくおいしくって、
鯛の目の周りとか、頬肉とか、ほじっていただきました、笑

 

 
オカリナのことをいろいろ聞きに来たつもりが、
舟を出して魚釣りする話とか、
サバの神経締めの方法とか、
タコをシめるには頭をひっくり返すとか、
アナゴは骨が硬いから開くのが簡単とか、
イワシは手で開けるとか、
 
そんなことばっかり、持参したノートに記録してありました、笑


 

淡路島は、玉ねぎが有名ですが、

同じ畑で、玉ねぎを三回、その間にコメを植えたりレタスを植えたりして、つまり三期作やら三毛作。

 

食料自給率は120%という驚異の数字。

 

農家は忙しく、オカリナ習うにも暇がないほどらしい。(←少しオカリナの話になってきた)

 

隣の畑が田んぼになって水を張ると、

こっちの畑のモグラが掘った穴から水が噴き出して大変(←また話がそれた)

 

そんなことを話しながら工房へ戻って家の周りを見渡すと、

オカリナ吹き放題の広い畑が広がっていて、

 

もう死んじゃったけど、最近までヤギもいたらしい。

 

こんな環境のいいところに工房はあって、

 

志を同じくする人たちが集まって、淡路島でのオカリナの普及を願って一般の人たちが手にしやすいオカリナをせっせと作り、

この環境の中でとことんオカリナを突き詰めていく。。。

 

私が試奏すれば、一音一音真剣に耳で聴きとって自分の作品の出来を確認している。

 

回りの意見は真摯に受け入れ、次に生かす。

 

夫も一生懸命動画に記録中。

 

 

朝起きるとハンモックで瞑想しながら、

 

 
今日はあれをしよう、これをしようと瞑想の中で計画を立てる。
image

 

この素晴らしい環境と日々の営みの中で、友地さんの純粋すぎるほどのオカリナに対する想いが、

形となっていくんだなあ。。。

 
吟オカリナは歌う。
 
土、うたう、という友地さんのキャッチコピー?のごとく、
ちょっとやんちゃとも思える声でしみじみ歌う。

 

 

オカリナを吹いたときに、穴をふさいだ指に走る振動がたまらなく好きで、

指で音を聴いている、という感じなんだな。

 
 
夕日を見に、慶野松原(けいのまつばら)へ。
 
 
瓦で出来た舞台で、
試しにオカリナを吹いてみたら、この瓦たちが反響板になって、意外にも響く。
 
一緒に来てくださった、家本さん、中谷さんと即興でオカリナ吹いて、楽しい夕暮れ時を過ごしました。
 
淡路島も真剣にいろいろ訪れたら、1日じゃ足りないのに、
強行スケジュールを組んでしまったことを反省。。。
 
でも来る口実が出来たから、
友地さん、4人の女性のみなさん、
また来ます!
 
 
一旦進学で淡路島を離れても、
「都会には住めない」という確認をして、みなさん戻ってきて、
淡路で暮らしている。
 
パソナが淡路に移転してきたこともあって、
日本人によって淡路の土地がどんどん買われているらしく、
それは地元の人にしたら少々困ったことなのだろうけど、
それだけ未来の伸びしろを感じているということで、
 
そんな未来があかるい島が、
本当にオカリナ島(しま)になったらいいな、と思う。
 
 
宿は友地さんがご紹介してくださった南あわじ市の先っちょにある、休暇村南淡路。
この日は満室。
沢山の人が泊まっていましたが、
お風呂なんかは案外空いていて、
 
最高のロケーションの露天風呂でぼんやりとしながら頭はグルグルといろいろなことを考えていました。
 
四国旅行ついでに淡路島に立ち寄って、イングランドの丘で、たまたま、みらくるひかるの物まねショーが、
野外広場で行われていたのを聴いたのはもう7年ぐらい前なんだと思うけど、
その時、友地さんは、書を書く人で、その場にいたらしく、家本さんも、オカリナ体験教室でその場にいたらしい。
 
知らぬ間にイングランドの丘で、同じ時間過ごしていたなんて!
 
 
ということで、
 
友地さんの吟友工房を訪ねた様子を10分にまとめた動画は、明日朝7時にアップします。
お楽しみに!