フルート吹き初め会のてんやわんやな一日 | 大府市|オカリナ・ピアノ・フルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

大府市|オカリナ・ピアノ・フルート|MAiCO 音楽教室|名古屋市・東海市・刈谷市・東浦町

オカリナ奏者で、MAiCO音楽教室代表の西村麻衣子です。オカリナ演奏家として活動の他、名古屋市、大府市、東海市、刈谷市、東浦町周辺で、オカリナのレッスン(ピアノ・フルートも)をしております。

練習不足がたたって、昨日のリハーサルでパラパラとつっかえ、落ち込んで猛練習したのですが、

 

今日はいよいよ本番。
私の出番は14時半ごろですが、もちろん、朝から全員の演奏を勉強のためにも聞きたい!

 

でも、

一日座りっぱなしだから、犬の散歩に付き合って体をほぐすべく、

元気に30分ほど、

ストレッチをしたり、

後ろ向きに歩いたり、

準備万端。

image

家に帰って新聞を読みながら朝食を取り、

さて、支度をするか、と思った8時半。

 

ダイニングテーブルに座ったままの状態で、急にふわんふわんと大きなめまいに襲われ、

座っているのに座位が保てない体の重さ。

 

ちょっとこれ、普通じゃない、と思い、横になってくる、となんとか立ち上がり、ソファのあるレッスン室へ。

何かにつかまらないと怖い。

やけに体が鉛のように思い。

例えば、メニエールとか良性頭位めまい症とかいろいろ頭をよぎるんだけど、

これ、脳に何か起きてないか?と不安に。

 

でも、重いけど自分の意思で手足を動かしたりは出来るし、麻痺があるわけでもない。
もしかしたら救急車呼ぶ案件?休日診療にかかるべき?それほどでもないか?

とか思いながら、ソファで横になること1時間。

 

ちょっとトイレに行ってみようと立ち上がって廊下に出たら、柴犬の毛がパラパラと廊下に落ちているのが気になって、掃除機をかけてものの1分で、急に頭が晴れて元通りに戻りました。

 

10時前でしょうかね。

とりあえず午前は休んで、このまま問題がなければ夫に発表会会場に連れて行ってもらおうと思い、先生に連絡メールして、

更にしばらくゆっくりしてから立って練習をして、
そのまま、問題なさそうだったので、昼食を、、、と思った頃に、

親戚が脳梗塞で病院に入院した、という連絡。
 

このタイミングでの連絡に、自分の脳も怪しい。。。と思っていたところだったので、ショックを受けながら、

会場のドルチェホールへ。

image

先生も心配して下さっていて、ピアノ伴奏くださる、金澤みなつさんも心配されていて・・・・

 

みなつさんからは、「楽しみましょうね」とお声かけいだき、

先生からも「落ち着いて吹けばいいから」と言っていただき、

 

あっという間に自分の出番。

 

タファネルの、アンダンテパストラールとスケルツェッティーノ。

舞台に立てば何とかなってしまう演奏家魂で、無事吹き終わりました^_^


スケルチェッティーノで、後半、2か所明らかにミスッたのですが、実は後半、ブレスした瞬間、風邪気味で絡んでいた痰を、気管支に吸い込んでしまい、

 

絶対むせる!!!やややや、やばい!!!と超焦りながら、吹き終えたので、昨日の状況から考えれば、全体的にはよく出来た!とわれながら思います。

 

 

にしてもみなつさんの伴奏はすっごく吹きやすい。

みなつさんは、「西村さんが、こう吹こうって意思がはっきりしているからそれに付いていっているだけですよ」とおっしゃるんだけど、

 

もちろんピアニストはみんなそうなんだけど、

その中でも阿吽の呼吸を半端なく正確に合わせてくださるので、すごい吹きやすかったので、

ムセたあたりからは焦りましたが、そこまでは凄く演奏に集中出来ました。



オカリナでも是非お願いしたいです!

 

 

私の演奏写真は不細工なものしかない💦

IMG_0345.jpg

 

その後の休憩では、先生から、「すっばらしい演奏だった、よかったよ~」と「珍しく」三年前の、シャミナードのコンチェルティーノを演奏した時以来の誉め言葉をいただき、(2年連続、イマイチと言われていたし)

 

後で録音してあった演奏を聴いたら、決してすっぱらしいとは言えないとも思うんだけど(先生、昼食時に飲んだのかお酒の匂いしたなあ。。笑)

 

演奏中に思ったのは、

朝のことがあって、その後親戚の脳梗塞の知らせを聴いたので、

「舞台に立てて吹けるだけでも幸せだ」と思ったことかな~。

 

と、家で音源聴いて、2か所のミスに再び落ちてたんだけど、
持ち返しました、笑

 

いろいろとお褒めの言葉を他のプロの奏者の方やピアニストさんにもお声かけいただき、うれしかったです。

 

ずっと最後まで聞きたかったんだけど、

もともとの気管支炎の咳を耐えるのに必死で、
これ以上会場にいるとゲッホゲッホやりそうなので、

失礼してきました。

先生の門下でプロ奏者さんたくさんいらしたから、聴きたかったな~。

 

近くの銀座に志かわの、美味しい食パンも買えたし、

 

image

 

松坂屋南館で開かれていた紅茶のイベントに急いで顔をだして、




お友達の白砂朋子さんが出展されていた、このカワイイケーキを買って、

急いで帰宅しました。

 

image


明日いただくのが楽しみ^_^^_^


私の左のデコレーションケーキは白砂さんのシュガーアートなんです^_^


ちなみに

白砂さんは本名。


なのに白砂糖のアートをしてるって凄すぎ!






車に乗るころにまためまいに襲われましたが、

その後、この状況を知った方から、

一過性脳虚血発作の可能性も考えてはとアドバイスされ、

 

実は自分の心の奥底によぎっていたので、調べますと、

 

万一、脳虚血発作だった場合、この発作が出てから3か月以内に15~20パーセントの人が脳梗塞を発症するとか、その半数は、発作から数日以内に脳梗塞を発症するとか書かれていたのですが、


半身麻痺的な症状は無かったことから違うかなと思いつつ、

 

とりあえず、親せきが脳梗塞になったことも何かの忠告と捉えて、

明日の午前のレッスンを調整して、「怪しい疑いを消すため」脳神経外科に行ってこようと思います。明日の午前の生徒さん、ご協力ありがとうございました。

 

ちなみに親戚は、昨夕から異常に疲れて横になり、昨夜19時ごろ一旦目が覚めた際にはすでに半身麻痺が始まっていたのに、寝れば治ると眠ってしまったそうで。。。

翌10時ごろになって、ろれつがあまり回らない、着替えるのもままならない状態で連絡をしてきたそうで、

ただ、幸いその後の点滴で少し回復、軽い状態で済んだようで、急性期病院に入院2週間、その後しばらく別の病院に転院してリハビリをするようです。



あの聡明な方が寝れば治ると思ったのは不可解でしたが、

もしかすると一過性脳虚血発作を過去に起こし、半身麻痺に一時的になり、すぐ良くなった経緯があったからかもですね。

 

私自身、今朝おかしくなった時、どう対処したらいいか、決断できずに迷ったので、すぐに対処できなかったの気持ちはわかるのですが、
半身が動かない、おかしいとかになったら、即救急車、治っても、即病院、ですね。