2月9日 16時33分 獅子座で満月です。

既にかなり綺麗な月が見えていますね!
さっき家の庭から撮影した月の写真を掲載しています(*^^*)

 


 

雲?霞?に月の光が反射して虹色に輝いていました。

 

昨日は月暈もとれて✨



 

立春過ぎて、いきなり寒くなりましたが、
その分空気が澄んで、月明かりがすごいです。

 

さて、この満月ですが、ちょっと限界を突破しようとする感じがとても強いです。

月は獅子座の21度「興奮しながら鶏が飛ぼうとする」という度数です。

鶏は本来飛べないんですよね。残念ながら。
でも何としても飛ぼうと、力を振り絞っている。

鳥というのは霊的な存在を象徴します。
天と地を繋いでいるし。
でも鶏は飼われているし、本来の鳥としての力を失っている。

それでも、飛ぼうとする。

 

また、太陽は水瓶座の21度「絶望し幻滅した女」

これは、出生図に持っているとけっこうショックを受ける度数ですね…

でもこの度数ですが、絶望して幻滅して、それでも新たな人生にチャレンジしようとしている女、という意味なんです。

だから、個人的な要求を殺されるような立場に立たされやすい。
組織のために自分を犠牲にするなど、逆境での回復力を学ぶ。
自己の内面に向き合い、環境の過酷さに耐える。

というような意味になります。

起死回生的な感じですね。

 

月が1ハウス、太陽は7ハウスですので、
自分の心の限界、身体的な限界を超えて何かに到達しようとすること、

自分の過去の怖れや誰かや組織との間の確執、
システム上の可能性といった怖れや限界、
幻滅せざるを得ない現実みたいなものを感じ、
それでもそこから立ち上がり進もうとする、

そういった2つの限界や絶望みたいなものを超える、
というのがこの満月のテーマになります。

個人としての限界と全体やグループから見た限界を感じながら、
それでもできることを考える、という感じでしょうか。

 

この満月は、月と太陽のサビアンシンボルがけっこうしんどいのですが、
他の星々とは調和の配置が出来ていて、全体的に星同士が助け合っています。

社会での理想を現実化するためのパワーと対策を練るための
インスピレーションはどこまでも広がる。

新しい方向性、どんなところを変えていくべきかについての気付きが多く訪れる。

そして何より、ひるまず楽しもう、それでも成長しよう、
というモチベーションが自分の中から湧き上がります。

そのためにいったん視野を広くする。
海外に行くとか、趣味を楽しむのもよさそうです。

 

先日、「星使いの時刻表」をご愛用いただいている方からこんなメッセージが…☆



 

おおー!よかったですね!
本をお持ちの方は112ページをご覧くださいね!

本の方にはこのブログとは違う、より身近な表現で語り掛けるように言葉を紡いでいます。

レビューで、もっと星の根拠を示してほしい、というお言葉をいただいたので、
占星術を勉強している方のためにも、
2020年度のものはもう少し星の配置の根拠を書きました。

また、フルカラーの写真に文字を合わせるような装丁デザインが多いのですが、
文字が読みにくいというご指摘があったので、
今年はそのあたりにかなり気を付けました…

ということで、まだの方は2020年度の時刻表と手帳をご予約下さい!

来週末の東京でのセミナーには間に合うように印刷作業を頑張っていただいています!

 

セミナー会場にもフレグランス持っていきますね!
☆星使いの時刻表セミナー2020
2月15日(土)@東京 2月13日締切ます
2月22日(土)@大阪

超大事な2020年を最高にするために♡
星の舞公式LINE♪ 友達追加してね!
☆ブログの更新情報、メルマガの転載をタイムラインにアップします
☆イベントやセミナー(時にはシークレット企画)をご案内します
約19,400名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです ↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆
 【海部舞の書籍一覧 ※Amazonに飛びます】
imageimage
 




引用元:【星使いの時刻表】獅子座満月~限界突破と起死回生…?