過ぎてしまいましたが、8月12日、牡牛座で下弦の月でした。

 

山羊座の木星と牡牛座の月が調和の配置を取り、
魚座の海王星とも調和していて小三角という配置が出来ています。

 

私生活が豊かに充足感で満たされ、
自分の願いや想いが現実のものとなっている喜びを感じられる瞬間がありそうです。

 

対して獅子座の太陽は山羊座の木星や魚座の海王星とヨッドという形を形成しています。

自分の想いや願い、現実的に想像しうる最大限に叶えられる未来に向けて、

意図を明白に定めていくことを求められているような印象があります。

 

 

昨日tweetしていました。

 

 

 

ちょうどインドネシアのスマトラ島でも噴火がありましたが、
獅子座に太陽があるあと10日くらいはまだ注意が必要かもしれません。

火のエネルギーが強いです。

 

ただ、楽しいですね。

久しぶりの明るい気持ちを感じられることがありそう。

 

 

月が天王星と緩く重なり、獅子座の水星や太陽に対して手放しの配置を取っているので、

自分の考えていた方向性、やりたいことであきらめること、考えや意図が変わることがありそうです。

それは前向きな手放しです。

 

 

火、地、水と一つ一つのエレメントのエネルギーが主張しあっていて、

自分の中のどっしりと揺るがない何かをしっかりと確認することが大切になりそうな下弦の月です。

 

 

次の19日の獅子座新月は、自分の新しい社会的な役割に向って、

前向きにぐっと踏み出していくような配置になっています。

 

この下弦の月はそのために気持ちや現実面などをしっかりと確認することが大切なように思います。

出発前の準備ですね、まさに。

 

 

下弦の月のサビアンシンボルは牡牛座20度「雲を作り運び去る風」

偶然の出来事が人生を左右するヒントとなる。

知りたいことや自分の行くべき方向を、いろんな日常的な暗示や兆候で読むことができる能力。

暗示的なスピリチュアルな霊感がたびたび訪れる。

神秘的な能力の発達。

 

というような意味になります。

雲は天からのメッセージ。

 

この先のために大切な暗示、メッセージがたくさんありそうな1週間です(*^^*)

 

 

 

 

 

太陽は獅子座の20度で「ズーニー族の太陽の崇拝者」

失いかけていた情熱を高め、集中する。

自然のエネルギーの賛美へと回帰する。

自由な暮らしに自分の根拠を置く。

サイキックな能力が動く。

舞踏に関係。

 

 

月と金星がエネルギーを交換し合い、

けっこう強く影響していますので、

私生活、お盆休み、夏休みが充実したものになりそうです(*^^*)

 

ご自分の地元でも、

自然に触れられる場所に出かけられるといいですね。

 

 

皆さまが定めていく方向性のヒントとなりますように。

 

 

 

9月の平日コースは満席です!増席も検討しますので、キャンセル待ちとしてお申込ください
 

事前に初級のホロスコープセミナーの受講が必要になります。
オンラインコースか、認定講師やホロスコープリーダーからの受講が必要になりますのでご検討ください!