時刻表の読み方って | Passage ☆ My Railway Note

Passage ☆ My Railway Note

鉄道に関するあれこれ+ものすごくたまにお話も書いてます。                           


テーマ:

 12月7日日曜日に2時間ほど、那珂湊駅(ひたちなか海浜鉄道)の湊鐵道応援団 ブースで、ご案内ボランティアをしていたときのこと。


 小柄な年配の女性が「トイレはどこですか?」と訊いてきました。駅のトイレはちょっとわかりにくいところにあります。周りには他の応援団員もいたので、ブースを出て駅の出入り口まで一緒に行き、「この道の左側です」とご案内。


 「わざわざありがとうね」


 女性はトイレの方に歩き出し、私はブースに戻りました。それからしばらくして、自分も女子トイレのトイレットペーパーのチェックをかねてトイレに行こうと駅を出ると(駅員さんも応援団員も、男性ばかりなんですよね)さっきの女性が市のコミュニティバス「スマイルあおぞらバス」とひたちなか海浜鉄道の時刻表が載っている新しい時刻表を眺めながら駅前のバス停留所と駅の間に立っています。ああ、バスで移動するのかなと思ってトイレに行ったのですが、トイレから戻る時もほとんど同じ格好で時刻表を眺めて「固まってる」感じなのです。もしかして、見方がわからないのかな?と思って声をかけてみました。


「バスでお出かけなんですか?」


すると女性は私を覚えていたようで、すぐに時刻表を差し出して


「“ファッションクルーズ”に行きたいんだけど、バスは10時50分でいいんですよねぇ?」と答えました。


一緒に時刻表をのぞきんで、「ええ、次は10時50分ですね」というと、女性は

「帰りのバスってあるんですかねぇ?これの見方がよくわからなくって・・・」


 スマイルあおぞらバスは、これまで同じ方向にしか走っていなかったのですが、11月1日から一部折り返しの逆方向に同じコースを回るようになったのです。それで、時刻表には進行方向を示す矢印がついていて、ちょっとややこしいのです。(ダイヤ改正後の乗車レポートは⇒こちらこちら


Passage ☆ My Railway Note

(↑私物なので書き込みがありますが、クリックすると少し大きくなります)


Passage ☆ My Railway Note

「ええと・・・帰りはどちらにお戻りですか?勝田?那珂湊?」


“ファッションクルーズ”は、JR勝田駅に戻る路線と、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に戻るコースの2系統のバスが走っていて、どちらにもいけるのです。


「ここに戻るの・・那珂湊駅ね」


「だったら、那珂湊コースですね。矢印がついてますけど、どのバスも那珂湊駅からぐるっと回って那珂湊に戻るから、“ファッションクルーズ”の時刻だけ見ておけば、回り方が違っても那珂湊に戻れますよ。料金はどこまで乗っても100円だけですし」


「ああ、そうなの。じゃあ安心ね。この前初めて行ってみて、いろいろ見るところがあって楽しかったから、バスで行ってみようと思って」


「そうですね・・・14時も16時2分も、行きとは反対回りだから同じ道を通って帰れますね。バス停はあちら・・もう停まってますね」


「じゃあ、行ってみます。ありがとう」



 お年寄りにとって、細かい文字は見るもの大変ですが、あまり出かけることがなかった女性だと時刻表の見方もわからないことがあります。高齢化が進む町では、高齢者にもわかりやすい表示を考え、気配りをすることが大事ですね。何でも遠慮なく言えるオバちゃんばかりではなく、遠慮してしまって思うことも言えないおばあちゃまもたくさんいらっしゃるのです。様子を見て、困っていそうなら声をかけることも大切だと思いました。


  

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 時刻表へ
時刻表

さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス