八百万の神々の国のオハナのみなさまへ

ありがとう
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」「そうか、そういうことか〜」
※記事の冒頭と最後に記載されているこの言葉には、強力な浄化作用があります。
全ての物事の”始め”と”終わり”に使えるので、一部表現が違います。最後もご覧ください。
 
 

こんにちは、みつです。

『人生が教科書』Season5がスタートしましたクラッカークラッカークラッカー
 
 





 
このシリーズを初めて見る方のために少し解説しておきます。
 
この『人生が教科書』は、和オポノポノを提唱し始めたある日、朝目覚めに突然降りてきた10のテーマ(お題)について、1話ずつ語るシリーズです。ですので、まずお題だけが決まっていて、過去に4回、その時々の自分の成長や理解度に合わせて物語ってきました。
 
 
お題だけをそのままに、バージョンアップしたみつの新たな解釈を乗せてお届けする形でシリーズを重ねてきました。どのシーズンも、みつ自身が人生から学んだ出来事を、皆様の理解の教科書となれるようにお話しするのが、『人生が教科書』です。
 
 

今回は、その第一弾「問題の本質とは?」です。
 

 

 


 
先に、前回の『人生が教科書』から、みつの人生の変化と新たな現実の展開についてお話をしておきます。

・結婚生活にピリオドをうった。
・全捨離(住まい・家財道具・職業など全てを捨てる)をし、
 秋田を離れ流浪の旅に出る。(現在は埼玉県)
・スキルだけで生きることを決意して、労働者として
 会社には所属していない。
(早くいうと無職?いいえ、職業は秘法使いですウインク

 
人生が教科書の1話〜10話までのお題は。
 
第一話 問題の本質とは?
第二話 覚醒のプロセス
第三話 100%負けるから1%
第四話 感情のカケラ
第五話 自分が3+1とわかるとき
第六話 三位一体+1が働きだすと寝る
第七話 今を生きているという実感
第八話 人生は反省会
第九話   HAは生きるために
第十話 わたしはわたしで、わたしがわたし
 
 

先日アップしたブログ・・・
 
この中で信念の話をしています。
人の成長とともに親から受け継いだり、学校で学んだり・・・誰か・何かからあなたの信念という前提にインストールされた
 
●前提に由来する信念・・・paulele(パウレレ)生前よりある概念
●態度に由来する信念・・・kuana (クアナ) 経験の中から出来上がってきた概念
 
この二つの信念は、疑いようもなく本人の概念となっているので、それを変える事はほぼ不可能な様に思えます。しかしそれを持ち続けている限り、自分の人生を自分らしく生きるということが不可能となります。
 
何故なら、その信念は、誰か、もしくは何かの思惑(思考)の中から生まれ出たものだからです。あなた自身で、効果効能や正しい事がなされているという検証を重ねた上で作り上げたものではないからです。
 
あなたが作り出した信念ではなにものかに従って、誰かから与えられた信念という名の「概念」を持ち続けることで、他人から与えられた概念の思考で自分自身の人生を生きていると、自分軸からブレる人生になるということなのです。

  ​常識とは、18才までに身につけた、偏見のコレクションのことをいう。    アルベルト・アインシュタイン


信念の設定を変えながら話をしていかないと、ちゃんとあなたの心の中、思考の中には、届かないことが分かりましたので、今回は、2つのパターンで語ることにしました。

今まで通りの光側の明るいみつバージョンと、闇の話から学ぶBLACKみつバージョン(通称「くろみつ」)です。

みつの人生の一面と裏側の一面から、信念や概念に刺激を与えることで、あなたの参考となる気付きが起こってくれることを期待したいと思います。
 

  
■問題の本質
 
問題とは何か?・・・ここでいう問題の本質は『悩み』です。悩みとは精神的に苦痛・負担を感じること。そう感じさせるもの。

和オ・ポノポノでは問題を『出来事』と『感情』に分けています。感情の解決のアプローチは問題を潜在意識の中に戻して、自分の中で潜在意識側から顕在意識に向かって「懺悔」(これも一つのゆるし)を行い、顕在意識側から「ゆるし」を行います。
 
※動画内では「懺悔と和解」という言葉を2度、3度と言っていますが、正しくは「懺悔とゆるし」です。その結果が和解に至るということを言いたかったのですが、それが、「懺悔と和解」という言葉になってしまいました。

和オ・ポノポノは、感情面のアプローチにとても有効なメソッドです。問題にくっついている感情は「味わい尽くす」ことで終了します。
人間は、感情を感じ過ぎると(許容範囲を超えると)、あるところから諦めの境地に達します。その瞬間、「ま、いいか…」「もう、いいや…」という諦めという名の許しなのですが、感情に対して緩める(力が抜けた状態・・・ある意味リラックス状態)ことができます。そこまでくると感情にゆるしを与えるので、感情側から懺悔がやってくるのです。
※ここは非常に難しいので、何度も読み返してください。

信念に対する今回のアプローチは、選択肢のお話です。日本人は、2つの選択肢を与えられるとそこに制限という概念が自動的に働いてしまうところにあります。2つなら2つ、3つなら3つという選択肢を提示されると、無意識にその制限の中から選ぶということが起こります。
 
この無意識の意識なので・・・「それ、違うよ」と言っても、あなたは「は?なんで??」ということが起こります。その小さな気付きが大切なのです。

気づいてあげる、気づかせてあげる。ということで、本質に迫る道への第一歩になります。
 
 
そして、問題の本質とは人の数だけそれぞれにあり、「その問題をどのように解決したいのか?」「解決したくないのか?」「今はまだ手をつけずにやり過ごすのか?」解決に至る道筋もその人それぞれの考え方によって違います。

解決に至る方法や捉え方は千差万別であり、一概に「こうです!」とは言えません。まずは、みつの現時点の観点からの結論をお伝えすると・・・この世の全ての物事の成り立ちはマナであると考えています。全てが愛(マナ)でできているとなります。

愛とは優しいでけではありません。

プラスの側面の究極は幸せですが、マイナスの側面の究極は恐怖心であったり怨み・つらみである場合もあります。問題が起こる要因はその人それぞれの学びを完了させるために起こると言ってもいいでしょう。その人それぞれの人間値(人としてのレベルの段階)や学びの種類によって問題(課題)の現象が違います。
 
しかしその源を辿ると・・・全ては愛でできているとなります。
 
問題の本質とは・・・「愛である」
これが、今現在のみつの理解となります。


しろみつバージョンの『問題の本質』物語は以上です。


 

 

 

 

 

最後までお読みただき、ありがとうございます。

YouTubeのご登録をよろしくお願いいたします。

その際、通知(ベルのマーク)もご一緒に・・・お願い致します。

 

 

 

 

 

 

最後の最後までお読みいただいたあなたを・・・

愛を込めて・・・
皆様に多くのマナが溢れます様に・・・。

 

また記事に関するご質問はコメント欄からお気軽に♪

 

 

 

 

 

 

 

★☆★ フナの秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリング、セミナー、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字販売。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪

 

 

 

 

 

「和多志は愛に生きます。

和多志たちと 和多志たちの家族、親類縁者、先祖代々に遡り、平和が永遠とともにありますように」

「終わり 愛の祈り」

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」

「ごめんね」「ゆるします」「愛しあいます」「ありがとう」
「そうか、そういうことか〜」「すべて完了しました」


ありがとう

ありがとう
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」「そうか、そういうことか〜」
※記事の冒頭と最後に記載されているこの言葉には、強力な浄化作用があります。
全ての物事の”始め”と”終わり”に使えるので、一部表現が違います。最後もご覧ください。
 
 
こんにちは、みつです。
 

みなさん、「和オ・ポノポノ」を実践されていますか?
自分は、熱々な日々の中、コツコツと欠かさず和ポノ・ライフを実践しています。


今日のお話は、「今後、和オ・ポノポノを使って何を成し遂げようと思っているのか?」についてです。
やっと方向性が決まったので、発表したいと思います。
 
 
実はここ最近動画やブログを滞っていたのは、「人生が教科書」の新バージョンを出すために構想を練っていたからです。
その作業の中でふと沸き上がった思いそれは・・・
 
 
今までブログや動画で発信してきた情報は、言うなれば【みつの光の部分】で表現していました。
しかし、「秘法使い対談」のSakaiyaさんや旅ちゃん、そして実際にカウンセリングを受けていただいた方々とどうやって対話し問題を解決してきたか、を思い返した時・・・
オンライで見せている顔の裏にあるみつの過去の膨大な体験から発する言葉による影響が大きいのではないか、という考えに至りました。
 
 
思えば、この世の理が【陰陽の法則】であるなら、光が光であるためには暗闇がなければ本当の光が届かない、というのが理にかなっています。
 
 
そこで今回・・・もう一つのみつの一面  BLACK みつ(くろみつ) をお届けする新たなプラットフォームを始めることにしましたクラッカークラッカークラッカー
 
 

 

 



 

 

みつの夢は和オ・ポノポノを日本語で世界に広める】ことです

 


自分自身を信じ切ることのできる自分自身になる=『じぶんを信じるじぶん教』を提唱しはじめた人間として、今後は、自分の夢を広く語っていくことを決意しました。

 

記事や動画を発信する中で感じるのは、和オ・ポノポノや潜在意識との関係性、内なる神etc..と言っても、その情報に触れた時のその方の状況や理解力によって、「理解出来ない」「使いこなせない」という差というものが生じているということです。
 

そこで今後は、お伝えする内容を聞き手の理解に合わせ、直ぐに使えるよう段階に分けて発信していこうと思います。

和オ・ポノポノに興味を持っていただいた、または既に始めてくださっている方が自分で使いこなせるようになる。更には、和ポノによって自身の才能が開花され、周りの誰かを助けることができる存在になってもらえたら、これ以上にない喜びです。

 


そう思った時・・・

まずは、現在自分自身が抱いている大きな夢を、目の前で叶えていく姿勢を、皆さんにみていただきたいと考えました。

和オ・ポノポノを広めていく上で、その責務が、使命が自分にはあるのです。
 

最近、未来の願望実現に関して様々なインスピレーションを受取る方法を見つけ、現在はそれを検証・実践しているところです。それを体系化し、『夢を現象化させる祈りの儀式』を創るチャレンジをしている最中です。
 
 
このような大きな変化に合わせ、今後は、新たなフェーズとしてプラットホーム毎に発信スタイルを変えることにしました。
 
Youtubeは、これまで通り無料で出来るだけ分かりやすい情報を配信していきます。今後は、主に初心者の方に向けて、過去の情報から抽出した情報を網羅しつつ取り組みやすい動画として撮り直していこうと思います。
配信スタイルは変わりませんが、話す内容はより洗練し、分かり易いものにグレードアップさせていきます。

そして今回新たにスタートするプラットフォームでは、これまでの配信ではほとんど見せることが無かった(出せなかったw)もう一つの顔で、人生の難関を乗り越えるために役立つ情報を有料配信していきます。
 
これまでは『みつの光の部分』だけで語ってきましたが、昨今の社会情勢の中で人々の悩みや不安はより深いものになりました。そのような人々に本当の意味で役に立つには、これまでのやり方では難しいのではないかと感じています。
 
但し、『ダークサイドな部分』と言っても、非合法云々ということではありません。一般の方ではほどんど通ることが無いであろう経験を人の何倍もしてきた・・・裏も表も知り尽くしているという人生経験を持つからこそ語れる内容を開示しながらお話しますということですので、心配しないでくださいね。

このブログやYoutubeに情報を求めてくる方々は、30~40代の女性、50~60代の男性がメインです。カウンセリングに来られる方もそうですが・・・ほとんどの方に共通する特徴は【真面目すぎる生き方】をしてきたという点です。
 
(これは、特に日本人なら当たり前のことなのでしょうが・・・)そういう方々が、真面目とは縁遠いみつに助けを求めてく来られます。その際、常識的なものの考え方だけしか出来ない人間であったら、根本解決には導けなかったでしょう。人には言えない、あり得ない様々な経験を乗り越えてきたという経験値があるからこそ、真面目すぎる生き方から脱却する解決方法をアドバスできるのだと思います。

和オ・ポノポノやホオポノポノも、スピリチュアルという分野に分類される話だと思います。その分野では、本当に能力がある方もたくさんいらっしゃいますが・・・シニアと言われる年代の方々が相談に来られたた時、20代や30代のカウンセラーに圧倒的に欠けているのが、積み重ねてきた人生の経験値の重みなのではないでしょうか?


新たなプラットフォーム「mediable(メディアブル)」では、これまでプライベートな会話の中でしか語ってこなかった様々なエピソードの中にある学びを有料でご提供していきます。
 
Youtubeにもリンクを貼りますが、Youtube動画で興味を持っていただいた方で、更に深い話を聞きたいという方はお越しください。mediableは途中まで視聴でき「ここからは有料」というnoteと同じような機能や、クリエーターを応援するサブスクの様なサポートシステムがあります。

今後発信する情報は、これまでとはスタイルがガラリと変わっていきます。みていただく方々それぞれの感じ方で、みつのスタイルに賛同していただけたら・・・ぜひとも応援の程をよろしくお願いいたします。


現在は1本目の動画の編集中ですが、まずはブックマークしておいてくださいね。ワクワクラブラブ
 
 
 
最後になりましたが、みつは最近、潜在意識からのメッセージをカードリーディングを通じてもらっています。
 
潜在意識からアドバイス・メッセージをもらうと言っても、自分自身の潜在意識からの言葉ではなくて、YouTubeで発信されるカードリーダーの方の言葉をメッセージとして方向性を決める時のヒントとして活用しています。

今回は、お勧めのカードリーダーの方3名ご紹介させて下さい。
 


 

お一人目・・・「秘法使いタロティスト KAZUKI」さんです。和オ・ポノポノ歴1年の実践者で、「秘法使い対談」にも出演いただいたみつのお弟子さんです。

KAZUKIさんは、全くの未経験からカードリーディングを学び、動画をアップされています。
ほとんど屋外でリーディングをされていますので、今の時期はセミがギャンギャン鳴いています。
動画再生の前に音量を少し下げておかないと容赦ない音量で蝉が鳴きます。
 
カードリーディングとは、その動画を観ている時点で当たるのは当たり前で、大切なのは、メッセージを受け取る時点で読み手と聞き手の潜在意識がアカコードによって繋がっているということです。日常の行動に必要なメッセージですので、指針にしてみてください。
 
最新動画はこちらです・・・チャンネル登録がまだの方は、ぜひ登録して下さい。観終わった動画には『いいね』をお忘れなく・・・
 

 

 

 

お二人目・・・「TAROT KK」さんです。登録者4千人の時くらいから観ております。最近登録者1万人を達成されて、今では1日に200〜300名の登録者数が増えています。そして、最近のリーディングでは、声の張り・自信の裏付けノリにのっている勢いのあるリーディングをされています。
KKさんの良いところは、聞き手をネガティブな思考にさせないところ、リーディングを観ているだけで、「自分は出来るんだ!
自分という存在は凄いと自分を褒める」という気持ちにさせてくれます。

最新、1万人登録者達成記念でライブ配信をされました。ご本人に勢いがあり、益々発展していくチャンネルです。ライブの中で仰っていましたが、KKさんのタロット歴は実は2年ほどです。一年目に動画配信を始め1万人を達成されました。真剣にやれば、年月は関係なくこうなれるのだ、という夢の実現を体現されている真っ最中です。

 

 



三人目の方は「soleil☀︎のORACLE伝言板」さんです。この方のリーディングの実力は素晴らしいです。

精力的に動画をアップされていて、1日に2本〜3本アップされる時もあります。この方は西洋占星術を学ばれておられますが、情報量は凄いのに専門用語をあまり使わない、優しい気持ちにさせてもらえるリーディングです。

 

ほとんどの動画が、観た時がタイミングというスタイルを取られていますので、好きな動画を選んで観た動画の必要なところだけを受け取るように使わせていただいています。

動画のサムネイルの絵はご本人が描かれたもので、御自身でカードを製作していて、観進める内に、才能溢れた凄い方だと知りました。
改名なさいましたが、以前は「ふぉーちゅんてら〜」soleilさんと名乗っておられ、「ふぉーちゅんてら〜」とは「個人的な占い師」という意味で、「soleil 」さんは、フランス語「太陽」という意味です。


ここ数日前に今のお名前に改名されました。

 

soleil☀︎のORACLE伝言板 こちらです。


こちらが最新動画です・・・

 

必ず、チャンネル登録をしてくださいね。分かる方にしかわからないと思いますが、応援しておかないと後悔すると思いました。そんな感覚にさせてくれるレベルの才能です。必ず世に出る方になりますので、今、ここから応援してください。


 

 

みつの情報発信は、これからBLACKなダークサイドを皆さんと共有してまいります。

今までの光側の視点のほかに、暗闇側から見た視点、社会を裏側から見た視点というものが加わり、
みなさまの思考の幅が広がってくださることを願いつつ・・・今日の物語は以上となります。

 

 

 

 

 

 

 
★☆★ フナの秘法使い みつ サービスサイト ★☆★
カウンセリング、セミナー、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字販売。
ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ 
 

 

 

 

「和多志は愛に生きます。

和多志たちと 和多志たちの家族、親類縁者、
先祖代々に遡り、平和が永遠とともにありますように」

「終わり 愛の祈り」

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」

「ごめんね」「ゆるします」「愛しあいます」「ありがとう」
「そうか、そういうことか〜」「すべて完了しました」

ありがとう

ありがとう
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」「そうか、そういうことか〜」
※記事の冒頭と最後に記載されているこの言葉には、強力な浄化作用があります。
全ての物事の”始め”と”終わり”に使えるので、一部表現が違います。最後もご覧ください。
 
 
こんにちは、みつです。


前回から、ハワイの秘法 フナの教え「7つの宣言」について紹介していますが・・・
前回の記事はもう読まれましたか?

初めての方の為に簡単にお伝えしておきますと・・・
 
フナの教えとは、有名なホオポノポノの源流となる教えです。SITH(セルフアイデンティティ・スルー・ホオポノポノ)の創始者で、みつの師匠でもある故モーナ・ナマラク・シメオナ女史は、フナを使うカフナでした。
ホオポノポノを理解するには、このフナの教えを理解する必要がありますが、みつとしては「フナの教えは、7つの宣言に始まり、7つの宣言に終わる」と捉えています。
 
 
前回は「7つの宣言とは何か?」ということと、3つの宣言についてお話しましたので、今回は残りの4つと、一般のバージョンの宣言と秘法使いバージョンがあるというお話をします。
 

 

 

 

 
7つの宣言を初めて聞く方のために、全文を記載しておきますね。
 

目覚め 7つの宣言

 

1.気づきなさい。和多志たちの考えが世界をつくっています。  
  和多志たちは成功する力を持っています。     IKE  


2.自由になりなさい。限界はありません。   
  自分たちに成功する権利を贈りなさい。        KALA

3.焦点を合わせなさい。エネルギーは意識を向けたところへ流れます。   
  成功するための意欲を高めなさい。          MAKIA

4.ここにいなさい。力は、今この瞬間にあります。   
  成功する意思を持って、今すぐ始めなさい。      MANAWA

5.幸せになりなさい。 愛は力の源です。   
  幸せになることを楽しみ、感謝しなさい。       ALOHA

6.自信を持ちなさい。すべての力は内面から生まれます。   
  どんなときも自分たちを信じなさい。       MANA

7.前向きになりなさい。「効果があるかどうか」が成功を測る物差しです。
  いつでも最高を期待しなさい。           PONO

 


 

 

この宣言はハワイの秘法と言われるフナ(秘密)の教えとなります。和オ・ポノポノの源流もフナの教えです。この教えを実践する(祈りの中に加える、全文を読む)ことは、ハワイの秘法を使うことになりますので、大切な約束事として、事前にフナの誓いをたてる必要があります。



※この誓いは一生に一度でかまいません。

一度読んでいる方は読み飛ばして下さい。

 

フナの誓い

 

和多志たちはフナを実践するとき、自分の知識や能力を使って他の存在の自由意志に干渉しないことを約束します。

そして彼らの意志に反して影響を与えたりしないと誓います。

治療は相手の許可を得てからおこないます。

和多志は他の存在が幸せになるためにフナを使うことうことを約束します。

心からそう誓います。

そうなりますように、準備は整いました。

全て完了しました。

 

 

 

 

 

それでは、「7つの宣言」について解説していきます。

 
■7つの宣言(一般バージョン)
 
1、気づき・・・IKE
2、自由・・・・KALA
3、集中・・・・MAKIA
4、忍耐・・・・MANAWA

5、愛・・・・・ALOHA
6、力・・・・・MANA
7、効率・・・・PONO
 
 
1〜4の『気づき、自由、集中、忍耐』の部分が、4つの格言と言われる部分です。
 
繰り返しになりますが、みつは、フナの教えは7つの宣言に始まり7つの宣言に終わると言っています。【フナの教え=7つの宣言】と言って過言ではありません。
 
日本語訳で7つの宣言に一つの単語を当てはめると、数限りない解釈があることをご理解ください。一般バージョンの4「忍耐」は大きな枠組みで捉えると『ゆるし』という解釈が入っていますので、4つの格言は『気づきで始まりゆるし』で終わると言っています。
 
フナの教えも全く同じで、気づきで始まりゆるしで終わります。最終的に統合された目的は効率となっていますが、本来の目的は調和または平和に至るのです。

 
7つの宣言を使って日々執り行うこととは・・・
 
●祈りの中で7つの宣言の格言を使って問題解決を行い
●3つの道具を日常の中で日々意識することで三位一体となり
●マナを集め祈りを捧げていく過程から四魂一霊となり
●本来の自分である調和した自分になっていくということなのです。


一般の7つの宣言では、気づきの後に自由となり、問題に気付いた場合その問題を一度浄化してしまいます。その後、新たな目標に向かって集中力を使いそしてゆるしという結果を導き出すのです。
過去の問題を一度なくしてしまうというのが、7つの宣言一般バージョンということです。

一般バージョンの7つの宣言を採用しているプログラムは、ワクワク・プログラムとなります。
みつ自身3年以上にわたって一般のバージョンで7つの宣言を使ってきました。こちらでは先ず3つの道具である三位一体・マナを集める・アカコードをたどるを重点的に身につけて下さい。一般のバージョンでも十分な効果がありますので、日々の祈りの実践に加えて下さい。

 


■7つの宣言(和オ・ポノポノ・バージョン)
 
1、意識・・・IKE
2、集中・・・・MAKIA
3、解放・・・・KALA
4、導く・・・・MANAWA

5、幸せ・・・・・ALOHA
6、愛・・・・・MANA
7、調和・・・・PONO
 
 
これに対し、和オ・ポノポノ・バージョンでは『意識、集中、解放、導く』の4つの格言を、意図的に一般バージョンのものと入れ変えています。
※4は『導く』となっていますが、大きな枠組で『ゆるし』であると捉えて下さい。
 
 
「和オ・ポノポノ・バージョンと、一般のバージョンは何が大きく違うのか?」ということをお伝えします。
1の『気づき』は、どちらのバージョンも同じです。『集中』をしてから『解放』ということで、4つの格言は根本的な問題解決の方法でテンプレートになっています。
 
和オ・ポノポノにおいては、これまでずっと過去の問題を愛に変容をして潜在意識の記憶倉庫に戻すという問題解決をしてきました。一般バージョンでは、問題をなきものにしてから、新たな未来を創造するという感覚なのに対し、和ポノ版では、過去の出来事を一度悩みのタネを解決した後に悩みのタネを元として未来のタネとして再利用するという考え方です。
悩みのタネは過去の経験値として記憶倉庫の引き出しに仕舞い込んでおいて、必要な時には再利用に使えたり、新たなものを生み出すための新たなタネとして使うという感覚です。
 
簡単に言うと・・・一般バージョンは過去を断ち切って未来を再構築する手法で、和ポノ版は『温故知新』という過去を再利用する手法をとっているとご理解ください。
 
7つの宣言和オ・ポノポノ・バージョンは、上級ワクワク♪プログラムの中だけに掲載しております。何故、上級ワクワク♪プログラムの中だけにしたのか?という理由は、和オ・ポノポノバージョンの7つの宣言が、インスピレーションから降りてきて、すぐさま実践を新しいバージョンに切り替えたところ・・・気づきのスピードが一般バージョンの10倍のスピードで起こりはじめたからです。自分でも驚きの連続です。このことに関しては、これから徐々に紐解いていくことになりますので、お楽しみに・・・和オ・ポノポノバージョンは、こちらのプログラムに掲載しております・・・

 

 
 
【4つの格言】は全ての悩み事に当てはまり
根本解決まで導ける超優秀なテンプレートです。
 
 
しかし、このテンプレートをフルに活用する為に必要な【3つの道具】を使うためには、使う人それぞれの中に宿る能力を最大限までに引き出す必要性があるのです。
 
 
古代ハワイアンの中で行われていたこの儀式を広めたマックス・フリーダム・ロング博士は、かつて『フナの呪術を可能にしている3つの秘密』を探し求めていました。その3つとは、宣言の5番目『ALOHA三位一体(3つの意識)』と、6番目の『MANA(マナ)』です。そしてもう一つが、7つの宣言の中には記されていないマナを通す目に見えない物質『アカ・コード』となります。
※アカ・コードのことは、エーテル体と同じものです。
 
 
みつがフナを学び始めた時から一番多く語ってきたことは、【三位一体の意識】【マナを集める・過充電する】ということでした。4つの格言・3つの道具・・・と何やら分かり難いかもしれませんが、要は「7つの宣言は、あなたが幸せになるための問題解決のテンプレートである」とうことです。

 

そして特に強くお伝えしたいのは、何を先においても【まずはあなたが幸せにならなければならない】ということです。親が子を、子が親を、友人や恋人を・・・大切に思うことは当然ですし気持ちは分かります。ですが、あなたが幸せにならなくては、他の誰かを癒すことなど到底出来ないのです。

 

 

「平和はわたしから始まる」ヒューレン博士の言葉です。

これは「幸せは和多志から始まる」と同義語です。

 

 
「三位一体になると言っても具体的に何をすればよいか?」について、ホ・オポノポノの書籍等では、『私』を『私たち』と表現するという記述しか出てきません。少し深く学ぶと、クラスで学ぶ「12のステップ」の最初で、三位一体になるための物語を読むくらいです。
 
みつは、ホ・オポノポノを学んでいて(これでは三位一体の意識にはほど遠く、常に自分が三位一体の存在であると認めることなど出来ない)と痛感したため、ワクワク・プログラムの朝晩の祈りの中に「意識的に三位一体になる儀式」を組み込みました。
 
また、日常の中で常に三位一体の意識であることを思い出すこと、マナを集めるために呼吸法や瞑想法、マナを集める方法を学び、祈りの際にウハネやアウマクアにマナを届けることで祈りが神聖な意識に届き、自分自身の中に神格様が顕現するという・・・

 

 

本来の自分として目覚める。

本当の自分とは何者であるかを思い出す。

 

 

という、一般的には「覚醒」であるとか「悟りの境地」という意識レベルになれるよう昇華させたものが和オ・ポノポノです。

 
これは「特別な才能を持って生まれた選ばれた人だけがそのような境地にたどり着けるのか?」というと、そうではありません。才能など全く関係なく、普通と言われる一般の人も覚醒や悟りの境地に達することが出来る、という・・・村人Aが問題解決の旅路の途中で超能力者に生まれ変わっていくという、秘密のプログラムなのです。


この文章を読まれている方々の中から、早く「気づいてあげなさい。気づかせてあげなさい」のプロセスが始まりますように・・・
1日も早く和オ・ポノポノのワクワク・プログラムにチャレンジしてください。
 
 
 
 
本日のお話は、以上です。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みただき、ありがとうございます。

YouTubeのご登録をよろしくお願いいたします。

その際、通知(ベルのマーク)もご一緒に・・・お願い致します。

 

 

 

 

最後までお読みいただいたあなたを・・・

愛を込めて・・・
皆様に多くのマナが溢れます様に・・・。

 

記事に関するご質問はコメント欄からお気軽に♪

 

 

 

 

★☆★ フナの秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリング、セミナー、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字販売。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪

 

 

 

 

 

「和多志は愛に生きます。

和多志たちと 和多志たちの家族、親類縁者、先祖代々に遡り、平和が永遠とともにありますように」

「終わり 愛の祈り」

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」

「ごめんね」「ゆるします」「愛しあいます」「ありがとう」
「そうか、そういうことか〜」「すべて完了しました」


ありがとう