まほう の ことのは

幸せの種は貴方の中にあります。

自分らしさに繋がって、
あなたという花を
一緒に咲かせてみませんか?


テーマ:
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
 
【早割は4月14日まで】
 
4月30日(祝・月)開催
【東京プロテクションセミナー②
(物質・空間編)】
 
単発受講可能のセミナーです。
 
残席4名様となりました。
 
【お申込・詳細はこちら】
https://resast.jp/events/252444
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
 
 
 
 こんにちは、
直観アドバイザーKazuです。
 
 
シャンシャンシャンシャン♪
 
ドンドンドーン♬

 
母が入院している病院に
お見舞いに行ったとき、
 
病棟から元気な音が
聞こえてきました。
 

そこは精神科の痴呆病棟。
 
アルツハイマー型認知症の
おじいさん、おばあさんたちが
入院している場所です。

 
私の母は去年の2月に
症状が重くなり、
 
認知症からくる暴言や
暴力が増えたため
精神科の痴呆病棟に
入院することになりました。
 

当初は母が暴れたため
強制入院の措置を
取らねばならなくなり、
 
「他にできることは
無かったのか。」
 
と私も姉兄たちも
もがき苦しみましたが、
 
症状が落ち着き
閉鎖病棟から
一般病棟へと移動すると
 
全員でカラオケをしたり
塗り絵をしたりなど
自由度が増え、
母に笑顔が戻ってきました。

 
その後さらに状態が良くなり、

去年の秋からは
介護施設に移れるまでに
なったのですが、
 
母にとっては
 
【全員で何かの活動に取り組む】
 
ことよりも
 
【一人ひとりのやりたいことを促す】
 
ことを目標にしていた
介護施設の方針が合わず、
 
不平不満や愚痴が増えていき
症状がまた悪化して

病院に出戻るということが
今年初めに起きていました。

 
子供心に
 
「お母さん、
また病院に戻って
辛くないだろうか。」
 
と心痛める時期が
続いたのですが、
 
閉鎖病棟・一般病棟・介護施設と
3つの場所を回って

母の笑顔が一番見られたのが
今いる一般病棟だったのです。


 
病室は光が射して
明るく綺麗で、
 
看護婦さんや
作業療法士さんたちは
元気で優しい方たち。
 

 
何よりも
場所の「気」が良く
安心して母を
任せることができます。
 
 
そして先日
お見舞いに行ったとき、
 
冒頭に書いた
 
シャンシャンシャンシャン♪
ドンドンドーン♬
 
という痴呆のおじいさん、
お婆さんたちが
楽器を演奏する音が
聴こえてきました。
 

 
「歌を歌いたい。」

という母の希望に沿って、
 
私もその場に
参加させていただいたところ、
 
「あること」
気づきました。
 

 
それは
いつもは無気力で
笑顔や反応の無い
お年寄りの方々が、
 
楽器を演奏したり
歌を歌うと
皆とても楽しそうだ
ということ。
 

 
看護婦さんや
作業療法士さんたちが
独りで動けない
おじいさんやおばあさんに
ニックネームで
声がけをしています。
 

療法士さん:『なに歌いたい~?』
 
お婆さん:「青葉城恋歌ー!」
 
そんなやり取りが
何度も行われます。

 
療法士さんが
 
「はい、最後に一斉に~!」
 
と声がけすると、
 
ドーン♪
シャン♬
 
とぴたりと音が合い、
 
「終わった、終わった~。」
 
「おやつの時間だなー。」
 
と笑いが生まれます。

 
不思議なのですが、
 
私はその場で
一緒に歌を歌ったり
演奏している場面を
共有させてもらったとき、
 
とっても美しいパステル色の
カラフルなエネルギーが
飛び交っているのが観えました。

 
それと同時に
私のハートから
愛が溢れてきて、
 
「この場にいさせてくれて、
ありがとう、ありがとう。」
 
という気持ちで
いっぱいになりました。

 
ワーク終了後、
 
「待たせたの~。」
 
と看護婦さんが
車椅子で押してくれて、
笑顔で戻ってきた母。
 

 
母や他のおじいさん、
おばあさんたちと一緒にいて
私が感じたことは、
 
【人は
何歳になっても
病気になっても
楽しみや喜びを通して
生きる糧を得ることができる】
 

ということでした。


 
あの場に
いることができて
本当に良かった。
 
純粋な
美しいエネルギーでした。
 
 
 

私が観た景色はきっと
毎日の生活の中での
ほんの一握りなのでしょう。
 
 

けれども
1週間のうちに数回でも
 
「楽しい」
 
「面白い」
 
「嬉しい」
 
「幸せ」
 
そんなことを味わえる
機会があれば、
きっと人は
生きていけると思うのです。

 
 
「お母さん、
沢山歌えて良かったね。
 
大好きな美空ひばりさん
選曲してもらえたね。」
 
そう話すと、
穏やかに頷く母がいました。
  

 
「来てくれてありがとうね。」
 
そう話す母に
 
「また来るね。」
 
と伝え、
 
病院のスタッフさんたちに
感謝を伝え
病室を後にしました。
 

 
人生において大切なことを

母や病室のおじいさん、
おばあさん、スタッフの方々
に教えてもらった
貴重な時間となりました。
 
 
{123F6CA9-D15D-44FB-8F4C-B65F00833D5B}
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
【お知らせ】
 
①宮城でも開催します♪
 
『おしゃべりコンサルん♪』
宮城クラス
 
5月16日(水)より開講予定です。
 
いろんな変化がメンバーに
おきちゃうこの講座、
 
おしゃべりを通じて
 
◎「在り方」を変えたい人
 
◎自分らしく生きたい人
 
◎オリジナルの才能を変えたい人
 
集まれ~♡
 
【お申込・詳細はこちら】
https://www.reservestock.jp/events/253131
 
 
Podcast
「かっちのハピゆる日和」
 
第34回
【自分の頂点を生きるということ2】
 
配信しました。
 
「壮大なコント」をしに
アメリカまで行った
私の失敗談&学びについて
赤裸々にお話ししています。
 
いや~、こんなに
陰の自分をぶっちゃけて
ラジオで話したの
初めてですよ~。
 
ほんっと恥ずかしいですが、
ご興味ある方
聴いてください☆彡
 
◎itunesの方はこちら
https://itunes.apple.com/jp/podcast/katchinohapiyuru-ri-he/id1114389595?mt=2
 
◎itunesで聴けない方はこちら
http://podcast.naturalspace-miyagi.com/
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

今日もアメブロ
『まほう の ことのは』を
お読みくださり、
ありがとうございました。
 
さて今日は
次男っ子の小学校入学式です。
 
必死に今まで育ててきましたが、
振り返ると子供の成長は
あっという間。
 
今年お兄ちゃんは受験生。
PTA役員と地区班長が重なり、
ママは何かと
忙しくなりそうです(^^;)
 
読者の皆さんにとって
素敵な1日となりますように。
 
それではまた
お便りしますねキラキラ

 
直観アドバイザーKazu
 
===============

 

クローバーNatural Spaceの情報を知りたい方はこちらクローバー

宇宙っこ

 

 

クリックどうぞ

よろしくお願いします✨

「まほう の ことのは」 Kazuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。