Mahouのささやき
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

言い訳

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

頭の中をイライラのネタが通過します。

その度に、イラッとして、手が止まり

ぷんぷんして、あーでもない、こーでもないと

感情が波立ちます。

 

イライラする「から」

なかなか「やるべきこと」が「手」につかない。

 

イライラに時間を奪われてしまう。

あー!本当に無駄な時間になってしまった。

 

そう毎日思っていました。

 

でも、お風呂に入っていてふと思ったんです。

 

毎日毎日イライラして、やるべきことの時間が奪われる。。。

これって言い方を変えれば

 

やるべきことをやらない理由の言い訳として

イライラしているのではあるまいか?

 

そう、言葉を変換した時に

ガビョーン!となりました。(古い言い回し)

 

イライラしているのと

やるべきことをやらなきゃいけないことは

全く関係ないですし

 

目の前事件が起こってイライラしているのではなく

思い出されてイライラしているので

自分の脳内で、勝手にイライラしているわけです。

 

自作自演とはこのことだ!と

お風呂に入りながら、気がついて

一期風呂から上がり、ストレッチをして

やるべきことに取り掛かりました。

 

もー!脳内の言い訳スキルが甚だしい。

侮れない自分自身。

騙されそうになります。

 

こんなことになるから

「締め切り」とか「数字の目標」とかがあった方が

駆け抜けられるんですよね。

 

奇しくも、この文章は新月に向けて書いているので

新月の目標として掲げましょう。

 

やるべきことは何か?

言い訳は正論か否か?

 

自分軸で、生きていこう。

 

 

タロットMahou

 

 

チューリップ

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

春が終わろうとしています。

「今年は絶対桜を見よう!!」と息巻いておりました。

 

でも、さっき思ったんです。

「チューリップも見たい」と。

桜はわずか1週間程度の花見頃ですが

チューリップはもう少し長く見られるはず。

 

「今日はお花屋さんでチューリップを買ってこようかな?」と思って

手が止まりました。

 

チューリップって、結構存在感があって

鉢植えで買ってしまうと、先終わった後の姿が痛々しいのよね。

 

じゃぁ、切り花で買う?

切り花は全ていつか終わりが来るから、「致し方がない」って心で

割り切れる?

 

お花にとっては、どれが一番幸せなんだろう?

花壇に植えても、花の季節は一瞬で、あとはほとんど土の景色。

 

そんなことを考えてしまうと

お花が買えなくなりますね。

 

ベランダが比較的広いので

毎年春の季節になると、プランターを用意したくなります。

 

悩んでいても仕方がないので

とりあえず、今日はチューリップを買ってこよう。

そして、自分の心に問いかけてみよう。

 

毎朝、TwitterFacebookで暦と花言葉を載せているので

お花は毎日見ている気がしてしまうのですが

頂き物の生花はあれど、なかなか自分自身でお花を選ぶことが少ないので

今回のような衝動が起こるときは

素直に自分でお花を買いに行こうと思います。

 

ちなみに、赤いチューリップの花言葉は

「愛の告白」だそうです。

 

愛が大事よねー。

 

タロットMahou

 

 

 

食欲も無くなる衝撃

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

毎日たくさんの方から、メールをいただいております。

お仕事から個人的お付き合いの方まで。

 

便利ですよね?

昔はお手紙でしたし、電話を飛び越えて

メールだと自分の好きな時間に送信返信ができるという

現代の利点でもあります。

 

とはいえ

メリットにはデメリットもつきもので

何度も考えて書き出す文章よりも

会って話すように、思わず思っていること瞬時に口から出てしまう電話の気楽さ

 

そして、イントネーションが受けてにとって全く変わってしまい

使っている言葉も深読みする負荷がかかり

話し言葉よりも複雑怪奇に受け止められてしまうメール。

 

先日も、滅多にないことですが

とあるメールをいただいた瞬間に

一気に食欲がなくなるという現象がMahou自身に起こりました。

 

わずか3分前まで

「あー頑張った。お弁当食べよー」と思っていたのですが

お弁当箱を開ける前に、鑑定中に受信していたメールを確認して

一気に食欲が無くなりました。

 

食欲減退、どころではありません。

ピタッと食欲が無くなり

ともすれば食事を受け付けられないような体の反応でした。

 

「すごいな、殺傷能力の高いメールだ。」

 

と、我ながら、冷静に思う自分もいました。

 

メールは連絡事項にとどめておくのが無難ですね。

感情が溢れてしまうのは、人としてわからなくもないけれど

不必要な大袈裟な枕詞や表現は、人を傷つけます。

 

でも、それって、他人を傷つけるだけでなく

結局自分を傷つけているんですよね。

 

だって、嫌なこと言われたと思ったら

それが誤解だとしても、その人に近づかなくなりますからね。

 

Mahouのメールも業務連絡すぎて冷たく感じると

言われがちですが、

大袈裟にならずに、伝えたいことだけ、正しく伝える、を

徹底しています。

 

時々送ってくれるメールは、嬉しいのも事実。

相談者からのメールは、自分の考えをまとめる機会に活用してください。と

いつもお伝えしています。

 

Mahouさんに送るメールだから、ちゃんと文章を書かなくっちゃ!と

理性が優位になるようです。

この文章を作ることで、自分自身の考えがまとまる、そんな効果を期待しています。

 

だから、相談者さんからのメールには返信しませんが

必ず目を通しています。

時々気が向けば返信をしています。

 

こう考えると、自分の手で文字を書く日記は

大切な行為なのかもしれませんね。

 

友人が万年筆をお直しに出して、嬉しそうに見せてくれました。

万年筆で字を書くって、なんだか素敵です。

 

Mahouも買ってみようかな?

 

字を書くって「書道」と書くくらい「道」ですものね。

 

生活のあちらこちらに、美学を磨くチャンスがありそうです。

 

おかげさまで、その日は1日食欲戻らず、

良い意味で食事制限になりダイエットした気分になれました。

 

ね?どの側面から見るかで、印象は変わりますよね。

ダイエット万歳!

 

タロットMahou

 

 

ー10キロ

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

1ヶ月に一度ミーティングでお会いする方がいらっしゃるのですが

先日の月初のミーティングで

 

「おはようございます」と挨拶をした瞬間に目が止まりました。

 

Mahou「〇〇さん、痩せましたね?」

 

『うん、歩いてるんだ』

 

Mahou「先月はそんなに気にならなかったのに、今日ははっきりわかります」

 

『先月寒くて結構洋服を着込んでいたからかな?』

 

Mahou「いや、顔の輪郭からです、だから一気に細くなったように思います」

 

『実は10キロ痩せたんだよ』

 

 

えー!!!!

 

とミーティングルーム内は騒然としました。

 

彼曰く、11月から、毎日10キロウォーキングをしているそうです。

今が4月なのでちょうど半年。

 

隣に座った、ダイエットに詳しい女子は小声で

「一番結果が出る最後の1ヶ月だったのかもしれない」と話しています。

 

長い付き合いなので、

「お腹が出てきたな」

「少しへっこんだな」と

本人に伝えなくても、Mahouなりのチェックはしていたのですが

 

ここしばらく、ミーティング内容にも熱が入る数ヶ月で

そこまでミーティング参加者のチェックができていなかったのかもしれませんが

 

この変化と、事実に

Mahouもびっくりと感動。

 

毎日欠かさず10キロ歩いているそうです。

ミーティング内容とすれば

歩いて発散させないとやってられない状況環境が続いていたので

1時間半近く黙々と歩きたくなる心境は

よくわかります。

 

Mahou「身体が軽くなると、心も前向きになりやすくなる?」と聞くと

 

『もともとおまり落ち込まないけど、多分心は前向きに切り替えやすくなると思う』

とのことで

 

密かに自分もやろうかな?と

『一瞬」考えました。(一瞬です)

 

でも、毎日10キロのウォーキングで

半年で10キロ減はすごいですよね。

 

決して彼は太り過ぎではなかったのですが

年齢とともに、見えない場所へ満遍なくお肉がついていたのでしょう。

 

本気で運動靴を買って

青山まで歩こうか?と思ってみたり、すぐ却下してみたり。

 

コツコツは結果を呼ぶなぁ、と改めて思いました。

 

マスク生活で顔の輪郭が緩んできませんか?

Mahouも自分で自分の顔に緩みを認めているので

顔筋肉のストレッチをしてみたりしています。

 

運動することが大事ではありますが

無精なMahouは、日々の生活の中で

少しづつ筋肉がつくようにした方が長続きするので

歩きながら内転筋に意識を向けたり

鑑定の合間に、二の腕ストレッチをしたり

口の中で舌をグルグル回したり

顎の下に親指を押し込んだり

小さな努力を積み重ねていく手法でやっていこうと思います。

 

でも半年ウォーキング10キロでマイナス10キロは憧れますわ。

 

タロットMahou

 

読書

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

都内はすっかり葉桜になってしまい

あっという間の春でした。

 

最近は、朝から読書をするのが日課ですが

うっかりか集中で時間が経ってしまうので

アラームを利用しています。

 

先日の日曜日も

夕方から雨模様だったのですが

かろうじて電気はつけたものの

暖かかったので窓を開けっぱなしで

気がつけば20時まで本を読み込んでしまい

ザーザーな大雨になっていました。

 

雨の音は好きなので

余計に集中できたのだと思います。

 

自宅にいるときは、なんらかしらの曲や怪談(笑)を

かけっぱなしにしているのですが

やはりそれすらも情報過多になってしまうらしく

時々、こうやって音を消します。

 

自然の音は一方的に入れ込む「情報」ではないのでしょうか?

あまり気になりません。

とはいえ、雨足が強くなってきたな。とか

大粒になってきたな。とか感じてはいるので

情報といえば情報になるとは思いますが

 

曲を聴いていれば、この楽器の音が、とか

このテンポが、とか

この作曲者は、演奏者は?とか考えてしまいますし

 

怪談なんかは、状況がイメージ画像として考えたり

語り口調を聞き分けたりと

「分析」をしてしまうのが、頭に負担なのでしょうか?

 

とはいえ、情報量は読書も同じ。

うーん?音の波動の問題なのかな?意識の問題なのかな?

まぁ、音を流している時は、たいてい別のことをもしていますから

情報処理にエネルギーを使ってしまうのかもしれません。

 

さて、本題の本の読書。

もちろん読んでいるのは「魔術書」なるものではありますが

あー楽しい。

ちょーわかる。

なるほど勉強になる。と

これまた余計に止まりません。

 

あえて言うなら老眼の目の疲れ。

昔の本は字が小さいですからね。

 

一昔前の本は(1960年代に書かれた本)

現代の言葉の表現方法と一味違って

一つの事柄を、ありとあらゆる表現方法で何度も繰り返し文章にしています。

現代のような合理性には欠けますが

これぞ、時間がゆっくり過ぎて筆者の思いの丈を

出来る限りの表現力を重ねることで強く表現しているのだろうと

読み取れます。

 

現代のスピードでは見過ごしてしまうような

小さなポイントを、事細かく丁寧に書くので

改めて、小さなポイントに着眼することができます。

一回読むだけでは理解がなかなかできないので

あれ?と思っては数行戻って読み直すので

時々、なかなか進まなくなりますが

頭の中にはすんなり入ってきます。

 

25年の鑑定の経験値が活かされる瞬間です。

あぁ、やっていて良かった。

 

こんな瞬間が、経験値が浅すぎると

読み深めなかっただろうな、と思えるので

ちょっと嬉しくなります。

 

1ヶ月受験生のように読書をしよう、とチャレンジを掲げているので

しばらくは読書優先。

今のところ順調な進み具合。

あと何冊読めるかな?

 

みなさんも読書してくださいね。

心が落ち着きます。

 

 

タロットMahou

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>