Mahouのささやき
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

根本的な表情

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

出勤途中で

お母さんと2歳くらいのお子さんが歩いている姿を見かけました。

 

歩くのが得意げのお子さんですが

危なっかしい。

 

お母さんがうまくバランスを取らせながら

手を繋いで歩いています。

 

微笑ましいね。

 

そんなお子さんが、うっかり転びそうになりましたが

なんとかバランスをキープしました。

 

そしてお母さんに振り返って満面の笑み。

 

お子さんはマスクをしていませんでしたが

お母さんは、マスクをしています。

 

その姿を見て

ハッとしました。

 

お母さんの顔も、もちろん笑顔です。

 

お子さんは、お母さんの笑顔を確認してさらに笑顔です。

 

お母さんはマスクをしていますので

口元が見えません。

 

でも、目が優しく笑っています。

 

そう、、、

これが本当の笑顔の表情なんだな、と思いました。

 

私たちは「作り笑顔」に慣れてしまっています。

 

よく接客の練習で

口角を上げても、目が笑っていない店員さんにならないように

昔は表情のチェックを接客応対前に練習したものです。

 

それでも、口角が上がっていると

一瞬笑って見えるので

接客的にはなんとかなりますが

 

 

家族や友人だと

結局は雰囲気が伝わるので、心から笑っていないと

本心が伝わってしまいますよね?

 

今のマスク文化は

作り笑顔の崩壊を暗示しているのかもしれないな、と思いました。

 

マスク文化の中で

作り上げた笑っている口元が活用できません。

 

いかに、声のトーンと目の表情で

気持ちを伝えるか?

 

「目は口ほどに物を言う」

 

目の表情で本心が見抜かれてしまいます。

 

だから気をつけろ、という警告ではなくて

作り笑顔をしなければならない様な関係性を見直し時代なのかな?と

そう思ったんです。

 

お母さんと見つめ合うお子さんは

なんの不安もない様子で

お母さんと見つめ合って笑っていました。

 

目だけでも伝わるんです。

 

 

なんだか本質を思い出させるいいシーンに立ち会えて

心が熱くなりました。

 

 

タロットMahou

 

 

 

久しぶりに本格的

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

今日は、久しぶりのダイハードな1日でした。

 

丸一日7時間(以上)に及ぶ単独でのタロット収録。

 

その間に、合否の連絡、その後の打ち合わせ。

 

さらには参加しているプロジェクトの動画公開など盛りだくさん。

 

目まぐるしい1日でした。

 



感性が研ぎ澄まされすぎて

今夜眠れるかしら?

 

どんな出来になるか?ドキドキ、、、ワクワク。

 

もしうまくいったら?

時々皆さんのパソコンへ、広告が上がるかも?

 

まだまだどうなるか?はわかりませんが

久しぶりの本業で本格的収録に

武者震いがきました。

 

いい緊張感です。

 

取り敢えずやり切りました。

 

なかなか、大きな動きはできない時代ですが

今年も飛行機を乗って全国各地に鑑定に伺いたいと強く願います。

 

呼んでくれる方ウェルカム!!

 

明日も鑑定活動頑張ります!

 

 

タロットMahou

何故ゲームをしてしまうのか?

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

誰の得にもならない

Mahou自身のゲーム中毒について語らう回です(爆)

 

Mahouは自他共に認めるゲーム好きではありますが

最近の傾向は明らかに違います。

 

昔は息子と一緒にバイオハザードやモンスターハンターなど

謎を解いたり、レベルを上げたり、物語を進めたり、など

ストーリーの元にゲームを進行するものがほとんどでした。

 

これは子育てやら話のネタやら

取り入れる理由が自分以外のものにも起因しますが

 

最近は、もっぱらパズル系のスマフォゲームです。

 

当初は電車の移動時間にやっていました。

それは都内に住む様になり、通勤時間が2時間から30分になったことで

読書をすると、乗り換えや下車の駅を乗り過ごしてしまう、という

失敗を何度も繰り返してしまうので

 

ツムツムなど基本的に1分程度(時間がある程度短時間で終わる内容)で終わる

パズルゲームをする様になってしまったんですね。

 

もともとゲーム好きで、

パズルゲームも反射的に「決定する」という訓練にも適しているので

グングンレベルが上がっていきます。

もう皆さんがドン引きするくらいレバルガ上がっていきます。

 

そして、そんなことを見越したスマホのゲーム会社が

どんどんレベルを解放して、時6時間コンテニューが続く、なんて

ご褒美をくれるものですから、蟻地獄のようにハマっているわけです。

 

が、何故にゲームがやめられないか?の理由の一つに

「考える事柄が捗る」というのが大いなるメリットです。

 

考え事をする時に、ゲームをすると

考え事がみるみる進むんです。

 

これは勉強をするときに曲を聞くとか?ファミレスだと勉強が捗るとか?

そう言った部類なのかもしれません?

 

そんなことを検索したら、こちらの文章が出てきました。

 

スタディサプリさんより

 

「向いているのは『漢字を何度も書く練習』や『基本的な計算問題を何問も解く』といった“単純作業”です。
脳には、情報を記憶して処理する“ワーキングメモリ”という能力があるのですが、単純作業の場合、この能力はほとんど使われていません。
そのため、音楽という“情報”が入ってきても脳の処理能力的にはあまり影響がないので、好きな音楽を聴きながらノリノリになるほうが、より多くの数をこなすことができます。
逆に向いていないのは、『国語や英語の文章読解』や『数学の応用問題』のような、ワーキングメモリを大量に使う勉強です。たくさんの情報を積み重ねて解く必要があるため、脳に入ってくる情報をできるだけ減らすためにも、音楽は聴かないほうがいいでしょう」

 

ふむふむ、納得です。

 

単純作業をしながら(ゲーム)物事を考えたりしているのでしょう。

と、前向きに捉えます(笑)

 

昔Mahou自身が、よく言っていた口癖に

「だいたい一度に4つのことを考えている」というものがありました。

今でもそれに近いのですが

単純ゲームをすることで、少し脳を休ませているのかもしれません??

 

とはいえ

デジタルデトックスの必要性をひしひしと感じているので

違う単純作業を意識的に取り入れた方がいいですよね?

 

昔は、恐ろしいほど長く毛糸でリリアンを編んでいました。

編み物も嫌いではありませんが、「物」が残ってしまうんですよね?

 

折り紙?ビーズ?ミサンガなんかもやりました。

写経もやったし、ヨガも座禅も。。。

 

海外ドラマも時々見ますが

まー、人気作品はシーズン○とかで長すぎるんですよね。

なかなか解決しないし。

くっついたり離れたり、誰かが死んだり。

 

Mahouの鑑定では常にそんな内容が身近にあるので

プライベートまでそんな話を要らなかったりします(笑)

 

うーむむむ。

なんかいいアイディアはありませんか?

 

結局ゲームが一番カジュアルになってしまうんですよね?

 

釈明会見の様になってしまいましたわ。

 

タロットMahou

 

 

 

 

 

WIFI渋滞

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

世間的にテレワークが再度導入したあたりから

一気にネットの回線速度が落ちた様な気がします。

 

もちろん気のせいかもしれませんが

きっと気のせいではない様な気がします。

 

朝起きて、毎朝のつぶやきをするのにも(ツイッター基本のFB投稿)

かなりの時間を要して、とても非効率ですね。

 

先に文章を考えておいて

予約投稿をすればいいと、思ったりもしますが

予約投稿は、少しじっくり考えられるアメブロ専用。

 

ツイッターは、朝起きてその瞬間にMahouが何を感じるか?

限られた言葉に落としこむ、という即効性の訓練にもなっているので

予約投稿はそもそ意図が変わってきてしまいます。

 

年末に2年縛りだと思っていたwifi機種を持って

機種変更手続きにお店へ立ち寄ったら

なんと3年縛りだったということで

そのまま帰宅してきました。

 

とはいえ、今の時代感覚だと

2年も経過してしまうととかなり速度やら何やらが

アップデートされてしまうので

新機種の方が明らかに使い勝手良く

仕事で活用するには、逆に縛りが使いにくさを増加させてしまいます。

 

そう思っていたら、2度目の自粛要請でテレワークの方が自宅での仕事スタイルになり

ネット回線が大渋滞。

なかなかうまくいきませんね?

 

ジリジリと生き方が変わってきます。

 

Mahouも明らかにスマホ中毒なので

なんとか脱していきたいと思っています。

 

スマホ、、、というよりはゲーム中毒なのよね(汗)

 

 何故ゲームをしてしまうか?

それはまた次回のテーマにしましょ。

 

 

タロットMahou

 

 

 

8050問題

みなさん、こんばんは。

今宵はどんなお話をいたしましょうか?

 

Mahouが聞かせていただくお客様の相談内容にも

8050問題」は実際の存在します。

 

80歳の親の元で、50歳の引きこもりの子供がいる、という命名ではあります。

 

複雑な世の中なので

大人になっても、何かしらのきっかけで心身ともに調子を狂わせ

健康を損ない家から出れなくなってしまう成人した子ども。

 

親の年金で生計を賄えてしまえるからこそ

強制的な復帰をせざるを得ないきっかけを失い

「子ども」の立場であれども

世間的には中年(初老)になってしまい

体力も精神力も今さらあたらしい世界でチャレンジする気力も失われつつある。

そんな負のループ。

誰かが悪いわけでもなく、ちょっとしたボタンの掛け違えで

今日に至ってしまいます。

 

不安定な社会だからこそ

家賃などのランニングコストを抑えるためには

実家暮らしが安定できる、という視点からは

合理的ではありますが

 

だからと言って

実家に家計を入金せず、掃除洗濯食事の様になど

老いた親に任せっぱなし、、、、

 

これでは、ただの贅沢に過ぎません。

 

子どもという立場が、成人の域を越えたなら

家計に家賃を入れようとも

親に食事や身の回りの世話を堂々とお願いできる立場ではなく

家事の役割分担をしっかり認識してもらえるように

親の意思も強く持ってもらいたいと強く願います。

 

家事は手の空いているものが率先してやればいいと思います。

家事をやらなくていい立場の人は誰もいません。

 

心身ともに疲れ切っている方は

ゆっくり休んでいただきたいと思いますが

 

そこに怠惰が根付かないように

願いばかりです。

 

日本人は

こういった身内の話を「恥ずかしこと」と認識してしまい

なかなか世に出にくい話ではありますが

 

思いの外

家庭内トラブルは多く、多くの方が心を痛めています。

 

それでも

たくさんの話を聞くMahouとしては

やっぱりどこかに「ズルさ」を感じることが多く

「甘え」と「やり過ぎ」で

家庭内はギスギスしています。

 

本来は、ホッと出来る暖かい場所であって欲しいのに

悲しい事実です。

 

神様は、それをも何かのメッセージとして

相談者の方やその話を聞くMahouにも

考えるきっかけを与えているのだと思うと

 

ここから、自分は何を考えどうしていくと良いのか?

と毎回考えさせられます。

 

なかなかすぐには答えがまとまりませんが

こういった問題があるという事実を噛みしめて

みなさんにお伝えするのも、何かの歯車なのかもしれません。

 

タロットMahou

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>