今日の朗読の極意

その1。

文末、例えば「ました」を、走らず丁寧に置く!
いかに丁寧におけるかで、全てが決まると言っても過言ではない。


その2。

戦闘シーンなどで緊迫感を出すには、強調したいところの手前で、サッと切って息継ぎ。そのあと思い切り音を上げる!
スピード感も大切だが、抑揚で粘りを出すことも忘れずに!




…いやはや、奥が深い。


以上、朗読一座まほろばVOICEの今回の稽古で、先生から学んだことでした。




どら







6月に入りました!

我々、朗読一座まほろばVOICEのサンプル音声動画を、また一本公開しましたー


今回は、昨年の公演より、

巌谷小波さんの

「三角と四角」です。






童話のような、

独特の味わいがある作品です


全貌が気になった方は、

ぜひ作品を読んでみてください





どら







-----------------
「朗読職人、目指します。」

朗読一座まほろばVOICE
第7回公演

[日時]
12月21日(金)
開場 18時30分・開演 19時00分

[会場]
内幸町ホール
JR新橋駅 日比谷口より徒歩5分


[入場料]
1000円


■□団員も募集中!!

朗読に興味のある若者(20代〜30代)、募集中です!(特に、現在は男子募集中!もちろん女子でもOK!)

入会、見学希望・チケット予約などのお問い合わせはHPまたはブログからどうぞ!

http://mahorobavoice.web.fc2.com/index.html


内容確認後、改めてこちらよりご連絡いたします。



こんにちは!ゆずです!

関東も梅雨の時期ですね。

「梅雨冷え」なんて言葉もありますが、

昨日はタートルネックにジャケットと、3月か4月のような恰好をしていました。

なにぶん、冷え性というか、寒がりというか……。

 

先日出した、冬物のクリーニングを取りに行かなくてはならないのですが、

封を開けてそのままカーディガンやセーターを着てしまいそうです。

 

で、そんな梅雨入りした頃に、久しぶりに音楽ライブに行って来ました。

ドラマ『孤独のグルメ』の音楽を担当している、ザ・スクリーントーンズのライブです!

『孤グル』のマンガの原作者・久住昌之を中心に集まった音楽集団で、

クラシックギターやリコーダー、打楽器などを使ったアイリッシュ風音楽かと思えば、

エレキギターでロックな雰囲気を醸し出したり、

独特な風合いがとてもすてきなのです。

(あと、久住さんの笑顔!!)

 

とくにテンポの速い曲がかかると、

主人公の井之頭五郎こと、ゴローちゃんが粛々と、しかし内なる炎をめらめら燃やしながら、

ご飯をかっこんでいる姿が浮かんで、

わたしも……

 

「腹が、減った……」

 

(♪:ぽんぽんぽんぽん……)

 

という感じで、ライブ終わりに焼き鳥屋さんに直行!

もりもり食べてきました!

 

 

CDにサインしていただいたので、ほくそ笑みながら家で広げるの図…笑

 

 

生音、生ライブ……生の舞台は朗読も、演劇も、音楽も、

絶妙な緊張感があって、観ているだけで、

体の奥の方に自然と熱が集まってくる感じがします。

 

一発勝負だからこそ、思いもよらない奇跡が起こったり。

その場を共有するって楽しくて、恐くて、ワクワクします。

 

さて、今年のまほろばの生の舞台は12月21日(金)!

まだちょっと先ですが、年末に内幸町ホールで生の空気を共有できますように!

気になっていたの。


スタバの加賀棒ほうじ茶フラペチーノ!!

{CE7B5948-4F05-499D-8326-9E9C9ED19CD7}



念願の。

贅沢なパフェって感じ。立派なデザートやね。

下にほうじ茶ゼリーが入っていて、爽やか

甘さを求めているときはコレ。



お茶の苦さがもっと欲しいというときには、前々回くらいの記事に書いた、

貢茶の飲み物がいいですな。



そして、さらに、

出会ってしまった!

貢茶よりリーズナブルかもしれなくて、お茶感がある飲み物を出すお店にっっ!

{CAAF06C1-62F7-4947-8136-F585416DE2E5}

春水堂。

砕けた氷たちと、

小ぶりなタピオカがたっぷり入っております。

今回頼んだのは、タピオカ鉄観音ミルクティー。



わたし、基本、お茶好きだな。←じゃあ普通のお茶飲めっ!って話ですよね。
もちろん普通のお茶も飲んでいますけども。
最近糖分摂り過ぎてるな。



どら


こんにちは、ゆずです!

春を脱して夏の季候になってきましたね…;

6月には梅雨冷えがやってきて、肌寒いなあと思っているうちに夏本番となるんでしょうね。

 

そんななかそんななかわたくし、

新宿にある「VR ZONE SHINJUKU」に行って参りました!

最近話題のVRを体験できるエンタメ施設なのですが、

目的はただひとつ!

 

ドラゴンクエストVR」を体感すること!!

 

生粋のドラクエファンなもので、チケット予約がはじまった当日にゲット。

この日を待ちに待っておりました!

 

そしてそして!

 

どジャアァぁぁぁ〜〜〜〜ン!

 

テンションが上がりに上がり、入り口で大はしゃぎしたら、

ご来場していた外国人のおねーさんに「ふふふ」と笑われました。

たはは……

 

さて、ゴーグルを装着して、計10キロあるVRの機材を背負い、

いざ『ドラクエ3』のラスボス、ゾーマ様を倒すべく出陣!

パーティーは戦士2人、魔法使い1人、僧侶1人の4人で組むのですが、

念願叶って僧侶職に就きまして、わくわくしながら呪文連発してました。

ずっとゲームのなかに入ってみたいと思っていたわたしにとって、

「いよいよ時代はここまで来たか!」という感じです。

目の前にスライムなどドラクエではお馴染みのモンスターが迫ってくるんですが、

じっくり見ていたいのに気を抜くとやられてしまう…!

どうか、どうか、次制作のときは1分程度でいいのでモンスターの鑑賞時間をください!

終わったあとは大興奮でした…!

 

無事にゾーマ討伐を終えて、あとは施設内のゲームを2つほど楽しんで帰りました。

 

どんどん広がるVRの世界。

そのうち映画やアニメの世界もVRで楽しむのがメジャーになっていきそうですね。

個人的にはスター・ウォーズか、ロード・オブ・ザ・リングの世界を体感してみたいです…!

ずっと未来には、ディズニーランドくらいの大きさでVR体験施設なんてのができたりするんでしょうか?

うおおっ!やってみたい!体感してみたいっ!

そんな最新エンタメに触れたゆずでした。

 

とはいえいえ、われら「まほろばvoice」は音と声だけで世界を織りなす朗読集団です。

目で見たもの、頭で想像したものを、こねこねして、いかに声だけでそれを形にできるかという世界。

VRとはまるで逆の手法ですが、

ものがないからこその大変さ、逆に際限のない空想の世界を広げられる自由さ、

そんなところが魅力だと思ってたりします。

 

朗読を聞いてくださるみなさまの頭の中に、VRかおまけの世界を広げられるよう、

公演に向けて練習あるのみです!

 

朗読練習後に、

まほろばメンバーとお昼ごはんに行きました

その帰り、

メンバーに、オススメのタピオカドリンク店を教えてもらいました

貢茶(ゴンチャ)という台湾茶のお店。

若者の皆様は、「何を今さら」と言うのでしょうか?

何やら渋谷原宿で行列のできるお店らしいですね。


さっそく、近場のゴンチャに行ってみました!

すると、やはり、行列〜。

一瞬、帰ろうかと思ったおばさんでしたが、

思い切って並んでみたら、意外とすぐ進むのでよかった


そして、教えてもらった、「タロミルクティー」(タロイモのミルクティー)を注文。

台湾の本格茶葉を使っていて、お茶の種類や、甘さ、氷の量も選べる。



わたしは学生時代に台湾に3週間くらい行ったことがありまして、

その滞在中、ほぼ毎日、屋台のタピオカミルクティーを飲んだものです。

そのときのことを思い出す味だったー

そんじょそこらのタピオカミルクティーとは違うね。

若者の味覚もあなどれん。


ついでに、


鉄観音茶の茶葉も買ってしまいました。

{185DFEA2-3010-45F0-BFA4-DF7DE8E66023}



こりゃ、通うな。





さて、肝心の朗読練習のほうは、

また前回とは別のメンバーが体調不良で欠席でしたが、

残りのメンバーでなんとか公演作品の練習を進めました。

時間に追われる日々の生活のなかで、

朗読に集中して浸る時間は、今のわたしに大切な癒しとなっております。


さぁ、また次回も楽しもう


どら




朗読一座まほろばVOICE
サンプル朗読公開中!!