開催しました「不登校経験者と学ぶ、高校進学についての勉強会」 | 多様性を認め合える居場所「サロンロカヒ」発達障害、場面緘黙、HSC、不登校、グレーゾーン、全ての子育て中の方も安心できる居場所

多様性を認め合える居場所「サロンロカヒ」発達障害、場面緘黙、HSC、不登校、グレーゾーン、全ての子育て中の方も安心できる居場所

「サロンロカヒ」代表 たなかまひろです。ロカヒは国分寺の他、江戸川区、川崎市、板橋区、青梅市、日野市、海老名市にも広がっています。是非お近くのロカヒでお話しませんか?看護師・カラーセラピスト

こんにちは、たなかまひろです。
 
娘の中学校でも、つい最近説明会をしていたようですが、そろそろ中学3年生は高校進学についての説明会があります。
 
親にとっても色々と不安や心配な点もあるかも知れませんが、子どもたちにとっても、いろんな葛藤や不安、心配もあります。
それに加えて「中学3年生なんだから受験勉強を!」という感じに、学校でもおうちでもいろんな場所で言われることは、結構ストレスなんじゃないかなと感じてます。
(マジうざい!って思ってる子もいるかも)
 
その高校進学について、20日木曜日に勉強会を開催しました。
今回はこちらの
 
ご参加下さった皆さま、久下沼さん、ありがとうございました。
 
 
参加者の方のご感想を一部紹介します。
 
*「今日はありがとうございました。
久下沼さんが経験してきたことやその時に思っていたことを沢山聞かせていただけたので、
子どもの思いがより深く理解できるようになれた気がします。また「子どものできない事と向き合う」ことが1つ大切なことだと教えてもらい、
陰と陽のようにどとらにも必要なことなんだなーと感じることができました」Iさん。
 
*「同じような悩みを抱えている方々とお話できて良かったです。久下沼さんのお話もわかりやすく、
不登校児の気持ちもわかったような気がします「学校が負担にならないこと」が大切なんだと思いました」Uさん。
 
*「小5の今、まずは中学をどうするか...と考えたときに、その先の高校、そして何らかの職業に就くまで考えが及び、高校進学についても知っておきたいと思って受講しました。「何も知らない」ことからくる不安がなくなりました。
学力に不安はあるけれど、進む道はいろいろあるなーと心強く感じました。
久下沼君のお話が(本人の子どもの時の話)とてもよかったです」Nさん。
 
*「日々モヤモヤしていた事を皆さんと共有できる時間となりました。自分だけでないという安心感を与えて頂きました。
見守る、信じる...大切ですね!」Tさん。
 
ご参加下さった皆さまも、勉強をしていない、学校に行っていないから内申点が・・・と心配や不安があったそうですが、
勉強会で色々お話ができて、勉強もいろんなやり方があったり、急にやる事もあったり、内申点がなくても行ける場所はあるなどを聞いて、
少しほっとされてる点もありました。
 
高校進学。
まだまだ、と思っていてもあっという間です。
実際に参加された方は、中学3年生のお子さんだけでなく、小学5、6年生のお子さん、実際に通信制に通ってるお子さんのお母さんも参加して下さいました。
 
そして、学校に行けてるから、不登校だけど、支援級だから...いろんな状況でも、知っておくって大事です!
どのお子さまにとっても、共通する大事な事を教えて頂きました。
 
 
写真にある本にも書いてありますが、やはりキーワードは「居場所」だそうです。
また開催できたらと考えています。
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
たなかまひろ
 
↓サロンロカヒのオープンデーのお知らせなど日々更新してます↓