星読視ゆきの【星とルーンの研究室】(旧~マハナ通信~)

星読視ゆきの【星とルーンの研究室】(旧~マハナ通信~)

 

     
  
        西洋占星術/アングロ・サクソン・ルーン/タロット/
            手相/ヒプノセラピー/心理カウンセリング
  


 
 

すたーれっど新着情報

*花*2018年4月より、

【ウラナイトナカイ】金曜日昼に占います!

どうぞよろしくお願いします。


星【星とルーンの研究室】WS情報

【33のルーンリーディングWS】2018年のスケジュール  改定版(2018年4月5日)


キャンドル星読視ゆきの占い

毎週火曜日 マリフォーチュン有楽町2号店 12時から21時まで

毎週金曜日 ウラナイトナカイ          11時から16時30分


キャンドル【星とルーンの研究室】

33文字のルーン占い講座 

33のルーンリーディングWS

毎月第4金曜日 (7月、12月は第3金曜日)

西洋占星術講座


LOVEメール。お問い合わせ

mahana725@@gmail.com

@をひとつ外して【星読視ゆき(ほしよみゆき)】までご連絡ください。

※お電話での対応は、占い及びWS開催時とさせていただいおります。


ハート満席御礼!ありがとうございました♡

12月29日(金) ウラナイトナカイトナカイ年末イベント/2018年を占う!

NEW !
テーマ:

たいよう6/22(金) 夏至明けだよ魔法の杖ウラナイトナカイ金曜日たいよう

 

トナカイ阿佐ヶ谷ウラナイトナカイ 11時-16時30分

 詳細&お申込み ⇒ 

  11時 / 12時 / 13時 / 14時/ 15時/ 16時

 ※12時から12時30分まで、16時から16時30分まで、空いております! お早目めのお申込みウエルカム^^

 

コーヒーカフェ鑑定  阿佐ヶ谷 or 新宿

 17:00~ /18:00~18:45 

 30分5000円   お申込み ⇒ ★  

 当日のお申し込みは、16時30分までにトナカイへお電話くだいさい。        

 

すたーれっど【33のルーンリーディングWS】 参加者募集中!すたーれっど

6月22日(金)  ルーンクロス① 詳細&お申込み ⇒ 

           7枚のルーンで占うスタンダードなスプレッド    

         薔薇昼の部 14時ー15時45分ごろ  残席2

         薔薇夜の部 19時ー20時45分ごろ  残席4

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ルーンはケルトと明言されている方をネット上でみかけると

「あれれ、ルーンはゲルマンだってばーっ」と

よく心の中で叫んどります。(笑)

 

ケルトとゲルマンって、同じインドヨーロッパ語族であって

歴史の流れの中で、ときに戦いながらも一部融合するものがあったりして、よく混同されることが多いと感じていますが、

ケルトとゲルマンは、似ているようで非なるものです。

まず、源郷が異なる。

神話や神々も違う。

当然、文字や宗教も違う。ほかにも異なることあるよ。

 

けれども、

自然を崇拝し、樹木信仰であったり

石の文化があったり

精霊や妖精などがいたり

似ている部分もたくさんあります。

 

ルーンを学ぶ傍ら、ゲルマン人を学んでいくうえで欠かせないのがケルト人との関わりだと思っています。

古代史オタクの私にとっても、ゲルマンもケルトも死ぬほどおもしろいし興味深いんですけどね(笑)

 

というわけで、とても楽しみにしていた古代のケルト文化を垣間見れるという「はじまりの線刻画」展を観に行ってきました。

image

まず、展示場内に入ると、

アイルランドの古代の線刻画の巨大な拓本がどーんとありました。

紀元前3200年前に作られたニュー・グレンジの墳丘墓に刻まれた岩絵の拓本でした。古代エジプトのクフ王のピラミッドよりも古いんですって。

 

刻まれた三角や渦巻の文様、

ざらつく石の質感が伝わってくる

なんとも圧倒される拓本の数々

 

ケルティック・ハイクロス(ケルト十字)の石碑の拓本もたくさんあって、

うわー!!と言葉も出ないほどに魅入られてしまいました。

どれもこれもくぎづけです!

 

眼で視ているんですけどね

皮膚を通して何かが伝わってくる感じなんです。

 

さまざまな文様がほんっとにすばらしい。

 

さらにオガム文字の刻まれた大きな石碑の拓本があって

これまた鼻血ものでした。

 

私の魂わしづかみです。

 

これらの拓本は、約40年ほど前に大野忠男氏と斎藤五十二氏が実際にアイルランドやスカンジナビア半島で採取してきた「岩絵」と「ケルト十字」の数々なのだそうです。

もしかしたら、現地ではだいぶ風化してしまったものもあるのでしょうね。

ほんとうに貴重なものだと思います。

説明文を読みながら感銘を受けたことは数知れずで、

書きたいことは山ほどなのですが、長くなりそうなのでやめときます。

 

期間は6月30日まであるので、ミニスケッチブックと4Bの鉛筆持って再チャレンジしていきます。気になった文様を、下手だけど模写したい。

 

↑興奮のあまり、帰りのバスにツィートしちゃったよw

 

閑話休題、

アイルランドやスカンジナビア半島の岩絵の文様が、実は日本の縄文時代に通じるのではと仮説が書かれており、遺物が残されているとされる徳之島の岩絵の拓本もありました。

 

やはり実際に目で見てみるとその共通点を私も見出してしまいます。

 

三柱の神々や以前ゲルマンを調べる過程でも論じられている文献を見つけました)、文字、そして3、7、9の奇数の数字などがあります。

 

そのなかでとくに7という数字は、魂の輪廻転生に関わっており、

チベット仏教などでも象徴的な数字となっていますが、これが奄美群島のノロ(神女)が身に着けるナナハベラにも通じているのではとされているそうです。ナナハベラは7つの魂を象徴しているのだそうです。

 

そういえば、八重山諸島の波照間島では、人が亡くなると7日毎に7回供養する(7×7で49日?なのかと思いますが)「ナンガ・ナンガ」という風習が残っていて、いまでもそれを大切にしている島の方もいらっしゃるそうです。

 

会場では、奄美大島の歴史を語る映画と、「神の唄」という奄美の神話のモチーフにした映画も流されていて、これもめっちゃおもしろかったです。やはり奄美は琉球弧のはじっこなんだなぁと思いましたが、アマミキヨとシネリキヨの琉球発祥の神話が、アマテラス信仰と融合した「アマミコ」と「シニレク」の神唄の映画でした。

こういうのも私のツボです。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

興味のない方にとっては、ただの岩絵の拓本で、ぐるぐる渦巻の文様と、中世っぽい十字架の拓本がいっぱい~で終わっちゃうかと思うのですが、

シンプルながらとても深みのある貴重な展示だと私は思います。

無料なのですが、有料でもいいんじゃないって思ったぐらいです。

 

6月30日まで開催されているそうなので、ご興味のある方はぜひ堪能されてきてくださいませ。

すたーれっどはじまりの線刻画 – アイルランド・スカンジナビアから奄美群島へ –

image

 

そうそう、スカンジナビア半島の岩絵の中で、

すんごいのを発見っ( ´艸`)

6/22(金)の【33のルーンリーディングWS】でお伝えしますわw

お楽しみに^^ 詳細&お申込み ⇒ 

まだお席ご用意できるので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

展示のある多摩美大八王子キャンパスは、

山ひとつぶんかいっ!というくらい起伏にとんだ丘というか山の傾斜をふんだんに使って建てられていて、スタイリッシュでかっこよかったです。しかも、生徒さんたちがなんとも個性あふれる感じで、おもしろい^^

 

多摩美って、いいなぁって思いました。私のような変な人も埋もれていられそう。

 


テーマ:

ラベンダー6月19日(火)は、

マリフォーチュン有楽町2号店で占います

お部屋は「B」になります。

13時以降のお時間、まるっと空いております!(6/18現在)

事前のお申し込みも、ふらりときちゃった!も大歓迎です^^

ハートの救急診療所魔法の杖「星読視ゆき」がお待ちしております。

すたーれっど星読視ゆき【マリフォーチュン】申込みフォームすたーれっど

 

※当日のご予約、お問い合わせはお電話でお受けいたします。

080-1236-8832 

 

すたーいえろー2018年6月18日(月)~6月22日(金)のスケジュール (6/16更新)すたーいえろー

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

このところ、地震が立て続けに起きておりましたが

大阪での地震、びっくりいたしました。

これ以上、被害が拡がらないことをお祈り申し上げます。

 

image

先週に、双子座で新月を迎えた月は、いつのまにか乙女座へ。

早いものですね。もうまもなくファーストクオーターを迎えようとしています。そして、あと数日で夏至を迎えます。

 

揺れながらも目の前の現実をまずはしっかりみていく。

うまくいくか、いかないかを思考するよりも

できることからこつこつ試していくことも大切かもしれません。

 

とりあえず、目の前のことを確実にやりましょ!

 

 

image

 

夏至入りを前に、19日に海王星が逆行に入ります。

この逆行する魚座の海王星、逆行する蠍座の木星、そして蟹座の水星で、まだびちっとではないですが、

水のグランドトラインが形成されています。

 

情に溺れやすいというか、情にほだされて、ずるずるいってしまいそうな感あり。そうなっている時は、心地良いのかもしれませんが、

気づくと境界線を侵されて深みにはまって、容易に抜けられないような、、、。なんでこんなことになってるの?とちょっとめんどくさい状況にはまってしまうことも。

 

ほんとうに信じられる相手や物事だったらいいのですけど

これからの時期は、信頼できそうと思っても、だいじょうぶかどうかちゃんと調べてからのほうが良いかもしれません。

眉唾だったりすることもありそう。

 

また、空気を読んでの思いこみや妄想を盲信してしまいがち

そして自他の境界線を互いに侵しやすい、つまりお互いに踏み越えすぎてしまったりしやすいかもしれません。

 

情がからんだ問題を、自分の心のなかに納めて

自分でなんとかしようとして、かなり際どい状況を招きやすいし

また、あれこれ想像して、それが本当のように思えてきてしまって

どんどん空回りしたり、悪循環してしまう可能性もあります。

 

もしそうなってしまっているなら

自分だけで抱え込まないようにしましょう。

 

6月下旬には火星が逆行し、ちょっとハードな星回りの時期が続きそうです。慎重になっておくには越したことはないかと思います。

 

水サインに個人天体が多い方や、

海王星が効いているネイタルチャートをお持ちの方は、意識しておくとよいかもしれませぬ。

 

どのあたり、気をつけていったらいいか

今の状況と照らし合わせて、具体的に注意すべきことやその時期は?

など、この夏のハードな星回りを乗り切るキーポイントや注意点をお伝えいたします。

よろしければ、ぜひどうぞ!

お待ちしております^^

 

マリフォーチュン有楽町2号店での占い
毎週火曜日
時間は12時から21時
(最終受付は20時30分とさせていただきます。)

image
☆いつもの占い(※今の運勢・人生・仕事・恋愛・人間関係・もやっとすることなど)
20分3240円(税込)/30分5400円(税込)/40分7020円(税込)
50分8640円(税込)/ 60分10800円(税込)

☆星とルーンで占うお誕生日スペシャル(お誕生日からの1年の流れ/どんなテーマ/仕事/恋愛/人間関係などなど全体的に視ていきます。)
30分5400円(税込)~(延長可)

お申し込みはこちらから↓

星読視ゆき【マリフォーチュン】申込みフォーム

すたーれっど当日のお申し込みは
080-1236-8832 (12時以降からお電話対応たします。)
mahana725@gmail.com
「ほしよみゆき」まで

 

 


テーマ:

 

すたーれっど【33のルーンリーディングWS】 参加者募集中!すたーれっど

 

 

6月22日(金)  ルーンクロス① お申込み  ⇒★

~ 7枚のルーンで占うルーンクロスの基本的なスプレッド~

(5000円 ※ほしよみゆきの講座受講生4000円)

 

    

薔薇昼の部 14時ー15時45分ごろ  残席2

場所: ウラナイトナカイ1F

        

薔薇夜の部 19時ー20時45分ごろ  残席4

場所: 新宿 or 南阿佐ヶ谷を予定

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 「ケルト十字ですか?」

 

image

ルーンでこのスプレッドを使うたびに、わりとよく言われるのが、「ケルト十字ですか?」「ケルト十字に似てますね」と。

 

タロットでおなじみのスプレッド「ケルト十字」は、十字架に「円環」を結合させた独特の石のモニュメントとして実在する「ケルティック・ハイクロス」の形に配置されたものだったかと思います。このスプレッド、とても使い勝手が良くて、私もタロットでリーディングをするときは、ほぼ使っています。

 

さて、実は、ケルト文化圏でケルト十字が造られていたころ、ルーン文字やゲルマン神話の場面などが彫刻された高さ4メートルを越す石の十字架も作られていたのです。

 

8世紀ごろのブリテン島(イギリス)では、アングロ・サクソン人たちの築いた都市国家が覇を競いあっていました。キリスト教の布教も進みつつも、先住のケルト人の宗教やアングロ・サクソン人の宗教もともに信仰され、共存していた時代でもあります。当時の筆記文字であったルーン文字は、この時代、キリスト教会においても正式な文字として使用されていたのです。まだ、異教の文字としてルーンが迫害されてなかった良い時代~(涙)

スコットランド南西部にあるルースウェル教会には、「ルースウェルの十字架」が所蔵されています。この石碑には、ブリテン島で最も長いルーン文字の銘文が刻まれており、使われているルーン文字も、33文字(アングロ・サクソン・ノーサンブリアのルーン列)への発展がみられるという、なんとも貴重な遺物です。この十字架のほかにも、ハドリアヌスの長城付近にある村には、破損はしていますが「ルーンクロス」が現存しています。

 

また、ブリテン島とアイルランド島の間に広がるアイリッシュ海の中央に位置するマン島には、10世紀から12世紀ごろにヴァイキングによって作られたルーンクロスの石碑が30基以上も残されています。その石碑には、ゲルマン神話の神々の黄昏ラグナロクの場面などが描かれています。

 

ルーン占いで使っているこのスプレッドは、実在するルーン遺物である「ルーンクロス」にちなんだものなのです。

 

そして^^

私が実際に鑑定する場合は、これまでの学びや経験からリーディングしやすくちょっとばかり手を加えてものになっております。

 

ルーンという切り口を通して、占われる側と占う側が対話し、視点を変えたり悩みを見つめ直したりすることで、いままで視えてこなかった問題解決のヒントが得られます。

 

6月22日(金)の【33のルーンリーディングWS】では、この「ルーンクロス」のスプレッドの基本形を学び、時間の限りがっつり実占していきます。


そして、次回の7月20日(金)では、星読視ゆきバージョンの「ルーンクロス」をお伝えする予定です。このルーンクロスを使いこなせるようになると、タロットに負けず劣らずのルーンならではの良さを生かしたリーディングが可能になります。


昼の部は若干、夜の部はたっぷりお席に余裕がありますので、良かったらぜひどうぞ。ほかでお勉強された方、独学の方、24文字のルーンを学ばれた方も大歓迎です^^

お申し込みをお待ちしております! ⇒★

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。