誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀

¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。


ミギワノコトノハ ~Ver.2013~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2013~』


7冊目に上梓した拙著です。


斜めからの視点に立つ: 釧路公立大学下山ゼミ生・学生団体SCANたちと分け合った日々/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp


8冊目の著作です。自身初のノンフィクションです。











よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:

グーグル会長のエリック・シュミット氏と、

 

現CEOのラリー・ペイジ氏のアドバイザーを

 

勤めるジョナサン・ローゼンバーグ氏が

 

『マネジメント』

 

という視点からグーグル成功の秘訣を

 

語ったものです。

 

 

 

 

 

本書はいまや世界的なIT企業となったグーグルの

 

会長であるエリック・シュミット氏と、グーグルに

 

入社後、さまざまな基幹業務に携わり、現在は

 

CEOに復帰したラリー・ペイジ氏のアドバイザーを

 

勤めるジョナサン・ローゼンバーグ氏が

 

『マネジメント』

 

という側面からグーグルを語っており、いかに

 

優秀かつ創造的な人材。本書で言うところの


『スマート・クリエイティブ』


たちを集め、彼らの想像性を発揮させるかについて、

 

幅広く紹介、解説したものであります。

今や、グーグルについて会社自体や、検索

 

エンジンをはじめとして提供するサービスを

 

知らない方のほうが少ないのかもしれませんが、

 

僕自身もこれまでグーグルに関する本は読んで

 

きたつもりでありましたが、まだまだ知らない部分が

 

あることを痛感させ、本書でも『人事』と言う切り口

 

から重厚な記述がなされていて、読むこと自体にも

 

相当骨が折れるものでありましたが、

 

その成果はありました。

何と言っても本書のすばらしさはグーグルの

 

持っている「信念」や「ミッション」をこれでもかと

 

いわんばかりに開陳しているところでありまして、

 

ほとんど事業計画と呼べるものがない状態で、

 

サービスの質をひたすら向上させることに血道を

 

あげていたということや、世界でもっとも優秀な

 

人材を以下に採用していくのか? 爆発的な

 

スピードで成長していく事業や組織をどのように

 

マネジメントしていけばよいのか? と言うことに

 

対する注意。

 

数々の常識を根底から覆したサービス。Gメール。

 

グーグル・マップ。グーグル・ドキュメント…。

 

それらはいかにして生み出されたのか。

さらに、マイクロソフトなど、既存の強大な競合相手に

 

対し、彼らがとった『戦略』は現在に至る成功と、

 

繁栄でその「正しさ」が証明され、とても斬新な

 

ものばかりでした。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、あだは敵なり」


この言葉を残したのは日本における戦国時代の

 

名将、武田信玄の残した『甲陽軍鑑』の中に

 

あるわけですが、僕は本書を読みながら頭の中に

 

この言葉がよぎり、いくらITが高度に発展したとしても、

 

それを造り、発展させ、維持していくのはやはり

 

『人』であると言うことを再確認し、本書はその

 

『人』についてグーグルがフォーカスした良書で

 

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング←1クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。