誇りを失った豚は、喰われるしかない。

誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀

¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。


ミギワノコトノハ ~Ver.2013~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2013~』


7冊目に上梓した拙著です。


斜めからの視点に立つ: 釧路公立大学下山ゼミ生・学生団体SCANたちと分け合った日々/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp


8冊目の著作です。自身初のノンフィクションです。











よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット


テーマ:

『ザ・ノンフィクション』で放送され、大反響を

 

巻き起こした番組内容を、チーフプロデューサーの

 

著者が完全書籍化した一冊です。

 

「よくこれが昼に放送できたな…。」

 

と思えるほど凄惨な内容で驚きました。

 

 

 

 

 

「よくこれが昼間に放送できたな・・・。」

この本をを読み終えて最後のページを閉じ、

 

ため息とともに出た最初の一声はこれでした。

 

本書は「ザ・ノンフィクション」で放送され、大反響を

 

巻き起こした「北九州連続監禁殺人事件」の

 

加害者の長男を長期にわたって密着取材した

 

ドキュメンタリー番組を、チーフプロデューサー

 

である筆者本人が完全書籍化したものです。

残念ながら僕は番組そのものは見ておりませんが、

 

とある機会があって本書を読み、「殺人犯の息子」

 

という重い十字架を背負って生きることの過酷さを、

 

当人と徐々に信頼関係を築きながら寄り添うように

 

取材していた筆者の努力にはただただ、驚嘆の

 

一語に尽きるのです。

番組そのものは「音声加工なし」で当時の事件の

 

凄惨を極めるありさまや、その後の苦悩の人生を語った

 

長時間インタビューであったのだそうで、自分も活字を

 

追いながらぜひとも、番組を見てみたく思いました。

「もしこれが自分だったら・・・。」

この文章を書いていても重い読後感がよみがえります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング←1クリックお願いします。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス