ありがとうございます | 横浜市の二級建築士 ◆ 河野深雪 まごころブログ

横浜市の二級建築士 ◆ 河野深雪 まごころブログ

そろそろリフォームをお考えの方、いっきにお片づけをしたい方へ。
女性建築士の立場で、現場のこぼれ話やニッチな情報をお伝えしています!
ぜひおつきあいくださいませ。


テーマ:

久しぶりの記事を読んで頂いてありがとうございます。

今日は10月10日。

TOTOの日でございます。

 

TOTOといえば、いまさらなのですが

リモデルクラブに加盟致しました。

「かながわ店会」の会員です。

 

TOTOの浴室・トイレをご希望のお客様、

是非当店にご用命下さい。

 

もう半年ほど前になりますが

我が家で産まれてずっと一緒に暮らしてきたトイプードルの「夢」が

今年の3月21日に亡くなりました。

「乙女」の初めての出産で、忘れもしない12年前の8月25日の午前10時。

25日ということもあって、銀行にいかなければならず、通常であれば

銀行に行った足で会社に向かうのですが

その日は何か虫が知らせたのでしょうね。

9時の開店を待って速攻で用を済ませて自宅に戻ると

乙女の様子がおかしかったのです。

 

悲鳴のようにキャンキャンと鳴いて

出産が始まりました。

最初に出てきた子犬は、レッド(色)の女の子。

次に出てきたのが黒い男の子。

そして「姫」が。

最後に出てきたのが「夢」でした。

乙女は産んだものの、どうしてよいのかわからなかったみたいで

私が羊膜を破り、へその緒の始末をしました。

レッドの女の子は鎖肛といって、生まれつき肛門がなく、

誕生後3日で亡くなりました。

男の子は養子に行きました。

そしてずっと一緒に暮らしてきた姫と夢でした。

 

夢はおとなしいのですが、とても気が強く

5匹のプードルたちの中で唯一「おしゃべり」ができる子でした。

漆黒の毛が密になって、鼻がすっと伸びたとても綺麗な女の子でした。

 

心臓が悪いというのがわかって、

去年、肺水腫を起こしましたが、軽く済んでしまったのが良くなかった…

3月の21日も、症状で「肺水腫」とわかりましたが

真夜中だったこともあり、前回も同じだったので

翌日、祝日ではありましたが、朝一番で病院に行けば治るものだと信じて疑いませんでした。

 

すみません。

この後はもう書けないです。

 

病院に連れて行った時は、もう手遅れだったようで

獣医さんの処置に体が耐えられなかったのでしょう。

診察台の上でひと声泣いて虹の橋を渡りました。

 

その日は雪が降りました。

吹雪の様に降って積もりました。

 

その日のうちに荼毘に付し

小さな箱の中に入ってしまった夢を連れて帰りました。

 

まだお寺に納められないんです。

自宅のすぐ裏に、ペット霊園あるんですけどね。

先日、ペット葬祭センターからご供養の案内がきましたが

まだお寺に納める気分にはなれないです。

 

ずっと一緒に事務所にも出勤していました。

ガラスのドアの前に姫と一緒に座って、

道を歩く女子高生の「かわい~」という歓声を受けていました。

 

11歳と7か月で逝ってしまった夢。

一番若い雫でも今年の2月に10歳になりました。

これからあと4回も同じように見送るのかと思うと

そう考えただけでうるうるしてしまう私なのでした。

 

 

河野深雪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス