なんかアラジンが実写とかそれに伴って金曜ロードショーでアニメ版放映とか。

めちゃくちゃ懐かしいです。アラジン。

幼い頃デトロイトに住んでいた父方いとこ家族が英語版アラジンのビデオを送ってくれたことから始まり、

その後スーファミ版を原町のハローマックで購入し、

幼馴染のけんちゃん(となりのトトロのかん太みたいな性格)が、

なぜか私より先にクリアするという。

けんちゃん、ハマりすぎて私から借りましたからね、アラジン。

夏休みの朝早くけんちゃんから電話着て、

「いいから早く来い」

と言われて行ったら、

なんかジャファーのノーダメ攻略を見出したから見ろ、と。

「これ、私のゲームなんだけどな」

とはその場で言わず、

「わー、けんちゃんすごぉーい」

と言っておきました。

いつも私に偉そうにしてたけんちゃん。

頼りになるけんちゃん。

年の離れたお兄ちゃんが帰ってくると途端におとなしくなるけんちゃん。

元気ですか?

今でもゲーム、やってますか?

私は彼氏とゲームやってます。

 

 

話が脱線しましたが、スーファミ版アラジンは名作ですよ。

途中オリジナルストーリーやステージが入りますが、

それでも「コレジャナイ感」は微塵も感じさせません。

特に好きだったのはジーニーのランプの中の世界。

ファンタジーな世界観でBGMも勿論あのハイテンションなやつ。

 

逆に苦手なのは溶岩が迫りくる強制横スクロールのステージですね。

あれで何度ゲームオーバーになったか。

途中気合を入れなおすために食べたチョコが、

まさかのミントエキス入りで、目から鼻からすーすーして死ぬかと思いました。

 

ボーナスステージはアラジンファン必見。

あのBGMが溜まりません。

 

 

パスワードも各キャラの並び替えなので非常に覚えやすい。

何らかの形で再販してほしいゲームです。

 

 

 

一番くじ、やろうかなあ。

お仕事クビになりまして。

まさかの母親も連れてこいと言われて連れてきて、
母親の前で退職届書かされるっていうね。
しかも1ヶ月前に言うとかじゃなくてその場でクビになったったw


でもって荒れて色々落ち着かなくて、
でも周囲の人の愛でなんとかご飯食べる事は出来るようになったので、
取り敢えず昨日エアコンフィルターそうじして、
只今試運転中です。
個人的に冷房よりも弱冷房と言われる除湿の方がキンキンに底冷えするから好き。


今年の夏はどうなるんでしょうね?
5月に一時的に真夏日入るパターンは一昨年でしたよね。
その時は冷夏で太陽出ない涼しい夏でした。
たまーに酷暑になりましたけど去年ほどでは無く。

30度で猛暑扱いだった80年代や90年代前半の景気や雰囲気に戻ってほしいって思っちゃいますね。


上手くまとまりませんが、まあ、生きてます。



新たに趣味として増えたガチャ台紙です。

令和最初の記事がガチャ台紙。

ものすごく平成を引きずっていますが気にしない。

 

 

今回ご紹介するガチャ台紙は幽遊白書のもの。

 

 

 



 

 

背景が黒いガチャ台紙って結構少ないかも。

霊界コレクションということなので、

浦飯チームの4人をモチーフにしているみたいですね。

ダイレクトに幽助の霊丸=手を持ってくるダイレクトな感じが好きです。

桑原の霊剣はまあなんかアイテム的に男の子が好きそうなので分かるのですが。

飛影は邪眼シールとか、蔵馬はあの頃流行った伸びるスライムとゴムの合いの子みたいな、

ペタペタしたカメレオンやヨッシーの舌みたいなので、

鞭行けると思うですがねえ。

 

フィギュア(無彩色)とか、

そもそも44種類という無謀な商品数がノスタルジック。

恐らくコンプリートという概念がほぼ無かったからできたのでしょうね。

 

個人的に一番欲しいのはミラーキーホルダー。

多分一番個数が少なかったと思います。

 

そして一番気になるのがこれ。

 



 

霊界ビデオ。

コエンマからの指令が入ったビデオをモチーフにした消しゴムっぽいですが、

44種もある膨大な品数ですから、

もしかしたらまかり間違って

黒の章

が混じってるかもしれない。

幽遊白書をご存じない方のために簡単に説明しますと、

人間界の残酷な部分が延々と録画されているビデオ

って感じです。

 

 

 

あれちょっと待てよ。

霊丸の手は幽助の手ですよね?

ってことは・・・・・・。

フフ(*ノωノ)

 

 

ガチャ台紙って店が売り切れになったら即刻処分してたでしょうけど、

当時の子供たちの

「うおー!絶対これ当てるぜ!」

というすごい熱気を受けていた看板みたいなもの。

そんなエネルギーを帯びてるかもしれない、

当時の沢山の子供たちを見守ってきたガチャ台紙を、

好きな作品の物はちまちま集めていけたらなあと思います。

 

そして目下の悩みは、

この台紙をいかに劣化させずに部屋に飾るかであります。

 

二日目は埼玉へ。

が、昨晩からの胃もたれが治らずに四苦八苦とというね。

大宮行く途中キャベジン買いましたからね。

だって食べたいからね!(必死)

 

 

 

鉄道博物館、いやーすごかったです。



行く途中でべるばーどさんが、

キン消し欲しさに何度もガチャを回す少年のように、

鉄道メダルのガチャを回してました。

ふぇるむも鉄道好きなので回しました。

隣のガチャ台には、プラキーホルダーのケースが販売されており、

とてもうまい商売だなと思いました。

メダルをはめて鞄とかにつけられるんですよ。

 

 

 

それにしても鉄道博物館はすごい!!



あますことなく鉄道のすばらしさを体験させてくれます。

途中イベントで機関車の汽笛を鳴らすものがあり、

汽笛のたびに泣いてお父さんに抱き着き八つ当たりにポカポカするぼっちゃまを、

べるばーどさんがすげえ楽しそうな目で見てました。

この人は何を見に来たのだろう・・・・・・。

 

 

お昼はロマンスカーで食べられる駅弁!



年代的におじいちゃんと子供みたいになってますが、

とても楽しいランチタイムでした。

この時も胃痛だったのですが、

キャベジンを追加服用しておいしく全部食べられました。

特にエビフライがおいしかったです。

 

 

鉄道の歴史を見るコーナーも興味深かったです。

戦時中や戦後の混乱期、高度経済成長のラッシュなんかも説明されてました。

1985年12月の国鉄テロを調べたかったのですがここには載ってませんでしたね。

圧力かな✩

 

 

場所を川越に移して今度はレトロ散策へ。

駅から反対方向に行きそうになりつつもなんとか目的地に到着。

まずはレトロなデパートに。



ここはもうすぐ令和になるというのに、

デパート屋上に遊園地やゲームコーナーがあるとのこと。

何気にデパートの屋上遊園地は初体験でございます。

福島のヨーカドーにあった・・・かな?

あったとしても100円で動く乗り物だけでした。

 

タイミング悪く通り雨がぱらついていましたが、

ミニ観覧車はとっても楽しかったです。

ただミニな分、支え?が少なくて、

人の体重で安易にバランスが崩れてそれも楽しかったです。

べるばーどさんが怖がってたおもしろかった。

ほかにもミニ飛行機とかもありましたが、

弱冠一名が怖がったために乗りませんでした。

 

ゲームコーナーではピュレグミをゲット!

お菓子をすくうあの筐体です。

スウィートランドというシリーズで、初代は1986年から。

100円で3回できるという今にしては珍しいサービスっぷりでした。

 

その後まったりお散歩しながら川越お菓子横丁へ。



道中うどん屋さんで小休憩しつつ、まったりと散策でした。

ちょっとわかりにくいところにありましたが、

このアイスキャンデーがかわいくておいしい!



ふぇるむのはミントで、べるばーどさんのはスイカ&メロンでした。

 

 

とってもおいしくて楽しいお菓子横丁なのに、

それでもふぇるむは胃もたれで全力は出せずじまいでした(´・ω・`)

お夕飯も時間も胃のスペースもないから銀だこでした。

いや、銀だこはおいしいのですが。

そしてこれを書いている今も胃もたれ。

早く治して次会った時に食べるうまか亭のお寿司をおなか一杯食べたいです。

前回のブログ記事からご多分に漏れずまたべるばーどさんと会ってきました。

というかちょっとお仕事が大変だった時期とか妹の結婚式とか、

父方祖父の入院とか母方叔父の余命宣告とか重なって、

割とちょっとマジで精神的にしんどかったです(ヽ''ω`)

 

 

 

まあ、だから気晴らしもかねて東京さ行ってきました。

ちょっと諸事情で1週間早めてもらったのですが、

それが結果的に大正解で、桜がめちゃくちゃ綺麗でした。

お花見用の縁日も出てたし。

 

 

 

会って一発目の食事は厚肉蕎麦。

これがんまいのなんの。




お肉が意外と甘めの味付けで飽きが来ません。

このお肉だけ食べていたかったです。

立ち食いなのでちょっと焦っちゃうのはご愛敬ってことで。

 

 

 

その後は中野のまんだらけへ。

ずーっと欲しかったものたちを手に入れることができて余は満足じゃ。

ここは当時の絵本や雑誌を売っているコーナーがあるのですが、

そこでひたすらにホラー漫画を吟味するべるばーどさんが新鮮に思えました。

そういえばこの人ホラーゲーム大好きだったな。

かまいたちとか。

 

 


中野の次は錦糸町へ。

ここは焼鳥と玩具屋がメインだったのですが、

手前のイオンに入ってるサーティーワンに寄り道。

この休日は「平成生まれはアイス一個おまけ」があったのですよ。

平成元年生まれなのでそれ目当てでした。

べるばーどさんは昭和生まれなので2個とも自腹でしたが。

 





この、デートでダブルアイスを食べるというのが、

こう、一種のステータスって感じがするんですよ。

少女漫画の可愛いアイテムじゃないですか。

紙の着せ替えとかでも2段アイスはお約束アイテム。

つまり2段アイス食べてる私かわいい。

 

 

アイスを食べたところで目的の商店街へ・・・・・・。

ってことこでお花見シーズンなので縁日がやっていました。



そこでソースせんべいを初めて食べました。

東北は多分ソースせんべいって文化ないです。

青森は固めのおせんべいに水あめを挟むやつがあったかな、ぐらいで。

薄いぱりぱりおせんべいにいろんなソース挟む文化はないですね。

で、生まれて初めてのソースせんべい、めちゃおいしかったです!!!

でもこれかなりお口の中の水分持っていかれますね(ヽ''ω`)

 

 

 

やっとこ商店街へ。

まずは焼鳥を買って近くの公園へ。





「桜綺麗だね。これ食べたら桜も写真撮ろうね」

と言ってたのですが二人して撮り忘れました。

いつも早くに売り切れるという豚トロが今回は残ってまして、

それがめちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

玩具屋さんではなんと!ミンキーモモのへんしんバッグをゲット。



この玩具屋さんはユーチューバーの方に取材に使われたので、

もうもぬけの殻ではないかという不安がありましたが、杞憂で終わりました。

あと義理の弟用にちょっとしたロボットの玩具も買いましたです。

ここはミンキーモモのアイテムがちょこちょこでてくるので今後も要チェキ(古)です。

本当はミンキーモモドレッサーも欲しい所ですし、売ってるのですけども、

値段もサイズもでかいのでまず持ち帰れないですし、

置く場所も無いかなーというのが悩みです。

実用したいのですが椅子が私が座ったら壊れるかもしれない。

もう大人だからね・・・・・・!

 

 

 

次はヲタの聖地秋葉原へ。

ぷよ勝負したかったのですがまさかのアーケード無!

ぷよぷよはどこでもあると思ったのに( ;∀;)

私の華麗なぷよさばきがご披露できなくて残念でした。

アキバのまんだらけは基本お値段高めなので、

トランペットが欲しい少年のようにショーケースを眺めてましたね。

 

 

アキバの後はスカイツリーの予定でしたが、

二人して疲れて予定キャンセルw

青砥のサイゼリアでお夕飯食べてこの日はまた明日しました。

 

 

 

 

が、私の胃がまさかの胃痛。

胃痛は中学からの付き合いですが、

まさか楽しい時も胃痛が出るほど弱っていたとは知らなんだ。

胃痛と胃もたれのあまり日付変わるまでシャワーも浴びれないというシックハックでした。

苦し紛れに流していたテレビで電脳少女シロちゃんが出てきて少し癒されました。