昨日、国税庁から平成30年分の路線価が発表されました。

 

路線価とは相続税や贈与税の計算をする基準となるもので

 

毎年国税庁が道路ごとに1㎡あたりの価格を決めています。

 

路線価が上昇すると相続税や贈与税もアップするため

 

路線価の動きは毎年気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

今年の路線価は全国平均で前年比0.7%の上昇となり3年連続で上がり続けています。

 

特に三大都市圏で高い上昇率となっていて、33年連続日本一の東京銀座では

 

1㎡あたりが何と4,432万円!びっくり

 

たった1㎡の土地で家が1件買えちゃいますね、、、

 

 

 

ちなみに岡山県内の路線価も前年比0.1%の上昇となり

 

これはバブル崩壊後初めてで26年ぶりとなるようです。

 

倉敷市でも中心部の路線価は軒並み上昇していますが

 

一方で高齢化や人口が減少している地域においては下落傾向となっており

 

今後も地価の二極化は続くとみられています。

 

 

 

何はともあれ路線価は相続税や贈与税の計算に大きな影響を及ぼします。

 

改めてしっかりとした対策を行っていく必要がありますね。

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ブログランキングに参加しています。

1クリックお願いしますビックリマーク

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

 

岡山県倉敷市の女性税理士 真方会計では

経営者の信頼できるパートナーとして

親身にご相談に応じ有益なアドバイスをいたします。

事務所HPはこちら ⇒ http://magata.tkcnf.com

 

 

何はともあれ路線価は相続税や贈与税の計算に大きな影響を及ぼします。

 

改めてしっかりとした対策を行っていく必要がありますね。