2006年01月31日

チーズはここにあった!―アリとキリギリスの知恵物語

テーマ:

チーズはここにあった!―アリとキリギリスの知恵物語

http://tinyurl.com/am8nm


「チーズ」シリーズ(と勝手に呼んでます)の2冊目。これもある種の哲学を分かりやすく物語で表現しています。
アリとキリギリスのお話ですが、ちょっと現実的な内容にアレンジされており、大人も楽しめる内容となっています。


目次

第1章 アリーとキリー
第2章 転機
第3章 冬がやってきた
第4章 暗雲
第5章 春の訪れ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月29日

チーズはどこへ消えた?

テーマ:

チーズはどこへ消えた?

http://tinyurl.com/99m76


おそらくどこのブックオフにも置いている本でしょう。
安いし、ちょっとしたプレゼントに良いかもしれません。


短い物語の中に「周りの変化に対応するのがいかに大事であるか」ということが簡潔に書かれています。

子供用の読み物にも良いかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月28日

金持ち父さん貧乏父さん

テーマ:

金持ち父さん貧乏父さん

http://tinyurl.com/85hym


お金の価値観をガラッと変えた、目からウロコの本です。
インパクトの強さでは今まで読んだ本の中でベスト3に入るでしょう。

ネットで出回っている情報商材の値段を考えると10万円ぐらいの価値はあるでしょう。


目次

教えの書(金持ち父さん、貧乏父さん―ロバート・キヨサキが語ったこと
金持ち父さんの六つの教え
金持ちはお金のためには働かない
お金の流れの読み方を学ぶ ほか)
実践の書(まず五つの障害を乗り越えよう
スタートを切るための十のステップ
具体的な行動を始めるためのヒント)
エピローグ たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月26日

創世の守護神(上)(下)

テーマ:

創世の守護神(上)(下)


前作「神々の指紋」に続く第二弾。
今回も知的好奇心をそそる面白い話が満載です。


それにしてもピラミッドは誰が何のために作ったのか?
超古代文明が残したメッセージが徐々に明らかにされています。
第三弾に期待したいですね。


(上)
目次
第1部 謎(地平線の住人
スフィンクスの謎
深まるミステリー
星と時間)
第2部 探求者たち(霊能者、学者、スフィンクス
鉄板、フリーメーソン、遺品、シャフト
ロボット、ドイツ人、扉)
第3部 二重性(二重性の手掛かり
スフィンクスとその地平線)
http://tinyurl.com/ddp4u


(下)
目次
第3部 二重性・続(ホルス=王の探求)
第4部 地図(見えない教団
賢者たちと「従う者たち」
星を追って
空間と時間の座標
空と地上が一つになるとき
瓶の中のメッセージ?
「最初の時」の場所
始まりへの回帰)
http://tinyurl.com/dlysm

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月25日

「超」勉強法「超」批判

テーマ:

「超」勉強法「超」批判

http://tinyurl.com/af6h5


野口氏の「超勉強法」を批判したものであるが、重箱の隅をつついているような感じがしないでもない。

「超勉強法」で成績が上がらなかったら読んでみてはいかがでしょう(笑)


目次

第1章 野口氏の「超勉強法」に対する本質的批判
第2章 確率統計学に基づくダーウィン進化論、情報理論、経済理論に疑義有り
第3章 野口悠紀雄氏「パソコン」の章と氏の別著作『パソコン「超」仕事法』批判
第4章 「英語(およびその他外国語)超勉強法」超批判
第5章 言語能力についての雑談
第6章 第二外国語の習得について
第7章 国語の「超勉強法」について
第8章 筆者の提起する物理学の超勉強法
第9章 日本史、世界史の超勉強法補充
第10章 学習を阻む障害物
第11章 有用な雑談
第12章 野口氏の終章「未来への教育」に対置して
終章 野口氏の「超勉強法」の「あとがき」について

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月18日

成功の掟―若きミリオネア物語

テーマ:

成功の掟―若きミリオネア物語

http://tinyurl.com/9dz3a


普通の物語として読んでも十分楽しめる内容です。
さらにお金持ちになる哲学まで学べるので2倍お得です。


目次


金持ちの叔父
年老いた庭師
チャンス
囚われの身
信念
ゴール
セルフ・イメージ
ことば

潜在意識
計画
幸福
夢の形
バラの園
旅立ち

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月12日

「一人勝ち」の経済学―選択をやめた日本人

テーマ:

「一人勝ち」の経済学―選択をやめた日本人


なぜ一人勝ちするのか?その仕組みを分析することで成功の法則が明らかになります。


車の世界だとレクサスが「一人勝ち」とは言わないまでも、予想を大きく上回るほどの人気を集めていますね。
これから「一人勝ち」を目指す企業が増えてくるでしょう。


目次

第1章 90年代は「一人勝ち」の時代
第2章 歪んだマスメディア社会が「一人勝ち」を生み出す
第3章 東京三菱銀行「一人勝ち」幻想に見る日本人の弱点
第4章 隠れた「一人勝ち」郵貯と外資の実力検証
第5章 世界経済の「一人勝ち」アメリカに死角はないか
第6章 「一人勝ち」NY株を暴落させうる三つの雷管
第7章 ゲイツとソロスに学ぶ「一人勝ち」の光と影
第8章 「一人勝ち」新時代の勝者となるために

http://tinyurl.com/8n9qj

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月11日

あなたはあなたのCEO

テーマ:

あなたはあなたのCEO

著者のゲイリー・ライアン・ブレア氏は世界中でセミナーやカウンセリングを行っており、顧客リストにはIBMやコカコーラ、GM、AT&Tなどの大企業があるそうです。


「21世紀を生き抜く哲学」を簡潔にまとめた画期的な啓蒙書。
ページ数が多くないので時間が無い人にオススメです。


目次

激動に備えよ!
新しいルールを創れ!
革新を行え!さもなければ死ぬしかない!
壁を突き破れ!
スピードを大切にしろ!
起業家のように考えろ!
グローバルに考えろ!
学び続けろ!
成果の評価方法を改めろ!
思いやりを持て!
あなたがあなたのCEOになるための道―再確認
http://tinyurl.com/a2ta2

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年01月01日

他人をほめる人、けなす人

テーマ:

他人をほめる人、けなす人

会社で、家庭で、身近にいる不可解な人々の深層を探る。陰口をたたく人、おべっかを使う人、他人を認めない人、困惑させる人…。人間理解を深め、生きる指針を与えてくれるエッセイ。


人とうまくつきあう方法が分かります。

アマゾンのレビューも良いですね。納得です。


目次

日常的に出会う人
人の上に立とうとする人
社会を支える人
よりよく生きる人
自分らしく生きる人

http://tinyurl.com/al43f

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。