2005年12月30日

この実績が証明するスーパー10倍速学術―これで努力のムダ・時間のムダが一切なくなる!

テーマ:注目の記事

この実績が証明するスーパー10倍速学術―これで努力のムダ・時間のムダが一切なくなる!


著者は弁護士、公認会計士、通訳の三資格を持つ「資格三冠王」の黒川 康正氏。

内容には説得力があり、いろいろ参考になります。

アマゾンのレビューを見ると分かりますが、人により適した学習方法は異なっているために、この本の内容が万人に受け入れられるわけではないですが、中にはマッチする人もいるはずです。一度は読んでみると良いでしょう。
http://tinyurl.com/czyac

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月29日

他人に聞けない文書の書き方―始末書から退職願まで

テーマ:

他人に聞けない文書の書き方―始末書から退職願まで

http://tinyurl.com/clhy2


さまざまなシーンにおいて、いざというときに役に立ちます。
一家に一冊は持っておいたほうがよいでしょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月29日

脳を鍛える 東大講義 人間の現在

テーマ:

脳を鍛える 東大講義 人間の現在

http://tinyurl.com/8y8x4


ほんと立花隆さんはいろんなことを知っていますね。
「生き字引」というより「生き図書館」のほうがピッタリかもしれません。(笑)


本書は東大で行った講義をまとめたものですが、こんなすばらしい講義をしていたなんて、全然知りませんでした。


文系、理系を問わず、基本的な知識というのは必要だと実感しました。


目次

環境、私、宇宙
「はじめて体験」を前にしたきみたちに
三つのフェーズで考える
日本の理科教育の水準は19世紀以前だ
知の構造変化がすべてを動かす
大学は知の拡大再生産過程の最前線
きみたちはまだ何者でもない
自分の脳は自分で作れ
アインシュタインの脳を分析したら
前頭葉にこそ人間は宿る
脳にとっての「いい」環境〔ほか〕

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月27日

「考える力」をつける本〈2〉―「自分の考え」をどう深め、どう実践するか

テーマ:

「考える力」をつける本〈2〉―「自分の考え」をどう深め、どう実践するか

http://tinyurl.com/a6r28


単なる勉強では得られない「考える力」。どのようにその「力」をつければ良いかということが分かりやすく書かれています。


大学生や社会人にオススメです。


目次

1章 「考えるプロセス」―思考の過程で、何を重視するか
2章 「引用の技術」―発想のヒントを、どこに求めるか
3章 「自分の考え」をどう深め、どう表現するか
4章 批判する力、批判に負けない力
5章 「ものを見る確かな力」をつくる

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月25日

最後の手紙

テーマ:

最後の手紙


全米600万部を超えた大ベストセラー「クリスマス・ボックス」ついに完結!!


本当の愛に気づかずに、なぜ人は傷つけ合うのだろう?想いを口にできぬまま、人はなぜ別れてしまうのだろう?あのとき言えなかった言葉を綴っていちばん大切な人に届けたい、「最後の手紙」。
http://tinyurl.com/c5gft


ベストセラーの実力が分かります。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月08日

今、ブッダならどうする―21世紀を生きる仏教の知慧100

テーマ:

今、ブッダならどうする―21世紀を生きる仏教の知慧100

http://tinyurl.com/axeef


人生に行き詰まったとき、ブッダならどうする?友達を選ぶとき、ブッダならどうする? 仕事がつまらないとき、ブッダならどうする?など、日ごろの悩みや苦しむ問題をQ&A方式でとり上げ、その問いの一つ一つについて、仏陀の考えを仏教の経典の中の言葉で示し、経典の教えを現代の生活にどう生かせばよいかをわかりやすく説明しています。


仏陀とは遠い存在のような気がしますが、意外とその「考え」というのは簡単なものだというのが分かり、親近感を覚えました。


悩みがない方でも楽しく読める本です。


目次

第1章 欠点に目を向ける
第2章 自分を変える
第3章 愛について
第4章 欲望について
第5章 正義について
第6章 八正道を歩む
第7章 機械の中のブッダ
第8章 哲学的な問題


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年12月06日

極上のサービス―これが人を惹きつける心理学だ!プロは迷わずこう動く!

テーマ:

極上のサービス―これが人を惹きつける心理学だ!プロは迷わずこう動く!

http://tinyurl.com/c7kr7


タイトルのとおり、まさしく「極上のサービス」です。


接客業の方や経営者にも是非読んでもらいたいですね。特にリピーターを増やしたい人は必読です。 

「お客様は神様です」という言葉があるけど、お客さんの立場にたって考えることが出来るかどうか、それが決めてです。


こんな場合どうする?という質問に対して、我々が行動するであろう4つの選択肢があるのですが、正解(極上のサービス)はさらにレベルの高い解答となっています。「なるほど!」がたくさん出ました。


目次

どんなお客さまにも愛される「極上のサービス」とは?
商品のとり扱い方ひとつで、真心を伝える
ミスのフォロー―お客さまを激怒させるか、感激させるか
売上を大きく伸ばせる人の“ちょっとした”工夫
忙しくても慌てた様子を見せないための「仕事の優先順位」
クレーム・不満…“超一流のサービス”はこのツボをおさえている!
新規客をリピーターに―一瞬で心をつかむ接客態度とは?
「困った!」―プロなら迷わずこう動きなさい
お客さまが必ず見ている、好かれるマナー・嫌われるマナー
電話で相手に好印象を与える「もののいい方」
お年寄りや体の不自由なお客さまに、自然で感じのいい心づかい
親も他のお客さまも納得!子供への上手な対応

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。